スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

木の実のようなaarikkaのアクセサリー

何度かブログでも記事にしたヴィンテージのaarikkaアクセサリー

aarikkablo01.jpg

蚤の市やフリーマーケットなどに行くたびに探していたのですが、なかなか見つからず、そんなある日ふと出かけた蚤の市で、まとめて古いaarikkaのアクセサリーを出しているおばぁちゃんを発見!?
何でもおばぁちゃんの亡くなった伯母さんのコレクションだそうで、あるわあるわ、今迄こんなにまとめて見たことないくらい沢山のヴィンテージaarikkaのブローチやピアス、ネックレスが。どれも素敵で、もう夢中で手にとりました。

aarikkablo00.jpg

赤く熟れて色づいた木の実やベリーのようなデザインが沢山。まるで本物みたいに見えます。
一口にaarikkaと言っても私の好みは、丸いウッドビーズを繋げたわりとシンプルなデザインのもの。今のものと比べると昔のものは、小さな丸いウッドビーズをみっしり繋げているデザインが多く、当時はもっと鮮やかだっただろう色も、時を経ていい具合に褪せて、微妙な色合いと落ち着いた風合いになっているところは、ヴィンテージならでは。そして昔のものはハンドメイドだったそうで、その繊細な作りに納得します。

aarikkablo02.jpg

aarikka03.jpg

とくにaarikkaの創業者でデザイナーのKaija Aarikkaのデザインが好きで、蚤の市で見つけた時は、心の中で小躍りして大喜び(笑)
ウッドビーズというとカジュアルなイメージですが、彼女のデザインはウッドジュエリーと言われるほど完成度が高く独創的です。
ネットなどで調べてもヴィンテージのaarikkaについてはあまり情報がないのですが、1960年代〜70年代のものには個性的だけれど繊細というような共通した雰囲気があるように思います。

もともと収集癖の強い方ですが、今はお店を開いたことによって自分のところだけに溜め込んでおくより、大切にしてもらえる方の元にゆくならその方がいいなぁと、少し所有欲が以前より落ち着いた感じです(笑)

aarikkaのウッドビーズ・アクセサリーは素朴な温かみがあって、どんなコーディネイトにもすっと馴染むような、ナチュラルな雰囲気があると思います。とてもフィンランドらしいブランドじゃないかな、と思います。


aarikkanew.jpg

少しづつ集めたヴィンテージaarikkaを只今Webショップの方にも並べています。すべて自分の好みで集めたものばかりで、どれもとても気に入っています。
今回は木の実のような新品のピアスやネックレスも入荷しています。
これから長い間大切に身につけて、ヴィンテージにしてゆくというのもいいと思います。
自分に娘がいたら母から娘へ受け継いでゆくというのも素敵だなぁと思ったりします。

kaspaikka_blog_bn.gif


関連記事

2012.09.03 | 可愛いもの/好きなもの

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。