スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

クリスマスツリーの飾りつけ

今年は何年ぶりかでクリスマスツリーの生木を買って来ました。
いつもは夫の実家があるラップランドに帰省してしまうので家にはツリーを飾らないし、帰省しない年もそれほど熱心な気持ちがなかったので結局飾らなかったのですが、はじめて冬馬と一緒にツリーにオーナメントを飾ってみたら、やっぱりクリスマス気分が盛り上がるなぁと新鮮でした(笑)。

joulukuusi01.jpg

小さめのでいいよと頼んだわりに、枝振りもよくフッサフサに生い茂った、夫の背丈より高く2m以上はあろうかというけっこう立派なツリーが届いてびっくり。スタンドに入れるのも幹を削らないと入らず四苦八苦してやっと飾りました。
そんなわけで、今迄オーナメントもまったく集めていなかったので、ちょっとだけ今年は買いそろえました。

sydankoriste.jpg

PENTIKで見つけた、小さな赤い実のような鈴が集まってハート型になったオーナメント。揺らすとシャラシャラよい音がしてそれも素敵。
そしてTIGERで見つけたガラスのエンジェルやツリーなどのオーナメントもなかなかよいです。6個セットで3ユーロしかしないし、値段のわりに作りもチープには見えない。うーむ、これではTiimariというフィンランドで全国チェーンだった同じような商品展開の雑貨屋が倒産したのも無理もないかも…と思ってしまった。

enkeli.jpg

他には友達に編んでもらった毛糸のクリスマスボールやクリスマス市で買ったボビンレースを固くコーティングしたような雪の結晶や、ジンジャークッキーのオーナメントなども飾ったけれど、ツリーが大きいので空きが多くなんだか全体的にスカスカ…。
それでも枝振りがよいツリーなので、それをシンプルに楽しむというのもいいのかもしれない。

joulukuusi03.jpg

素朴な方が好みなので、伝統的なストロー細工のオーナメントも探したのだけど、これがなかなか最近は見かけない。毎年出店していたおばあちゃんの姿も今年は見かけず、クリスマスマーケットなどで探してもこれというのがなくてがっかり。キラキラした華やかさはないけど温かみのある手仕事のオーナメントが年々なくなってゆくのはとても残念です。
来年ツリーを飾るとしたら、もっと自分でもクリスマスボールを編んで増やしてみたい。
そしてオーナメントを毎年少しづつ揃えてゆく楽しみというのも今年はじめて感じたのでした。

joulukuusi02.jpg

ジンジャークッキーの家は、昨年TIGERで買ったまま仕舞い込んでいたキットをやっと今年使いました。もう生地は焼いてある状態で組み立てるだけだったけど、それでもパーツ同士を真っすぐ平行に接着するのは難しく、アイシングで模様を描くのもかなり手こずりました。アイシングが始め少しゆるくて粉糖を足して調整したものの、片方の屋根は雪崩のように流れて固まってしまいました…(苦笑)。

pipartalo.jpg

ジンジャークッキーのオーナメントの匂いと、生木のツリーの香りも混ぜ合わされて、家中クリスマスの雰囲気で充たされている感じ。マメもツリーの下に何度も来ては、くんくん匂いをかいでいます。
ツリーの根元には送られてきたプレゼントなど家族全員の分を置いておきます。冬馬は毎日、プレゼントいつ開けるの?クリスマスは今日なの?と聞いてきて、待ちきれないよう。

今冬ヘルシンキはけっこう暖かいので、明日・明後日はホワイトクリスマスにはならなさそうで、それが少し残念です。

それでは皆さん楽しいクリスマスを!
Hyvää Joulua!



関連記事

2013.12.24 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。