スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アウランコ国立公園へ

週末、アウランコ国立公園へ行って来た。

aulanko01.jpg
ちょうど子供のための野外劇が行われていたり、白鳥の池では、ひな鳥を連れた白鳥にも会うことができた。

aulanko00.jpg

joutsen.jpg
見所の一つのTorni(塔)を目指して歩いていたものの、途中で何度も迷いそうになり、熊はこっち→という横道に入って行こうとしたり…何度もGPSで確認する夫。

aulanko03.jpg
実はこの日は、アンティーク市のためにハメーンリンナへやって来たのだけど、日にちを間違えていた…。最近こういう間抜けな事をよくやらかす。というわけで、せっかく来たんだし急遽アウランコへ行こうかという事になったのだけど、まさか森を散策するとは思っていなかったので、私も冬馬も素足にサンダル履きという格好。行き交う他のフィンランド人を見てもサンダル履きという人がかなり多く、中にはピーチサンダルで歩いている人もいた…。
それでも、この日は少し気温も下がり森の中はけっこう涼しかったので、虫に刺されたり靴擦れすることもなく往復3時間くらいは歩きまわった。

torni.jpg

torni03.jpg
ハメーンリンナはヘルシンキから車で1時間半位で行けるそれ程遠い街ではないので、今迄何度も来ているけれど、アウランコの中を歩くのはこの日が初めて。
フィンランドには山といえるものがないのだけれど、ここの塔に登ると辺り一帯の湖や森が360度見渡せて、その眺めは壮観だった。



torni02.jpg
ただこの塔がまたかなりの高さで、外階段や内部の螺旋階段をぐるぐる登ってゆくので、高所恐怖症気味の私は、目がまわる感じがして階段を踏み外しそうでちょっと怖かった。
私がこんな状態なのに、冬馬ときたら天辺の見晴らしのよい展望台に出ると、柵によじ登り思いっきり下を覗き込もうとするので、こんなもの凄い高さ(33mもある!)からもし落ちたらどうするんだ!と、とっさに、やめなさいっ!!!と大声で叫んでしまった。
どうも冬馬は、高い場所で恐怖を覚えるということが全くないようで、いつも高所で走りまわったりよじ登ったりと怖いもの知らずなのだった。

aulanko06.jpg

aulanko05.jpg
塔の下にあるカフェで一休みして、また来た道を戻り帰路についた。
久しぶりに森の中を歩いたので、足がじーんとダルくなったけれど、森の空気に触れてリフレッシュできた。
もうナナカマドの実が赤くなり始めていて、少しづつ短い夏が終わりに近づいているのを感じた。

nanakama.jpg

2014.08.03 | ハメーンリンナ Hämeenlinna

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。