スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

サンタクロースがやって来た!

クリスマスは例年通りラップランドにある旦那さんの実家で迎えました。

jul2012_03.jpg

しかし行く前から風邪気味だった我が家、着いた日から家族全員悪化して滞在中はほとんど寝込んだまま、家から一歩も出ないままヘルシンキへ戻って来ました…。
最初に風邪をひいた冬馬は真っ先に元気になり、親はまったく回復せず寝込みっぱなし、おじいちゃんがずっと一緒に遊んでくれていました。

jul2012_01.jpg

クリスマスイブのディナーは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃん、義妹や甥っ子と家族揃って迎えることになっていたものの、今年は風邪や手術を控えているということで誰も来られず、なんだかさえないクリスマスになってしまいましたが、サンタクロースはやって来ました。
トナカイのひくソリではなくて、車でやって来たのが現代的でしたが(笑)。

jul2012_02.jpg

直前までサンタにヘリコプターや清掃車のオモチャを頼みたい!と言っていたくせに、いざ本人を目の前にするとビックリしたのか後ずさり、おじいちゃんの影に隠れてもじもじする息子。クリスマスツリーの下に置かれた家族へのプレゼントを一緒に皆に渡してやっとサンタをまじまじ見られるようになったのでした。
「お父さんとお母さんの言うことをよく聞いて、いい子でいるように」というサンタの言葉に「はい!」と返事だけはいいけど、さっそくキョロキョロすぐ人のプレゼントまで勝手に開けようとしたり、相変わらず落ち着きがないのでした(苦笑)

滞在中のロヴァニエミの温度は−20度もない位で、例年に比べてもそれほどとても寒いという感じではなかったのですが、風邪でダウンしていたので、ほとんど外の様子がわからず、息子をまたサンタ村にも連れて行きたかったのに残念無念…。窓から外の景色を撮るだけで精一杯でした。
やっぱり私は、冬の風景が一番ラップランドらしさがあって美しいと思うので、今回まったく外に出られなかったことは、本当にがっかりでした。
空港から行き帰りの車窓から少しだけ見た、樹氷の白い森は、毎年何度見ても幻想的で美しいなと思います。
ヘルシンキに戻ると木に積もっていた雪もほとんどなくなっていて、やっぱりラップランドの方が寒いなぁと感じたのでした。


jul2012_04.jpg


今年もあと僅かとなりました。
穏やかな新年をお迎えください。




関連記事

2012.12.29 | ロヴァニエミ Rovaniemi

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。