夏の小旅行

フィンランド各地で連日30度前後まで気温が上がり猛暑が続いているため、クーラーどころか扇風機さえないのが普通のフィンランドの家を逃れて、西部のトゥルクへ向かったものの、あちらはヘルシンキ以上に暑かった…。
クーラー目当てにホテルに一泊して、その夜は久々にゆっくり眠ることが出来た。
翌日は、冬馬の希望でナーンタリにあるムーミンワールドへ。

muumimaa02.jpg

muumimaa03.jpg

ミーやスナフキンは着ぐるみではなくて人が扮装しているのだけど、キンキン大声でうるさく話している子がいるな…と思ったら、ミーだった(笑)。そしてイケメンすぎる爽やかなスナフキンは、足が長ーい(笑)。
冬馬が好きなのはHaisuli(ハイスリ)という黒いモジャモジャの生きもの。日本名だと何でしょう?ちょっとマイナーなキャラなので、なかなか出て来なくて、やっと出て来たので握手してもらえば?と言っても、もじもじしていて、あっと言う間にバイバイ〜といなくなってしまった。

muumimaa06.jpg

muumimaa05.jpg

muumikeittio_20140731042044215.jpg

小さな島全体がムーミンワールドになっているのだけど、日本人が思い描くようなテーマパークや遊園地を想像して行くと肩透かしを食うと思う(苦笑)。ムーミンのキャラクター達の小屋も所々に立っているけれど、そこはフィンランド、全体的にゆるーい感じで仕掛けなどもそんなに凝ったものはない。

muumimaa01.jpg

muumimaa07.jpg

ムーミンワールドは、どちらかというと自然の中で散策を楽しむという雰囲気の方が強く、島内に張り巡らされた遊歩道を、暑さに息切れしながら歩き周る親と嬉々として走りまわる息子…。ムーミン屋敷など天辺まで登る頃にはちょっと目眩がした(苦笑)
ここが開館している時期は、6月〜8月迄と、たったの3か月。一年の半分以上は閉館しているというところも、フィンランドらしいというか。

muumimaa00.jpg

muumijuna.jpg


トゥルクへ向かう途中パライネンでは、友達が開いているレストランへ寄り、お寿司や美味しい日本のデザートを頂き、総菜パンもテイクアウトしてトゥルクへ到着し、車を降りる時になって、バッグを忘れて来たことに気づいて呆然。おしゃべりに夢中になっていたのか、暑さで頭のネジが緩んでいたのか…。
気を取り直してひとまずトゥルク城へ行き、冬馬はRitari(騎士)ツアーへ参加した。
騎士に扮した子供達がガイドと一緒に城内を探検して、最後は女王様に剣で誓いをたて騎士の証明をもらうという内容で、飽きて途中で帰りたがるかな?と思ったら、最後まで楽しんでくれてよかった。カメラがなかったのでツアーの様子が撮れなかったのは残念。
そんなわけでトゥルクでの写真はほとんどなく…。
トゥルクはフィンランドの旧首都で、京都のように古都とよばれる街。西部に来るとスウェーデン語表記がとても多くなって来るのも、ヘルシンキとは違う街の雰囲気。
夫が大学生活を送り、今でも友人が数多く住む、いわば青春時代を過ごした街なので観光というよりも、通った大学とか初めて一人暮らしをした学生寮とか当時のガールフレンドと住んでいたアパートメントとか、思い出の場所案内をしてくれた(笑)。

turku.jpg

忘れて来たバッグには、お財布の中にIDカードや保険証まで入っていたので、さすがに吞気な私も心配になり、夕方お店へ引き返した。お客さんが気付いてとって置いてくれたそうで、中身もそっくりそのまま無事戻って来て一安心。こういう事があってもフィンランドではまず盗難ということがない。だからと言って油断していいわけでもないけれど。
次回トゥルクへ来る機会があれば、もっとゆっくり街を周りたいと思ったのだった。


2014.07.31 | ナーンタリ Naantali

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ