お引越し

今まで住んでいたアパートの狭さに耐えかね先日やっと引越ました。
どのくらい狭かったかというと、あまりの狭さにほとんど誰も家へ呼ぶことができず、義父母義妹など家族が来た際も脚立やベッドに座るか、または立ったままコーヒーを飲んでいた程…。よくもまぁこんな狭苦しい空間に大人2、小人1、猫1がギュウ詰めで暮らしていたものだと我ながら思います。
こちらのアパートは何棟かで共有の中庭がよくあるのですが、写真は最後の記念に撮った前アパート中庭のクリスマスツリー。アンティーク街にあり立地的にはとても便利な住居だったけど、取り柄はそれだけって感じだったなぁ…。

xtree.jpg

次のアパートが見つかるまで約1年も探し続けた私達。
ヘルシンキの住宅事情はハッキリ言ってよくない。
日本に比べて人口も少ないし人口密度も低いフィンランド。移住する前は、東京に比べたらヘルシンキではもうちょっと広い部屋に住めるのではと思っていたけど、見事にその期待は裏切られた。家賃と比べてみても部屋はそう広くないし、古い住居が多く新築物件などほとんどなし。ヘルシンキ市内で家を買うなんて多分一生無理だし…。
もう15年位この街に住んでいる旦那さんは、今までなんと15回も引越している。まぁ彼の場合、部屋中にカビが生えて2週間で引越とか、壁に大きな亀裂が入り住み続けると危険とか、人があまり遭遇しない目に度々あっているせいもあるのだが…。
お互い一人暮らし歴も長く何度も引越している私達には、住居に対してそれぞれ譲れない条件があり、絶対条件にあう部屋がどこかにあるはず!と思い続けていたのだった。

そしてやっと希望に近いアパートが近所に見つかったわけですが、実は引越前そしても今も大変な事になっている我が家…。
仕事と育児で疲れがたまっていた旦那さん、持病の腰痛が悪化して座骨神経痛になってしまいました。これってすっごく痛いらしく毎朝ウウォーーッとあまりの痛さに雄叫びをあげベッドからなかなか起き上がれず、歩行も困難な状態…。安静が必要な中なんとか引越はしたものの、まったく動かないわけにもいかず、所々の手続きのため痛さを堪えてまさに這って行ってた…。あまりの激痛に苦悶する姿を目にし救急車を呼ぼうとした事も…。


今回はじめてフィンランドの引越業者を体験したのですが、これがまたとんでもなかったんです…。
日本のように事前に荷物の見積もりに来ることもなく、当日来たトラックは案の定小さすぎて荷物が全部積めないということで、代替えのトラック待ちで2時間位積み込みができず、やっと来たと思ったらしっかり1時間昼休みを取り、その後ものんびりチンタラ喋りながらやっている。日本の引越屋なんてほとんど走りながらあっと言う間に荷物の上げ下ろしを済ませてしまうのを見ているで、これにはイライラ。
結局歩いても15分位の所に運搬するのに、なんと7時間もかかった。ありえない…。
しかも日本のようにパック料金なんてのはなく、時間160ユーロと加算され、ダンボールじゃなく頑丈なラックを貸し出してくれるのですが、これも1日1箱いくらと加算されていくのです…。

ともあれ次のアパートの嬉しかった所は、バスタブ付きのバスルームがあること。フィンランドでは一般的にシャワーのみでバスタブ付はとても珍しいのです。それでも日本人の私はやっぱり湯船に浸かりたい!疲れもとれるし体の芯から温まるし。シャワーのみって冬場はとくに辛い。サウナでもあればまだマシなんでしょうけど、ヘルシンキのアパートだとサウナさえない所も多い。
しかし喜んだのもつかの間、事前に見学はしたのですが、まだ前住人が住んでいる中で細かい所までよく見られなかったのもあり、肝心のバスタブの栓が排水パイプから壊れてなくなっていることに契約してから気づいた…。
他にも洗面台に凄いヒビが入ってたり、トイレの給水タンクの角がバキっと欠けていたり、蹴りを入れたようにボコッと壁が凹んでたりと、次々不具合が見つかり、前住人は何か派手な夫婦喧嘩でもしたんでは…というような部屋の状態。それをまったく修理せず次へ貸し出す大家…。今までの家賃と同額で20平米も広く立地的にも相場より安いのにはこういう理由があったわけです…。できる所は自力で直すしかない…。

思えば一年前の今頃も移住のため連日荷造りに追われていた。一年後も引越に追われることになろうとは…。
今回の引越、大変になる事は予想してたけど、本当にこんなに大変とは…トホホです。
旦那さんは今はもうほとんど寝たきり状態になってしまい、私一人ではなかなか片付かず、引越荷物が積まれたままの部屋で暮らす日々…。もう無理はできないので、このままではクリスマスもまともに迎えられないかも…(泣)移住一年が経った感慨に浸る間もない毎日です。

関連記事

2009.12.03 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ