スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

森の中の民芸市 2014

今年もリガで行われた森の中の民芸市へ行って来ました。
晴れているけれど暑すぎもせず、ちょうどよい天気に恵まれ、昨年にも増して沢山の人出でした。
民芸市が広く国外にも知られるようになるにつれ、年々訪問者の数も増えているようです。

morimin01.jpg

森の中を歩いて行くと民族衣装を身につけた子ども達がダンスをしていました。
花冠をつけた女の子も可愛いけれど、男の子の民族衣装も素敵。いつもラトヴィアへ来ると民族衣装好きの血が騒ぎます(笑)。どの衣装も美しく見ごたえがあります。

morimin03.jpg

今年もお店のための買付けがメインの旅でしたが、ちょうど友人家族もリガへ行くということで一緒に民芸市へ行き、二人とも手工芸や民族衣装好きなので盛り上がりました。
いつも通りミトンを中心に見てまわったけれど、白樺の手工芸品も今年はよく目について、ビーズ織りの素敵なアクセサリーも見つけたりと新たな発見もありました。

morimin02.jpg

morimin04.jpg

若手の作家さんも、ラトヴィアの伝統的な模様やデザインなどを大切にしているところが、民族の文化に対する誇りのようなものが感じられます。フィンランドでは忘れ去られつつある、伝統文化を大切に伝えてゆこうという気風のようなものも、私がラトヴィアに強く惹かれる理由なのだと思います。

昨年は見かけなくて残念に思ったボビンレースのおばあちゃんも今年は来ていて、ほっとして嬉しくなったり。3回目ともなると、だんだんお気に入りの工房や製作者の方もいるようになり、そこを目指して歩いたりもします。
しかし毎回思うけれど、出店数と規模が大きすぎて時間が足りない…。もっとじっくりみたいけれど、早足で次々見ても3、4時間あっと言う間。また同じお店に戻るのも大変だし売れてしまっている事も多いので、いいと思ったら即決で手に入れるという感じ。

morimin05.jpg

morimin06.jpg

親が夢中で民芸市を見ている間、子ども達は野外博物館の中にある木製の遊具などがある広場で遊んでくれていました。弓をひいている子や馬にのっている子がいたりと、素朴なラトヴィアの風景も来るたびにいつも心に残ります。

関連記事

2014.06.12 | Comments(9) | ラトヴィア

コメント

>鍵コメさま

以前のブログはだいぶ昔のものなのですが…。
詳細を、もう少しお知らせいただけないでしょうか?

2014-12-15 月 04:08:37 | URL | maco #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-12-13 土 17:37:14 | | # [ 編集]

>chocoさん、お久しぶりです!
お元気ですか?
お祝いコメントありがとうございます!
プリンちゃんも大きくなられて、もう小学生なんですねー。
息子は背がさらにぐんぐん伸びてますね。
髪の色もだんだん明るめになってきている感じです。
顔つきもだいぶ変わってきて、大人っぽくなったかな。
でも内面はまだまだ赤ちゃんぽいといいますか…。
時々まだ赤ちゃんになりたいみたいです(苦笑)

日本語は本当に親が意識して機会を作らないと
海外で暮らしていると難しいですね。
日本語補習校にも通い出したのですが、
まだまだフィンランド語の方が話やすいみたいで
日本語だと簡単な話しか出来ません。
それでもだいぶ日本語も出て来るようになりました。
男の子はエネルギーがありあまってるというか
家に帰って来てからも友達の家とか外にまた遊びに行かないと
夜眠ってくれない程です…。
chocoさんもビンテージ食器に目覚めたんですよね!
ちょくちょくブログの方は覗かせてもらってました。
ファイヤーキングのミルクガラスとか可愛いですよねー。
私もアメリカに住んでたら、そっちの方にハマッていたかも。
フィンランドは圧倒的にほぼ全てがARABIAなのでよね。
でも最近わたし的にはARABIAは見慣れてしまって新鮮味がなくなってしまった事もあり
スウェーデンやデンマークの渋めの食器の方が好みだったりします。

2014-09-30 火 01:54:03 | URL | maco #- [ 編集]

macoさん、お久しぶりです。
結婚5周年、おめでとうございました!
そして、冬馬君!!!5才かぁ~!!!(おめでとう!)
何だか一気にお兄ちゃん、お兄ちゃんになった感じで
思わずコメントです(笑)
春先、まだ寒い時期にはそんなに感じなかったけど
5才のお誕生日の頃には、もう本当に大きくなったなぁ!と
思わずうなってしまいました(笑)
冬馬君、髪の色が少し薄くなったかな?
macoさんも、日本語との付き合い方(冬馬君の)研究してますねぇ。
ドラえもんを見て、語彙が増えるなんて、冬馬君、天才ょ。
マメちゃんと一緒の写真、ほのぼのしていて本当にいいね。
男の子のママ、8才過ぎると、ちょっとラクになる感じするね
周りをみてると。
macoさん達も、もう少し!ガンバ(笑)

今日、ゆっくりmacoさんの寒い春から夏を一気に読ませてもらいました。
(そうそう、お店のリンク、飛べなかったょ?)
どの写真も、記事もとっても素敵。
ホントに素敵。
北欧のアンティークの食器かなぁ?素敵ね~。
何だかうっとり。
毎日がmacoさん色で、憧れるなぁ。
このままうっとり、寝ることにします。
いい夢見れそうな感じ♪

2014-09-27 土 15:29:25 | URL | choco #3/VKSDZ2 [ 編集]

Re: ムーミンの郷の訪問記、拝見しました

> Yozakuraさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
ムーミンワールドは、日本人旅行者にも大変人気があるようで
私達が行った日も何組も見かけました。
夏の短い間しかオープンしていないので、よけいに行きたいと思われるのかもしれませんね。
トーベ・ヤンソンは今年生誕100周年ということで、フィンランドでは最近まで大規模な回顧展が開かれていました。
今は日本での展示が始まっていると思います。
日本ではどこまでの作品が展示されるのかわかりませんが、フィンランドではムーミンの作者としてのトーベだけでなく、様々な角度から膨大なトーベの作品が展示されていて、とても見ごたえがありました。

2014-09-25 木 01:45:41 | URL | maco #- [ 編集]

ムーミンの郷の訪問記、拝見しました

キノコネコノユトピア様:初めまして

 先ほど、リンク伝いにこのページに漂着した者です。
 先々月に掲示されました「夏の小旅行」を三読。豊富な写真と、子連れ家族の視点が誠に面白く、序にネット上を探し、フィンランドの西海岸に在る「妖精達の郷:Moomin World」のHome Page(英語版)も発見。そこの各種案内記事を読んでは、他人様の家族旅行をセッセと追体験して居ります。私はTove Jansson のファンで、ムーミン・シリーズは、いろいろと読み耽ったもので、島の案内地図など、正にワクワクしますね。
 その頁にはコメント欄が無かったので、こちらへ勝手に書き込みしました。ご了解下さい。m(_ _)m

 それにしても、この妖精達の郷は商業主義とは無縁で、其処が痛快ですね。何しろ、八月も下旬で早々と店仕舞い!千葉県に在る癖に「東京鼠楽園」と称する巨大な遊園地とは、経営方針が全然異なる模様です。
 この夏の良い想い出となったことでしょう。一介の読者も楽しませて貰いました。有難う御座います。
 お元気で。

2014-09-21 日 08:46:38 | URL | Yozakura #Y2lB8pKc [ 編集]

macoさん、ひさしぶり。こちらは梅雨まっただ中よ。
遊歩道は青いツユクサ、ヘビイチゴ、背より高いアジサイ、桜の木には小さなサクランボ、あと桑の実もあちこち。鳥が大騒ぎして啄ばんでて見るとこいっぱい、駅に着くころにはじっとり汗です。


リガから戻ったらそろそろ?手持ちで・・・って、ことは今ごろまさに?
近所なんだね、なんかそっくりで笑ってしまったよ。ほんとに、前日まで普通〜にやることはあるし休むことは出来ないし。引っ越し、一体どう乗り切ったんだっけ?って思うよね、macoさんは移住まで、引っ越しも移住も同じようなもん?そんなことはないか( ̄▽ ̄)


おばあちゃん!また逢えたんだね!うれしいね〜〜
今年こそミトン☆
 

荷づくりの次は荷ほどきよψ(`∇´)ψ 
ブログもお店も楽しみにしてるね〜

2014-06-25 水 13:39:39 | URL | nao #- [ 編集]

>ハルさん
ご無沙汰しています。
いつもブログはのぞくのは日課にしています。
山の風景の季節の移り変わりの写真に癒されてます。
ご両親は2度もラトヴィアを旅されているのですね。
私もいつも慌ただしい日程でリガ以外には行ったことがないので、
他の地方もいつか行ってみたいのですが。
そして私は、工人市へ訪ねてみたいと毎年ハルさんのブログを見るたびに思っているのですが
リガの民芸市と毎年同じ日程なんですよね…。
フィンランドへ移住してもう6年目ですが、春や初夏に帰国したことは一度もないので
いつかこの時期に帰国できるといいのだけれど…と思うのですが。
ああ、今の季節の日本へ行きたいなぁ。

> 新しいものにもその土地のスピリットが生き生きと受け継がれているのは、本当に素晴らしいことですね。
> 当地の編み組細工もそうであったらいいのに、と思わずにはいられません。
本当にそうですよね。
私もフィンランドでそう思うことが多いです。
ここ数年、日本では北欧デザインが人気ですが、
もっと昔のもっと素朴だった頃の手工芸も同じくらい盛り上がるといいのになぁ…とよく思います。
日本では白樺のかごなどその辺りも近年すごく受け入れられているのですが
当のフィンランド国内では、古くさいとかおばあちゃん趣味という受け止め方も多いようで、残念です。

前回の帰国で持ち帰ったマタタビ蔓の米研ぎザルは、ほぼ毎日使っていて大活躍ですよ。
お米を研ぐ度にふるさとのことを思います。

2014-06-16 月 03:10:07 | URL | maco #- [ 編集]

macoさん、こんにちは!

リガの民芸市はこちらで拝見して以来、いつかきっと訪ねたいリストに書き込んだ場所のひとつです。
両親のほうが先に、音楽祭の目的で2度ほどラトヴィアを旅して、リガの民芸市で求めたお土産を実家で使っているせいか、白樺細工の籠や刺繍の布など、とても身近な親しみを感じます。
森の中で民族衣装をまとってのダンス、素敵でしょうね。音楽も聴いてみたいです。

新しいものにもその土地のスピリットが生き生きと受け継がれているのは、本当に素晴らしいことですね。
当地の編み組細工もそうであったらいいのに、と思わずにはいられません。

素朴な美しい手仕事、のどかな風景が、いつまでも受け継がれていきますように。
今年も素敵な記事をありがとうございます。

2014-06-14 土 15:13:21 | URL | ハル #jjURaDtE [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ見える非公開コメントです。

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。