スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ちくちく針の手しごと習いごと

フィンランドはすっかり風も涼しくなり、もう秋のはじまりを感じる今日この頃。
来月のはじめに予定している刺繡ワークショップの準備をそろそろ始めようと、材料の点検をしている時に出て来たのは、自分で刺していたカスパイッカ。

kirjonta1.jpg
昨年のワークショップが終わった後、自分でもフィンランドの伝統刺繡を習ってみたいと思い、市民学校のようなところに秋から冬まで通っていた。
先生が最初の日に、それぞれどんな刺繍をやってみたいのか希望も聞いてくれたので、カレリア地方に伝わるカスパイッカの刺繍Etupistoがやりたいと言ってみたら、教えてくれるというので、それを中心に教わった。
自分のお店でワークショップも開いているこの刺繡は、表裏なくリバーシブルのように同じ図案を刺してゆくという、ちょっと珍しい技法。
一方向を刺したらまた戻りつつ表裏同じに刺してゆくので、普通の刺繍とは刺し順が違う。図案を見ただけでは刺す順番がわからず、紙に番号をふってもらったものの、先生も書いてる途中でわからなくなったり(笑)。
時々ひっくり返して裏も確認しないと目が飛んでしまって途中で繋がらなくなり、また解いてやり直すことも度々。一筆書きのように表裏全部が繋がって終わるという感じ。
カスパイッカは、お客様用や正教会のイコンに掛けるための特別なリネン・ハンドタオルなので、裏返してもきれいに見せたいという思いから生まれた技法なのだろうか?と思ったり。

kirjonta02.jpg
教室では他にもフィンランドの各地方に古くから伝わるドロンワーク(透かし刺繡)などを中心に習った。
ドロンワークは布の一部の糸を抜きとって周りをかがったり、残った糸を束ねたりして模様を作ってゆく、なかなか根気のいる作業。
日本でも一時期、刺繍教室に通っていたことがあるけれど、フィンランドで昔から行われている刺繍は、布の端をドロンワークで飾りながらまつってゆく処理の方法など、より暮らしに根ざしたものが多いと思う。
昔レースはとても貴重で高価なものだったので、ドロンワークを施してレースの代わりにしたのだとか。
どれも暮らしの中でうまれた刺繡なのだ。

クラスには年配の方も多く、話によると昔のフィンランド女性は、学校の家庭科の授業などでみっちり刺繡も教わったそうだ。5歳位からはじめて15歳位には一通り出来るようになったとか。
刺繡は若い頃にやるというのは、フィンランドは一年の半分は冬で家の中も間接照明でかなり暗いため、目が衰えるとどうしても刺繡は難しいという理由もあるようだ。
確かに夜に刺繡をしようかな…と思っても、私も年のせいか、見えない…。目が霞む感じてせいぜい1時間が限度…。まだ老眼鏡のお世話にはなっていないけど、首から下げるタイプの手芸専用の拡大鏡などを使っている友人もいて、そういうものが必要かも…。
クラスでは若い頃から手仕事に馴染んでいる人が多いせいか、やはり手先が器用な人が多かった。

その後お店も忙しくなってしまい、続きのクラスには通えず、カスパイッカもやりかけのままになってしまった。
また時間がとれたらもう一度通ってみたいのだけど、残念なことに今ではなかなか教えてくれる所がない。
これから冬にかけて長い時間家の中で過ごすので、また自分で思い出しながら始めてみようかなと思っている。

kirjonta03.jpg
今年も初秋のヘルシンキでカスパイッカ刺繡のワークショップを開きます。
フィンランドの伝統刺繡に触れてみたいという方、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
詳細は、お店の募集ページをご覧ください。よろしくお願いします!

「カスパイッカ刺繡 フィンランドワークショップ」
日時:9月7日(日)
時間:13:00~15:30 最後30分程コーヒータイム・講師への質問タイムを設けます。
場所:ヘルシンキ市中心部、エスプラナーディ通り近くのビル内になります。
定員:6名(只今残席3名となっております)

3名以上でお申し込み可能な場合は、ご希望の開催日にワークショップを開くことも可能です。
講師のスケジュールなどにもよりますが、一度お問い合わせください。

kaspaikka_blog_bn.gif

関連記事

2014.08.15 | ハンドクラフト

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。