薔薇色のスープ

いまだに雪のない今冬のヘルシンキ。気温も零下にならず0度以上が続き雨ばかり降っています。
冬が長く日照時間が極端に短いフィンランドでは、冬になるとお店に並ぶ野菜の種類もかなり減ってしまいます。そんな中、冬によく出回る野菜といえば Punajuuri・レッドビーツ。
スープにしたりピクルスやサラダにしたりします。

punajuuri01.jpg

最近また風邪のリレーが続いていた我が家。体が温まる根菜メインのものをということで、レッドビーツのスープを作りました。
レッドビーツは、皮つきのまま酢を入れたお湯でぐつぐつ茹でた後に皮を剥くと楽です。レッドビーツを扱うと指やまな板などの調理器具が真っ赤になるんです。洗うと落ちますけど、思わず見とれる程全てが真っ赤に染まります(笑)。
バターで炒めて茹でたジャガイモとタマネギにスープストックを加えた後、一緒にフードプロセッサーにかけ、さらにムーランで漉しました。ちょっと手間はかかるけれど、喉ごしがよくなります。
鮮やかな薔薇色のスープ。
塩こしょうしただけで、自然なビーツの甘みがあって美味しい。
好みで牛乳や生クリームを入れたりもします。
ここに我が家は時々ペリメニ(ロシアの水餃子)を入れるのも好評。どちらもボルシチの国お隣ロシアから来たので相性がいいんでしょうね。ちなみにボルシチはフィンランドでもとてもポピュラーな家庭料理です。
フィンランドで手に入らない野菜に焦がれることもありますが、やはり住んでいる土地で採れたものには滋味があるなぁと思います。

punajuuri02.jpg

真っ赤な色を見た冬馬は最初ひるんだものの、茹でただけのビーツに塩をパラパラとかけ、最近見つけたイチジクのバルサミコソースをたらして与えてみたら気に入ったようで、こちらの方がよく食べてました。
イチジクのバルサミコソースは酸味が少なくまろやかで濃くがあるので、冷やして食べてもデザートのようでとても美味しい。そういえばアイスクリームに煮詰めたバルサミコソースをかけるなんていうのも見たことがあります。
ビーツは脱塩効果があり、血液をサラサラにしてくれて疲労回復にもいいようです。
これは冬の定番にしてみようと思います。


関連記事

2014.01.09 | 料理

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ