FC2ブログ

10歳の誕生日

息子、ついに10歳になりました。
誕生日ケーキは、すっかり定番になった小豆クリーム入り抹茶ロールケーキ。なんだか年々渋くなってゆくような…。今年はフランス産栗のピューレ缶があったので、それをモンブラン風に絞ってみた。しかし、なぜいつも私が絞るとラーメンのようにぐちゃぐちゃになってしまうのか…。どうしても真っ直ぐきれいに絞れない。
小豆のストックが沢山あるので、餡子も自分で作った。横着して炊飯器で作るレシピを使うも、なかなか小豆が柔らかくならなくて何度も炊飯スイッチを押したので、鍋で作っても同じくらいの所用時間だったかも…。

20190911.jpg

今年の誕生日プレゼントは、少し前にそれまで使っていたスマホが壊れたので、同じアンドロイドのものをプレゼントする予定だったのに、突然iPhoneが欲しいと言い出した息子。こちらではiPhoneユーザーは少数派で、子供なのに新品を与えてもらうなんてかなり贅沢なこと。息子の友達で持っている子も親のお下がりがほとんど。
とうぜん私は反対したが、息子に甘い夫と祖父母、ひいおばあちゃんに義妹までもが皆で一緒に買ってあげるということになり、結局プレゼントされた。ほんと皆甘い!夫側の親族で子供なのは息子一人だけ(唯一の従兄弟はすでに20代で独立している)ということもあり、何かと甘やかされていて、これはよくないなぁと常々思っている。


そして貰ったはいいけれど、今までアップルの製品なんて使ったことがない息子は設定の仕方など全く分からず…。Apple IDは13歳以下は作れないということを夫も知らずに購入したため、後々モメることに。
結局iPhoneユーザーの私が息子をファミリー共有にしてIDを作ったが、これには怪我の巧妙もあったようで、どうしてもゲームばかりしてしまう息子の対策として、今までスマホやタブレットに何度かコントロールアプリを入れたりしたが、動作しなくなったり、いつの間にかロック解除されたりで上手くいかなかったのだけど、iPhoneにはデフォルトでコントロール機能があるため、今のうちにとばかりに、息子が寝ている間にこっそりコントロール設定をすることが出来た。おかげで新しいアプリのインストールには必ず私の承認が必要になり、ゲーム時間なども私のiPhoneからリモート管理できるようになったし、遊びに行くとなかなか帰ってこないので居場所の把握も簡単になり、監視体制バッチリ。
イマイチまだiPhoneを使いこなせていないので、今のところ息子も大人しく従っている。
まぁすぐに操作には慣れてしまうと思うけど、iPhoneはロックもけっこう強固なので当分これで上手くいくだろう。まさか息子もiPhoneにしたばっかりに、口うるさい母にガッツリ管理されることになるとは思ってもいなかっただろうけど。ウフフ。

関連記事

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

2019.09.17 | こども部屋

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ