ニャンニャンニャンは、猫の日

2月22日は、ニャンニャンニャンということで猫の日だそうです。
でもこれは日本だけのようで、各国別の日が設定されているようですが、フィンランドに猫の日があるのかは不明です。

mame01_20140222232511d08.jpg

今年の5月で12歳を迎える我が家のマメ。
昨年の秋くらいから、時々鼻が詰まっているのかフガフガフガと急に呼吸が苦しそうになったり、耳を痒がって爪で引っ掻いてハゲが出来たりと、ちょっと気がかりだったので、先日年一回のワクチン摂取の際に、血液や尿検査もしてもらったところ、甲状腺機能亢進症との診断が出てしまいました。
この病気は、ある程度の年齢になった猫には珍しいことではないそうで、なんとなくマメもどこか悪いのでは…と予感がしていたので、もの凄くショックを受けたという程ではなかったのですが、病名を告げられてからというもの、じわじわと効いて来るジョブのように不安が深くなって来たのでした。

今回は、ちょっと長文です。


mame00.jpg

すぐに病院から処方箋は出たものの、自分でも一応調べて見るとリスクがないわけではなく、一生投薬となるので腎臓や肝臓の機能にも影響が出て治療が必要になってしまう場合もあるという事がわかり、すぐに始めるのは躊躇してしまいます。
というのもマメの場合、この病気の特徴的な症状である沢山食べるのに痩せて来ている、水を沢山飲む、年齢のわりに活発、という事は全くなく、体重の減少もなく、相変わらずほぼ1日中ぬくぬく寝ているばかりだし、ちょっと夜鳴きが増えたかな?という程度。
検査結果のT4ホルモンの数値も正常値より僅かに高いだけで、腎臓機能の低下もなく、甲状腺の腫れもほとんどなく、全身状態からもすぐに投薬治療に踏み切らなければならない程には見えず、それより投薬による皮膚の痒みなどの副作用の方が心配になってしまうのです。
何故ならマメの場合、すでに幼猫の頃から原因が特定出来ないお腹の皮膚の痒みがあり、その部分をしょっちゅう自分で舐めたり噛んだりして毛が抜けてジクジクした傷が絶えず、常にストレスになっているのでは…という面があり、他に方法がないのか更に調べたところ、2年程前から甲状腺機能亢進症の猫のためのフードも発売されたことがわかり、まずはフードでの治療を試みたいと担当獣医に相談中です。

このHillsから出ているy/dというフード、投薬治療によるリスクをなるべく避けたい飼い主には好評のようで早く試したいのですが、調べるとフィンランドではヘルシンキでもなかなか取り扱いがなく、病院からでさえすぐに手に入らないというのが問題。
以前からマメのフードはHillsのシニア用なのですが、何故かHillsはフィンランドではあまり取り扱っている所がなく、今も買いに行けるお店は近場だとストックマン・デパートに限られているので本当に困ってしまう。y/dはストックマンでも取り扱っていないし。
そして、やはり処方食なので味的には美味しいとは言えないようで、このフードを受け付けない猫も結構いるらしく、しかしこの病気の場合、甲状腺ホルモンを作るヨウ素を制限しなければならないので、他のご飯と混ぜて与えたのでは意味がなく、とにかくこのy/dのみを与えないと治療効果はないそうなのです。これがダメなら投薬治療もある、と思えばまだ気も楽になるのですが…。

実は今週ヘルシンキ近辺はHiihtoloma(スキー休暇)と呼ばれる週で(地域によって少しづつずれています)、人間の病院でさえほとんどの医者が休暇を取っているという状態…という訳で担当獣医からの返事は全く来ず、焦ってフライングで2日程薬を飲ませてしまったのですが(苦笑)薬を飲ませられない、すぐ吐いてしまうなどという事はなく、マメへの投薬は可能という事は、わかりました。
話は少し逸れますが、このタイミングで冬馬がまた40度の発熱…。息子が熱を出すのは珍しくなく、ほぼ月に1回、多い時など2、3回出るので、またか…という感じなのですが、保育園を休ませて家に居るものの、高熱が続いても驚くほど普段と変わらず、ぐったりするという事もなく、大人しく寝てくれないので、そちらの方に手こずっている次第。マメの方がよっぽど手がかかりません…。

息子もだいぶ成長して、つきっきりでなくとも一人で好きに遊んでいてくれるようになったので、再び母はマメとべったりくっついている一人と一匹の時間が増えてきた矢先の発病。
日本で暮らしていた頃を含めると家族の中で一番長い付き合いの、言葉がなくとも通じ合える相棒ともいうべき存在。
病気のせいもあるのか、最近は常に私の後をついてまわって片時も離れようとしない姿が、なんともせつない…。
まだまだマメとの時間は続いて行ってほしいので、どうか長生きしてほしい、と願う日々です。

mame04.jpg


関連記事

2014.02.22 | Comments(6) | マメのまめ部屋

コメント

>naoさん
そうだよね。マメそんなに以前と変わった感じはしてない。毛もツヤツヤ。
全然痩せてないし、まだ平均からすると太めだしね(笑)。
この病気場合、投薬始めたら飲まなくてよくなるってことはないみたいだから、それがね、やっぱり自分の中で引っかかって。
フード食べてくれるといいんだけど…。
冬馬はやっと熱さがった。
5日目になっても熱下がらないから、一応今の時期もみてくれる病院に行ったけど、話しただけで薬も出ないしという、いつもの対応…。
プライベートに行ってしまったから保険も効かないし、それなのに結構な診察代…。
だからいつも熱出ても病院にはほとんど行かない。
最近ホメオパシーも試していて、こちらではセラピストの人が常駐していて相談出来る薬局もあるから、そこで選んだレメディーが今回はすぐに効いて、あっという間に下がったわ。
今は私と旦那にうつって、二人ともゲホゲホだよ…。

このカーテン、キーウィにも見えるね。広げてみるとタンポポっぽいけど。
ビンテージので、色も柄も気に入ってる。

2014-02-25 火 02:06:55 | URL | maco #- [ 編集]

>stanislowskiさん
ありがとうございます。その言葉にじーんとしてしまいました。
日本から猫と海外へ移住して来たことなど、いろいろ境遇が似ているので、すごく実感としてわかってもらえて嬉しいです。
うちも私がマメとかなりべったりなので、叱った時などは息子がマメには優しいのに…って思ってると思います。
息子には時々むかっと来ても、なぜだかマメには何をされても許せるんです。なぜだろうって思うんですが(苦笑)。
言葉が通じないからこそ、逆になんだか通じあえる部分もあったりして。
マメもストレスもあっていつもお腹を舐めたり噛んで傷を作ってるのかなっていう気もするのですが。
今迄いろいろな病院で見てもらいましたが、アレルギーなのか何なのか原因がわかりません。
私もあまり薬とかあげたくないのです。猫は体も小さいし、人間より影響が大きそうで…。

今日担当獣医から返信が来て、フードでの治療からスタートでいいでしょうって事でした。
お隣スウェーデンでは猫にもラドンだったかの放射線治療もあるというような事が書いてありましたが、それもちょっと未知な感じですし。

とりあえずフードでの治療方法があるという事で、調べたらかかりつけの病院よりもっと近くの動物病院でy/dが手に入る事がわかってさっそく注文してみました。

2014-02-25 火 01:47:22 | URL | maco #- [ 編集]

macoさん

ひさしぶりマメだよー、・・・マメ、病気だって、・・・・

え??元気そうじゃないか、毛もツヤツヤだし。

最近マメ登場しないねえーってY田と話してたとこだったんだよ。
甲状腺の病気、10歳を過ぎたネコには珍しくはないんだね、気になってネットで。とはいっても、やっぱりいろいろ考えちゃうよね。お薬のことも、知ればそれはナシで暮らせるならナシでいきたい。わたしらだってそうだもんね。リスクが全くないものはないんだろうけど、痒い痒いがストレスになってるのもわかるしねえ。飲み始めたらずっと。、、、飲む時間も守らないと効かない、同じなんだよね人と。
気持ち悪い、とか尋常じゃない眠さとか、言葉は通じなくとも聞きとってあげないと。でも大丈夫だったんだね、とりあえず飲めないことはない。そしてぐーぐー寝るのは仕事だ!
ごはんで対応、これならmacoさんとマメにはあってるんじゃない?・・でもマズイのか。苦笑、マメがどうでるか?だね。そしてそれはなかなか買えない、、うーん、まさかこんなときに獣医さんもみんな休みだなんて。スキー休み、なんだそれは!それもビックリしたけど

冬馬は?元気になった?40度の高熱でもぐったりはしない、もうもう冬馬ったら。ママが少々ダメージうけてるのわかってて、考え込ます間なんかないようにしたんだよ 笑
はやくよくなるといいね、順番にもらわないよーに

マメ、キーウィと。すてき☆

2014-02-25 火 01:33:59 | URL | nao #- [ 編集]

切ないね。離れない猫はmacoさんをお母さんとも相棒とも認識してるんだもの。
私も、夫より付き合いの長かった、そして言葉が話せないこの相棒は本当に本当に特別な存在で、子どもにも、「私と猫とどっちの方が好きなの?」と、尋ねられたくらいでした。

うちの猫はベルギーに連れてきてからは一度も予防接種しませんでしたが幸い病気にも罹らず、ただ、一度預けたペットホテルで貰ったノミ・ダニなどが原因でお腹の辺りの毛が抜けてしまいました。それは亡くなるまでそこの部分だけ毛がありませんでした。乾燥した気候・ストレス・虫が原因で毛繕いしてたのですね。

うーん。治療どうしたものか。私も先ずはキャットフードだな。いろいろやって大失敗した経験があるので。なるべく猫に負担のかからない方法がよいのかなぁと思いました。Hils、気になるので私も近くのペットショップ覗いて見ますね。

15歳になる半野良猫のもう一匹も特に何もしてません。
年々活動が鈍くなってきて、食べる・寝るだけ。野ネズミも小鳥も獲らなくなってきました。
個体性があるとはいえ、ずーっと傍にいてほしい猫ちゃんですよね。

2014-02-25 火 01:07:09 | URL | stanislowski #- [ 編集]

鍵コメさん
ありがとうございます。
今回の発病でいろいろ自分なりに調べてみたのですが、全身状態などがそれ程ひどくないなら、投薬して逆に具合が悪くなってしまうリスクを取るのもどうかな…という感じですよね。
甲状腺機能亢進症の手作りのフードってちょっと難しそうですね。
スキャンお願いしてもいいしょうか?後でメールしますね。
ほとんどこの病気に当てはまる症状がなかったので、他の病気では…と思っていました。
私も血液検査の時の状態とかも数値に関係するんじゃないかな…と思ったんです。
それ程僅かに標準値を出ている位だったので。
お薬も決まった時間に飲まないと効果ないですよね…。
とりあえずはフードが手に入ったらフードから試してみようと思います。

2014-02-23 日 23:55:15 | URL | maco #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-02-23 日 06:59:04 | | # [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ見える非公開コメントです。

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ