奥会津にて

日本滞在中は新潟から奥会津へも足をのばして来ました。

dalarna02.jpg

旧南郷村にある、以前から一度訪れてみたかったゲストハウス「ダーラナ」へ福島から妹の夫も合流して家族全員で宿泊しました。

dalarna01.jpg

ゲストハウス「ダーラナ」は東京・六本木にある北欧料理レストラン「リラ・ダーラナ」のオーナーが、会津の伝統的な古民家である”曲屋(まがりや)”をスウェーデンのダーラナ地方の田舎屋風に改装して作り上げたもので、茅葺き屋根と漆喰の白い壁、大きな朱色のダーラヘストが佇む外観、和洋折衷の独特の風情が落ち着く宿でした。
部屋は洋室と和室とあり、私達家族と妹家族、父とで3室使わせてもらえました。

dalarna03.jpg

dalarna04.jpg

約150年前に建てられたという家の天井には太くて頑丈そうな立派な梁が張り巡らされており、夜になると今も使われている囲炉裏に火が入り、冷え込む夜も家中暖かで、囲炉裏を囲んで宿泊客同士でおしゃべりしたり、ほっとする空間でした。
広い畳敷きの和室で子供達が父とわいわい遊んでいる姿を見ていると、子供のころ夏・冬休みになると農家だった祖父母の茅葺き屋根の古い田舎家で過ごしたことを思い出し、とても懐かしく感じました。

irori.jpg

食事は朝夜と付いていて、料理人であるオーナーが腕を振るう食事もとても美味しく、北欧風家庭料理が基本なので旦那さんも食べやすく感激していました。到着した夜は蔵の中の個室にテーブルが用意され、家族全員で食卓を囲んだのは何年ぶりだろうという感じで、思い出深いディナーとなりました。

dinner.jpg

キッチンと洋窓が嵌め込まれた食堂には、スウェーデンやフィンランドのアンティーク陶器やガラス、絵皿が飾られていて、北欧と会津の田舎家の融合がとても印象深く素敵でした。

dalarna06.jpg

dalarna05.jpg


山深い奥会津では、もう紅葉もはじまっていました。

aizu02.jpg

aizu01.jpg

ゲストハウスの裏にあった古いお堂のような朽ちた建物の前に、自然な色合いのグラデーションが美しい名前もわからない実がなっていて、思わず手にとって持ち帰ると、姪っ子が「それ、きれいだねぇ〜」というので、新潟に持って帰りな、と渡しました。

kinomi.jpg

また明日からお父さんと離れ離れの生活が始ると思うと不憫でなりません。家族別々の生活がもう1年半以上も続いています。

震災前までは、こんな風に年に一度でも一時帰国して、福島で家族全員が集まることが当たり前だと思っていました。
しかし震災・その後の原発事故で家族の暮らしは一変し、福島市へは戻らないと決めた妹は実家も処分し、もう原発事故の前には戻れないのだ…と思うと、やはり悔しさが沸いて来てしまいます。
福島に残る父、新潟に母子避難中の妹達のこれからの事を思うと、考えても考えても答えは出ません。

奥会津の山々に囲まれた風景は、心の中にいつもある生まれ育った福島の光景そのもので、懐かしくも切なく、それでもいつか必ず故郷へ帰ろうと思いました。



関連記事

2012.10.28 | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ