スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

6回目の父の日

11月最初の日曜日が、フィンランドでは父の日。

isapa201502.jpg
今年は冬馬がプリスクールと日本語補習校で、父の日のカードを作って来た。どちらもなかなか素敵で、これは成長の箱に保存しておくつもり。その箱の中には、まだ人の絵も字も書けなかった頃からの工作やお絵描きの紙を入れているのだけど、もうかなり満杯で新しい箱が必要なくらい溜まっている。

isapa201501.jpg
今年の父の日のケーキも、チョコ好きな夫にはまたガトーショコラを焼いたけれど、いつも同じでもつまらないなぁと思い、コアントローを入れたオレンジのコンポートをのせて焼いてみた。
チョコのほろ苦さとオレンジの酸味が合っている大人むけのケーキなので、案の定ひと口食べて、冬馬にはもういらない…と言われた。まぁ今日はお父さんの日なので、お父さんむけのケーキということで、実は生地にもコアントローを入れていたのだった。でも焼いたら全然わからない感じだったけど。ガトーショコラは濃厚で苦みもあるので、中にオレンジマーマレードのジャムなどを入れてもよかったかも。

isapa201503.jpg
3、4日前からまた冬馬の歯がぐらぐらして抜けそうで抜けない感じだったのだけど、それと同時に徐々に熱が出て、歯を抜かないせいだと夫が言って、バカ力で冬馬の歯を引き抜いた。それでも熱はまだ下がってないけれど…。抜けた歯を封筒に入れてお願いごとを書いたので、寝ている時にこっそりコインを枕の下に入れておいた。
フィンランドではお祝いの日は、当人のベッドに朝食を運んだりする習慣があるのだけれど、朝早く起きれない私は、今朝もそろそろケーキを食べたいんだけど、と夫に起こされて起きる始末…。冬馬だけでなく、私にとってもお父さんのようになってしまった夫なのだった。寝坊することを見越して、前の日にケーキを作っておいたので、朝からケーキを食べることが出来た(笑)。

2015.11.09 | 暮らし

かぼちゃを堪能

かぼちゃを食べる習慣がほとんどないフィンランドでも最近は、ドイツ経由で日本の品種やバターナッツカボチャなども出回るようになって、今年の秋は、珍しく何度もかぼちゃを買って来て、かぼちゃの煮付けやあんかけ、ポタージュなど様々な料理や、お菓子にして我が家に並んだ。

kabo01.jpg
中でも冬馬は、かぼちゃプリンが大好きで、何度も作った。今年はデパートでブルックリンフェアが催されて、アメリカ産のパンプキンパイ用ピューレの缶詰も売られていて、フィンランドで一般的に売られている水っぽいかぼちゃに比べて、ぺちゃっとしてなくて、プリンやお菓子用にとても重宝した。在庫がなくなればそれで終わりになる可能性が大なので、思わず買いだめしてしまった。たぶんフィンランド人にはさして人気もなかっただろう…。

kabo02.jpg
フィンランドではハロウィンを祝う習慣もないのだけど、これも最近はランタン用にかぼちゃを売り出したり、子ども達へは、ディスコパーティーを催す小学校があったり、冬馬のプリスクールでも仮装をして過ごす日だった。それも学校や幼稚園によっては、とくに何もしない所もあり、ハロウィンに関してはまちまちなのだった。
我が家では、冬馬がやりたいというので、はじめてジャック・オー・ランタンをくり抜いた。蝋燭を灯すとなかなかいい雰囲気で、来年もまた作ってみようと思った。

kabo03.jpg


2015.11.07 | 暮らし

イースター週間

昨日からフィンランドはイースター休暇が始まった。しかし毎年何をするわけでもない我が家。
フィンランドでは、イースターの前の週の日曜日に、猫柳に羽根飾りをつけ、魔女に扮した子供達がお菓子をもらいに来るVirpominen / Virpontaというハロウィンのような習慣があるけれど、我が家周辺のアパートメントはどこもドアの暗証番号を押さないと中へアクセス出来ない作りのため、毎年誰も来ないのでまったくお菓子の用意はしておらず、案の定今年もドアベルを鳴らす子供たちはおらず、とっても静かな週末だった。
ちょっと淋しい気もするけど、休日は家族全員いつもよりさらに寝坊な我が家、ふいに訪ねて来られても寝間着姿でアタフタするので、まぁいいんですが。

paasiais01.jpg
今年はイースターが始まる前日の夕方あたりから頭痛と全身の痛みに突然襲われ、悪寒もしだして、夜になったら39度まで熱が上がり寝込んだ。私は冬馬と違ってあまり熱が出ない方だけど、年に1、2回くらいこういう事がある。
決まって、思わず獣のように唸り声が出てしまう程全身がギシギシミシミシと骨の髄から痛んで熱が出る。ちょっと動いただけでも頭の神経のようなところにピシッと鋭い痛みが走り、寝返りも打てない程…。しかし一晩苦しむと、次の日はすっかり熱も下がり何故かすっきり。いつもこのパターン。

スウェーデンSyco Keramik社の小鳥のカバー付きエッグスタンド。まん丸のフォルムとキョトンとした小鳥の表情が素朴で可愛いお気に入り。
paasiais02.jpg
そんなわけでイースターが始まったらもう普通に起きてご飯を食べられるようになったけれど、私が病にふせっている時でも、日頃から他の家事はしてくれても、料理だけはほとんどしない夫は何を作っていいかわからず、下手すると40度近い熱があるのに冷凍ピザなんて出て来るので、痛みと熱を堪えながら自分でお粥を作った(涙)こういう時、外国人の夫との間に溝を感じる(夫から見えれば私が外国人だけど)。
ちなみに吐き気がして気持ちが悪い時には、何故かコーラを飲めと言われ1000mlのペットボトルがドーンと出て来る。気持ち悪い時に炭酸飲料を飲むというのは、なにも夫だけではなく、他の国際結婚組の方々(おもにヨーロッパ方面に多かった)のブログなどでも度々読んでいるので、そんなに突飛なことでもないようだけど、まず日本人では思いつかない。炭酸水は消化を助けるようなので、その流れなのだろうか…?

そして私がこんな状態なのに、在住日本人には概ね評判が芳しくない、イースターの真っ黒いお菓子Mämmi(マンミ)を朝から美味しそうに食べ続ける夫と冬馬…。私はドロドロした黒い見た目も、甘いんだか塩っぱいんだか酸っぱいんだかよくわからない味も好きになれない。もう好きになる気もないな…。今年はたぶん一口も食べずにイースターを終えるでしょう。
と、なぜか夫婦間の文化の違いについて、つらつらと考えているイースター週間。



2015.04.05 | 暮らし

誕生日

今日また一つ年を重ねた。
昨夜は、ヘルンシンキ上空にもオーロラが出て、我が家の窓からも淡いグリーンの帯がたなびく様を眺めることができ、とてもめずらしい事なのでなんだか嬉しかった。

synkakku01.jpg
今日は冬馬が保育園へ行っている間に、夫が3種類のチョコレートが重ねられたケーキを買って来た。冬馬はチョコレートもクリーム系も好きじゃないので、私達の好みで買ったケーキは食べられない。居ぬ間に二人でこっそり食べた(笑)。人に作ってもらったケーキを食べるのは久しぶりだった。
フィンランドでは、特別な日以外ほとんどケーキは食べない。ケーキ屋さんというのがあまりないし、気軽に買うような値段でもない。普段コーヒーと一緒に食べるお菓子は、シナモンロールなどペストリー系の甘いパンなのだ。

synkakku02.jpg
あっと言う間に40代も半ばを過ぎたけれど、自分の年齢のことは健康面意外あまり考えなくなり、人の年齢もほとんど気にしなくなった。
フィンランドでは年齢を聞かれるということがまずない。何歳だからこうあるべきというような事もなく、50代になっても学校へ行く人もいるという国なので、人それぞれという感じで、何歳になっても何をするか決めるのは自分の自由だ。年齢の縛りのようなものからずいぶん開放された気がする。

haruyoi.jpg
結婚も出産もかなり遅い方だったので、今が子育て真っ盛りの私。年を重ねることを噛み締める余裕もなく、毎日があっという間に過ぎてゆく。
長い間、自分のためだけに時間を使って来たので、騒々しく混沌とした毎日にときどき呆然としたりもするし、家族がいるということに未だに慣れていない自分がいたりもするけれど、今は3人乗りの船も、いつかはそれぞれの船に乗り換える時が来るのかもしれない。
だからこそ、今この時を生きてゆく、なんだなぁと思ったりもした誕生日。


2015.03.18 | 暮らし

アドベント、12月のはじまり

12月に入りアドベントが始まって、昨日フィンランドは97回目の独立記念日を迎えた。
独立記念日の夜は、フィンランド国旗と同じ青と白のキャンドルを窓辺に灯す。街中に青と白のスカンジナヴィアン・クロスのフィンランド国旗がはためいていた。

itsenais_20141207192304ad5.jpg
クリスマスは夫の実家があるラップランドで過ごすので、クリスマスツリーを飾る予定もなく、アドベントのキャンドルにいたっては、今まで一度も灯したことがない我が家。11月はいつも忙しなく、気がつくといつもアドベントの火を灯すことを忘れてしまうのだ。
今年は仕事の忙しさと、毎冬恒例になってしまっている冬馬の発熱といろいろな事が重なって、私も何年かぶりで咳喘息の症状が出てしまい、吸入薬の世話になることに…。とにかく咳が止まらないので夜もよく眠れない日が続いていた。そんなわけで、12月に入ったら、なんだかエネルギー切れという感じで、すでに心はクリスマス休暇へと飛んでいる。

adventti.jpg
大人になってからクリスマスが待ち遠しいなんて思ったことはなかった。むしろ苦手なくらいだった。
そんな私でも子供の頃は、サンタクロースを信じていたし、クリスマスの夜は子供心にご馳走と思っていた骨付きの鶏もも肉を食べたり、翌朝起きた時、枕元に置かれているだろうプレゼントを心待ちにしていた。
結婚する直前に、夫の実家で迎えたクリスマスを今でも思い出す。
イブの前の晩にお墓参りをして、クリスマスイブは夫の両親、祖父母や妹や甥っ子家族全員揃ってのディナー。
はじめて食べるフィンランドのクリスマス料理の数々、クリスマスプレゼントの中身は、靴下やチョコレートなどちょっとしたものだったけど小分けにして沢山包んでくれた、そして義母がクリスマスらしく飾り付けた部屋に泊まらせてもらった。家族の一員と認めてもらえた気がしてとても嬉しかった。
そこで過ごしたクリスマスは、キラキラ華やかに飾られた明るすぎるイルミネーションや、賑やかな人々の喧噪や溢れかえるほどのクリスマスソングもなく、ちょっと暗めの落ち着いたキャンドルの明かりと、窓の外には音もなく真っ白な粉雪が舞い降りていて、じんわりと心にしみた。
フィンランドで暮らすようになって、派手さはないけれど、暗い冬の日々にぽっちりと明かりを灯すような、ささやかに祝うクリスマスが好きになった。

冬馬にせがまれてアドベントカレンダーを買った。クリスマスイブまで毎日扉を開けてゆくと、いろいろなチョコレートが出て来るカレンダーだ。冬馬はチョコレートが苦手で食べられないのに、これがいいという。アドベント1日目は雪だるまの形をしたチョコレートが出て来た。出て来たチョコレートは全部チョコ好きのお父さんにあげてしまう。
毎日、お父さん!クリスマスのプレゼントにロボットがほしいからサンタクロースに頼んでよ!明日はクリスマス?明日の明日の明日はクリスマス?と聞いてくる。
そんな姿を見ていると、自分の子供の頃のクリスマスを思い出し、冬馬にも安らかで幸せなクリスマスの思い出を作ってあげたいと思うのだった。

kirigami.jpg
夜に冬馬と二人で折り紙を使って簡単な切り紙を作った。思いつくままハサミで切って、広げるとどんな形が表れるか楽しかったようで、たくさん作った。子供部屋の窓やドアに張って雪の結晶みたいだね、と言いあった。


最近なかなかこちらのブログを書く時間がないのですが、お店の方でInstagramをはじめました。
フィンランドの風景やヴィンテージや手仕事のものたちの写真をのせています。
興味のある方は、ちょこっと覗いてみてください。
kaspaikka_from_finland

2014.12.07 | 暮らし

夏の思い出

kesaloppu01.jpg
もうすっかり季節は秋になり、あの夏休みの喧噪も嘘のように、普段の生活が戻って来た。
秋の風が吹き、すでにかなり涼しいので、革のジャケットをひっぱり出して羽織ったりしている。

kesaloppu02.jpg

kesaloppu04.jpg

kesaloppu03.jpg

fune.jpg
今年はよく海へ行ったり、近所で釣りをしたりと、外で過ごすことが多い夏だったな。
夏よ、さようなら。また来年。

kesakukka01.jpg


2014.09.03 | 暮らし

海のゆりかご

なかなか気温が上がらず肌寒い日が続いていた最近、もうこのまま夏はフェードアウトしていくのか…と、ガックリしていたものの、今週に入りまた夏日が戻って来て一安心。

kjmeri.jpg

フィンランドでも気温25度を超えるとHelle(夏日)と呼ばれ、猛暑という感覚。新聞でもいちいち記事になる程盛り上がり、その嬉しがり様は熱烈だ。日本に住んでいた頃は夏が大の苦手だったのが、フィンランドで暮らす今では、毎日天気予報を見て空模様に一喜一憂し、夏にたいする情熱のようなものが天と地ほども違う自分に驚く。

mtlaituri01.jpg

mtlaituri02.jpg

以前の記事にも書いた、家の近所のMattolaituri(マットライトゥリ)では、老いも若きも海へ飛び込み、マット洗いに精を出していた。
周辺の水深はけっこう深くてビーチもないので、大人や大きい子が海に入るのを横目に、冬馬も泳ぎたそうにしていたけれど、まだちょっと難しい感じ。救助用のボートも設置されているけれど、とっさにはとても無理そうだ。
こんなローラーにマットを挟んで絞って乾かす台も置かれていて、物干し台には色とりどりのマットが並んでいた。

mtlaituri03.jpg

ちょっと頼りなげに海に浮かんだ古びたマットライトゥリに座り、気持ちのよい風に吹かれて海を眺めていると、近くをモーターボートや観光船が通るたびに、ゆーらゆーらと大きく揺れ、ザブンザブンと大波が押し寄せて来るので、大きな筏にでも乗っているような気持ちになる。
冬馬も怖さと面白さが入り交じってか、思わずキャーキャーと叫んでいた。

mtlaituri04.jpg

このマットライトゥリで、朝な夕なにおしゃべりしたり、泳いだり釣りをしたり、台に寝転び波に揺られながら微睡んだりと、夏の長閑な光景は地元の憩いの場になっていて、息子のお気に入りの場所でもある。

2014.07.22 | 暮らし

夏休み

只今フィンランドは長い夏休み。6月から始まったり、もうすでに終わっている人もいますが、大人も最低1か月くらいは夏休みをとるのが一般的。

kajino.jpg

息子の保育園もJuhannus前に夏休みに入り、その後我が家は引越もあって、てんやわんやでした。
引越といっても、すぐ目の前のアパートメントに移っただけなのですが、逆に近すぎてほとんどの荷物を自分達で運ぶことになり、かなり体力を消耗…。なんと引越で2kg痩せました(笑)。ようやく最近なんとか部屋も落ち着いてきて、体重も暮らしぶりも戻りつつあるという感じ。
5年ぶりの引越で、不要なのに溜め込んで来た物もかなり整理できて、少しだけさっぱりして新鮮な気分。細かいところに不満がないわけではないけれど、二面の窓やバルコニーから港や海が眺められるのは気に入っています。
以前の中庭に面したバルコニーの方が、通りから部屋の中が見えずプライバシーを保てるという点では一番理想的ではあるけれど。

引越の片付けの合間をぬって、アンティーク市などにも行って来ました。

fiska02.jpg

fiska01.jpg

mokko01.jpg

夏は大きなアンティーク市やフリーマーケットも沢山開かれるので、お店を始めてからは出かけないわけには行かない。夏にいろいろ仕入れて秋冬を乗り切るという感じ。なんだかアリとキリギリスが頭に浮かびます。

お店の方は休み明けになったものの、冬馬の夏休みはまだあと2週間程はあるので、ほぼ毎日、天気が良ければ日に何度も外に出て遊ぶという日々。夏は夜も遅くまで明るいので、夕食後にも一遊び。
親の方はヘトヘトな日々(苦笑)。

2014.07.15 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。