夜がこわい

yo01.jpg
もう3か月位、冬馬が夜中に起きることが続いている。
突然叫び声を上げて、夢に怪獣が出てきたとか、トラムの走る音がするから、風が強いから眠れないなど、何かしら理由をつけて毎晩起きる。
元々寝付きも悪く眠るまでグズグズと愚図って時間がかかるのに、やっと眠ったと思っても3、4時間毎に起きるので、夫も私もその度に起こされて、途切れ途切れにしか眠れない日が続いている。眠れない原因をいろいろ調べているうちに、夜驚症というものを知った。夜驚症は3歳~6歳くらいの子供には珍しくない事らしい。
赤ちゃんがえりのようにもなって、こわいから私達のベッドで寝たいと駄々をこねたり、サイドランプを朝までずっとつけっぱなしにしないと眠れなくなってしまった。
一度目が覚めると私達が起きて来るまで叫んだり、家中の明かりを全部付けてまわって話しかけ続けたり、なかなか眠れないというか眠りたくないようで、しかし朝になるとやはり眠くて仕方ないらしく、保育園にも1時間以上も遅刻して行ったり…。

yo02.jpg
5歳になってしばらくして、この症状が出るようになった辺りから、乳歯も抜け始めた。
自分の子供時代を振り返ると、最初に歯が抜け出したのは小学校に入った辺りだと思っていたので、こんなに早く抜けるものなのかと少し驚いた。
最初に抜けた歯は保育園でお昼寝中で、どこにいったか分からなくなり、2番目は保育園の子が悪ふざけしてぶつかって来て、ポロっと取れてなくなり…。突然歯が抜けて驚いて泣いていたら、他の子に、「夜寝る時に抜けた歯を枕の下に入れて置くと、朝起きたらコインになってるんだよ。」と言って慰められていた。しかし、抜けた歯は一つも手元に残っていないのだけど。
今朝起きると夫がすばやく枕の下に2ユーロ硬貨を忍びこませたようで、お金が入ってた!と喜んでいた。

成長するにしたがって自然に眠れるようになればいいのだけど、それにしても親の方もずっと睡眠不足が続いて参っているので、保育士に相談してみたら、子育てを支援する市の専門機関があるので、そこで児童心理カウンセリングを受けてみてはどうかとすすれめられた。
冬馬の話に少しでも耳を傾けようといろいろ尋ねても、わからない…としか言わないことも多く、まだまだ言葉に出来ない事がたくさんあるようだ。
からだも心もすごいスピードで成長している冬馬の中で、今何が起こっているのだろう?
何を見て、何を感じているのだろう?

yo03.jpg

このところの温かさで凍っていた海の氷もとけてしまった。
冬馬の心の中にある固い氷のカケラも、いつか溶ける日がくるのかな?


関連記事

2015.01.17 | こども部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ