スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

お正月あとのお楽しみ

お正月は、お節のために日頃あまり手を出せない食材も奮発するので、残ってもちょっと贅沢な和食やお菓子を作ることが出来て、それも楽しみの一つだったりする。

siratama01.jpg
今年は黒豆をたっぷり煮たので、妹が日本から送ってくれた白玉を入れて、おやつに。黒豆の汁の半分にはブランデーを入れておいたので、こちらは大人用。これがなかなか美味しい。白玉にはきな粉を入れたものも作ってみた。

siratama02.jpg
優しい味と食感の懐かしい和のお菓子に癒された。ああ、何年ぶりだろう白玉食べたのは…としばし感慨に浸った。欲張って汁をたっぷり入れたので、黒豆が沈んで見えてないけど笑。

mochi.jpg
残ったお餅で、定番の安倍川ときな粉餅も。冬馬は、食の好みがけっこう渋くて、きな粉より安倍川が好き。私はきな粉。フィンランドのクリスマスのお菓子ジンジャーブレッドに使うダークシロップは、黒蜜にかなり近いので、和のお菓子にも使えてこれは便利。

kabobri01.jpg
そして今年のお節では、サツマイモが手に入らず、家にあったカボチャのピューレをかわりにいれてカボチャきんとんにしようと思ったのだけど、缶詰の栗が茶色かったし、味も見た目もきんとんとは別ものって感じになってしまったので、カボチャにシナモンを入れてブリオッシュ生地に練り込んだ。丸形のパンが作りたくて、手持ちの古いル・クルーゼの蓋のつまみを250度以上の高温でも耐えられるように、ステンレス製につけかえたので、ちぎりパン風にして焼いてみた。

kabobri02.jpg
これがモッチモチ〜に出来てなかなか美味しかった!色もカボチャの黄色がきれいに出た。
朝食にバターたっぷりの甘いパンを頬張る私を、甘いパンは食事中には食べない一般的なフィンランド人の夫は、「おいおい…これを朝に食べるのかい?」という表情で見ていたけれど、食べたら美味しいといってくれた。ほのかなカボチャの甘みも感じられて、これはなかなかいけた。冬馬にはカボチャはプリンがいいのに!と言われ、食べてもらえなかった。モチモチという食感が食べたことがなく、ダメだったらしい。
以前買いだめしたカボチャのピューレの缶詰は、熟す前のものも入っているのか、時々あまり美味しくない缶もあって、これは生地に混ぜ込んで、クッキーやパンにした方がいいなと思った。缶詰だと賞味期限が長いので、また秋が来たらこれで色々作ってみようと思っている。

関連記事

2016.01.25 | くいしんぼ雑記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。