北へ、そしてまた南へ

uv01.jpg
クリスマスイブから、夫の実家のあるロヴァニエミへ帰省した。
今冬のフィンランドは全体的に普段よりかなり暖かい方だけれど、そうは言ってもさすがにラップランドは、−20度以下の日もあり、クリスマスの翌日から冬馬は熱を出し、それから夫や私と次々熱が出て、また全員寝込むはめに…。
ここ数年、冬に帰省すると決まって家族全員体調を崩し、ほとんど外出もままならずにヘルシンキへ戻る…ということが続いている。

uv03.jpg
今年もまたそういう状況だったけれど、私は冬のラップランドが好きだ。
Kaamos(カーモス)、日本語では「極夜」と呼ばれるこの時期は、白夜の真逆で、ほぼ一日中太陽が昇ることはない。それでも雪があると、その白さが不思議な青白い光を放っていて、ピンと張りつめたどこまでも静かな空気の中で、まったく音のない世界に、シーンという音が微かに聞こえてくるような気がする。
それは私にとって、なんとも言えない懐かしいような風景で、生まれ育った福島の冬や、子供の頃の記憶がよみがえって来る。
辺り一面どこまでも真っ白に雪が降り積もった中、道路も田んぼも境目がなくなって、出鱈目に歩き回りながら一番最初に足跡をつけている子供の姿。自分の原風景のようなものに近いものを感じる。

uv02.jpg

大晦日の前日にヘルシンキに戻って来たら、暖かくて海の氷も積もっていた雪も溶けていた。
南の風景もまたいい。それは今まで、海の側に住んだことがなかったから新鮮、という感覚。
毎朝起きるたびに、未だに飽きることなく、海を見に行ってしまう。海辺をぐるぐる歩き回ったり、ずっと先まで遮るものがない地平線を眺めていると、開放感がある。

uv05.jpg
新しい年まであと数時間。海辺ではもう何時間も色とりどりの花火が打ち上げられている。フィンランドでは新年など特別な日だけ、花火を打ち上げることが許されている。年明けまで続くのかな?
いつも新年の抱負などもまったく立てないし、流れのままにという感じだけれど、来年はどんな年になるだろう?

uv04.jpg

皆さんも穏やかな新年をお迎えください。
Rauhallista uutta vuotta!

関連記事

2014.12.31 | ロヴァニエミ Rovaniemi

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ