冬の赤

かなり日照時間が短くなり、日の入りが午後三時頃となったヘルシンキ。朝も10時位までなかなか明るくならず、一日中薄暗い冬の空。

fuyuaka01.jpg
そんな色のない季節に、目に飛び込んできた赤。赤の差し色は、とても冬らしいと思う。真っ白な雪が積もったらもっと映えるだろうに、まだヘルシンキには雪が一度しか降っていない。
最近IittalaのInstagramなどで見かけて気になっていた赤い実。近所のスーパーでも売られているのを見つけて、さっそく家に持ち帰った。

fuyuaka02.jpg
気づいていなかっただけなのか、今まで見たことがなかった切枝。さっそく調べてみると、ウィンターベリー(セイヨウウメモドキ)、フィンランド語ではIlexまたはJapanin talvimarja、これは直訳だと日本の冬ベリーという意味で、はじめて見た時クリスマスにも似合うけれど、正月花にもぴったりだなぁと思っていたのだった。
花を家に飾るのは何か月ぶりだろう…。フィンランドでは値段が高いことと、とくに冬は室内が暖かすぎてすぐだめになってしまうので、切り花はめったに買わない。私が買ったものは、枝は太く立派なので難しそうだけれど、日本ではリースにしている人もいて、それも素敵だと思う。

fuyuaka03.jpg
毎年恒例の女性たちの手作りが並ぶクリスマス市で、ついついその形にひかれて買ってしまったクマ型の瓶に入ったジャム。お店の人が縫ったシマシマ帽子を被っていて、ほのぼのしている。中身は苺とクランベリーの手作りジャム。毎年市では、手作りのジャムが沢山売られていて、ちょっと面白い組合せのものも多い。

fuyuaka05.jpg
太陽の光が足りないということは、人間の体や心にも影響するので、この国では冬の間は毎日ビタミンDを摂取することが推奨されている。たしかに一日中薄暗い中にいると、時間の感覚がなくなり、だんだんまったりとしてきて、朝もなかなか起きられないし、昼間でも眠くなったり、元気がなくなってくる…。
そんな時に、鮮やかな赤い色を見ると、少しだけ気持ちがふわっと弾む気がする。



関連記事

2015.12.12 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ