マメちゃんと僕

mamet01_201408220534593fb.jpg
近頃、気がつくと冬馬のベッドで寝ているマメ。
最初は冬馬が保育園に行っている間だけだったのが、夜寝ている時も足元でずっと寝ているようになった。
寝相の悪い冬馬に足で蹴られても、何故か布団にへばりつくように寝むり続けるマメ。先日は、冬馬が私達のベッドに寝転んでいたら、マメもやって来て、急にごろーんと冬馬にもたれかかって一緒に寝転んでみたり。
相変わらず冬馬は、マメちゃん!マメちゃん!と、かなりしつこくマメは追い回されているのだけど、ニャーニャー鳴き続けるので嫌がっているのかと思いきや、まんざらでもないのか?という、猫心の不可思議さよ。

mamet02.jpg

mamet03.jpg

前回の検診で、甲状腺機能亢進症が見つかったマメ。専用の処方食を試してから半年程たった先日、また血液検査などの検診を受けたところ、T4ホルモンの数値も正常値内になりかなり改善が見られたため、今後も食事療法を続けてゆくことになった。
今回の検査では、新たにカリウムの数値がかなり低い事もわかった。いつも寝てばかりだったのは、年を取ったせいだけでなく、カリウム不足ということもあったようで…。調べてみると、そのままにしておいたら歩くことも出来なくなるとわかり、ちょっと焦った。今は粉末タイプか錠剤を飲ませている。
さらに今回は長年のお腹の痒みにステロイドの錠剤を試してみたところ、お腹の毛をしょっちゅう舐めたり噛んだりしなくなったお陰で、頻繁に毛玉を吐くという事がなくなり、薬を飲み始めてからは一度も吐いていないので、もっと早く試しても良かったな…とマメにすまない気持ちになった。かなり今迄この痒みはストレスになっていたに違いない。
そうはいってもステロイドは副作用もあり長期間ずっと飲み続けるわけにはいかないので、少しづつ減量してゆく方法をとっているけど、完全に飲まなくなったら強いリバウンドがあるのでは…とそれが気にはなっている。

錠剤を毎日飲ませなくてはならなくなり、これがけっこう難しくて失敗することも多く、すっかり私はマメに警戒されている。
以前は四六時中ぴたっとくっついて来たのが、冬馬とは対照的に私とは一緒に眠ったりもしてくれなくなり、距離を置かれているのが、かなり悲しい(泣)。呼んでも、疑い深そうな目で私をジーっと見るマメなのだった。
もともと警戒心の強い猫ではあったけど、油断したら薬を飲ませられるという疑惑で、この12年の間に培った信頼関係も、あっさりゼロになってしまった感じ…。
なんというか、これもある種の親離れにも似た状態でもあるのだろうか…。冬馬ももう少し大きくなったら、自分の世界に夢中になり、親にはほとんど見向きもしなくなるだろう、近い将来のことを考えたりするのだった。

mamet04.jpg


関連記事

2014.08.22 | マメのまめ部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ