白樺かごのワークショップ

ちょっと前の話になりますが、先月kippisちゃんの村で開かれた白樺かごのワークショップに、ちょうど夏至祭のため旦那さんの実家に帰省中だった私も混ぜてもらいました。
白樺の手仕事を始めて数十年というベテランのおじいちゃんを先生に迎え、ほぼ1日中白樺のバックを作りました。

tuohiwaork01.jpg

もともと手仕事は好きでも手先が器用じゃないというコンプレックスもあり、人様の作った物に関心するばかりで、いつも見る方使う方専門だった私。はじめて白樺の樹皮を手にし、超初心者なのに他の参加者の皆さんと同様にいきなり蓋付きのバッグを編むことになり、かなり内心あたふたと動揺してました(苦笑)。
白樺を編むということは、思っていたよりずっと力が必要で、かなり悪戦苦闘…。
途中何度もやっぱり私には無理…と挫折しかけ、もうやめちゃおうかな…などとヘタレな事も思いましたが、先生や一緒に参加されていたプロの作家さんにおんぶに抱っこで、手取り足取りというよりほとんど難しい所は手伝ってもらい、何とか最後まで形にすることが出来ました。

出来上がったバックは、私らしいというか…よく見たら後ろ部分は編み目が一つ飛んでしまってたし(ナゼこういうところに気がつかないのだろうか…)、何だか少々いびつだけれど、不器用な自分にしてはよくここ迄辿り着いたもんだ…という満足感と、下手でも手を動かして物を作ることは、やっぱり楽しいんだなぁと久しぶりに感じることができました。

kinoko_button.jpg

今は蓋を閉めるためのボタンをどうやってつけようかなぁと考え中。キノコ好きの私に昔友達がプレゼントしてくれたキノコの木製ボタンとKippisちゃんがくれたトナカイの革ひも使って付けたいのだけれど、どうやっていいやらわかりません…。お店の商品として仕入れた白樺のポーチの裏表なども観察して、どう付けようか思案中。それもまた楽しいひと時なのでした。

こうすればいいんじゃない?というアドバイス募集中!


関連記事

2012.07.18 | Comments(16) | ハンドクラフト

コメント

マッキーさん
こちらこそ、ご無沙汰してました。
下手でも自分で作るって楽しいものだな、と久々に感じました。
そうそう少しくらい不格好でも、またそれが自分で作ったんだなと実感したり(笑)
スウェーデンはお隣ですし、まだ行ったことのない地方にもいろいろ行ってみたいです。
その時は、お会いできるといいなぁと私も思います!

2012-08-08 水 20:13:06 | URL | maco #- [ 編集]

macoさん、お久しぶりです!
とっても素敵にできていますね。上手上手!
飛んでしまった編み目も、後からずっと思い出せる素敵な思い出になりますね。
手作りの味ってそういうところかもしれませんね。

スウェーデンに来ていたのですねー。いつかお会いしたいなー。

2012-08-07 火 02:36:38 | URL | マッキー #- [ 編集]

> stanislowskiさん
こちらこそご無沙汰しています。
私もまだ手芸などに苦手意識がなかった小学生の頃は、
キットを使って、ぬいぐるみなどを作ったりした事を思い出しました。
いつから手芸が苦手になったのかな、と考えると
家庭科の裁縫の時間に失敗が多く、それで嫌になってしまった気がします…。
ヘタに上手くやろうとして手が緊張したりするから、余計失敗してしまうんですよね…(苦笑)

里帰り、楽しんでください!
私も今年は近くまで帰ろうと思っています。
シャンブルドットの件は、焦らないでくださいね!
スタートを楽しみにしています。

2012-07-26 木 05:28:41 | URL | maco #- [ 編集]

> ハルさん
コメントありがとうございます!
うろ覚えですが、たぶん編み始めは前側からでした。
ハルさんが不器用だなんて、とんでもない!
ブログの記事で今まで製作されたものをいくつか見ましたが
すごく素敵でした!
機織りはこちらでも盛んで、織る場所も公共の施設などがあって借りられるので
いつか挑戦してみたいのですが、今はまだ時間的な余裕がなく実現できていません。

> ひとの手で作られたものには不思議な力がありますね。
> 人と人を結びつけたり。
ほんとにそうですよね!
作品に惹かれて、それを作った方を辿っていって、
実際にお会いしたりということが今迄もありました。
ボビンレースはフィンランドにもあるのですが、
すごい数のボビンを見ただけで、とても自分には挑戦できそうもないという感じです…。

2012-07-26 木 05:22:59 | URL | maco #- [ 編集]

Re: 続

> 鍵コメ07/19さん
ご丁寧な説明ありがとうございます!
なんとか出来そうです!
成る程〜と思う点が多く、よく分かりました!

2012-07-26 木 05:17:15 | URL | maco #- [ 編集]

> Kotora さん
コメント遅れてすみません。
時間がなくて、コメント欄もなかなか開けられなくて…。
ラトヴィアはすごく気に入ったので、来年もできたら行きたいです!
飛行機とホテルのセットを利用したら、驚くほどお安かったですよ。

久々に手作りっていうのをやったので、すごく新鮮でした!
でもやっぱりパソコンを使って何か作業したりする方が自分的には得意なんですが…。
毛糸で結ぶ案も木のボタンと相性良さそうですね!
いろいろ考えているのが楽しいです。

2012-07-26 木 05:14:30 | URL | maco #- [ 編集]

こんにちは。お久しぶりです。
記事を読みながら達成感を私も一緒に味わっています。と、同時に小学6年の夏、仲良しの友人と一緒に作った小さな夏のポーチのことも思い出しました。
すずらん通りの角の果物屋さんを入っていった手芸用品店で材料を買って一緒に製作しました。(通りの名は忘れてしまいました。あの当時こういう専門店があるってうれしかった)適当に糸を通しながらも無事出来上がりました。
蓋を閉めるボタンは蜜柑柄。

昔語りをしたくなるのは同郷だから。。そして、航空券手配しました。全ては里帰りしてからですね。シャンブル・ドット、営業が遅れていることお力を貸してくださったmacoさんに対し心苦しいです。お許しください。

2012-07-22 日 15:14:31 | URL | stanislowski #- [ 編集]

macoさん、こんにちは!

白樺のバッグ、素敵です!どこから編み始めたのかなあ?
キノコのボタンをつけたらぜひまた見せてくださいね。

手を動かして何かをこしらえることって
ほんとうに充実して心も充たされますね。
私も不器用なのに手仕事大好きです。
ひとの手で作られたものには不思議な力がありますね。
人と人を結びつけたり。

このレースの敷物も素敵!

2012-07-20 金 00:14:47 | URL | ハル #jjURaDtE [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-07-19 木 20:41:57 | | # [ 編集]

わ~開いてる!!
なっかなか開けてくれないんですもの~。
もうラトヴィアの、すごく素敵で!
行って見たくなってしまった…。けど先立つものがない…。(涙
でもいつか必ず!
Macoさんほんと趣味が良くて。またその趣味が私も好き!です。
ご自分では作ったりされないんですね。私も見るの専門。ほほう~っと、人の作品をみて感心してるほうです。でも今回のかご、素敵じゃあないですか!!上出来ですよ~!
力仕事なんですねえ…。でも面白そう!
ボタンね。なんか色の毛糸とかで結ぶとかわいいかも?まあでも私が言うことなんで…。さくっとスルーしてください。(爆

2012-07-19 木 06:24:14 | URL | Kotora #- [ 編集]

Linkaさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます!
私もバルト3国や東欧中欧には以前からすごく惹かれるものがあり(とくにハンドクラフトなどに)
これからも少しづつ訪れて行きたいなぁと思ってます!
Linkaさんは手作り大好きなのですね。アドバイスありがとうございます!
皮テープというのは、普通の皮ヒモとはまた違うのでしょうか?
ボタンに足をつけるとは、裏に結び目をつけて抜けないようにすれば大丈夫でしょうかね?

2012-07-19 木 03:52:52 | URL | maco #- [ 編集]

rieさん
久しぶりにコメントありがとうございます!
ストックホルムでも白樺のかごを教えている方がいるそうですよ〜。
ヘルシンキよりワークショップなどに行ける機会が多そうです。
キノコボタンの下に敷いているレースは、ラトヴィアの民芸品市で手に入れたものです。
ボビンレースで編まれているのですが、私も見たことないような模様!と
すぐに飛びつきました。
フィンランドなど北欧でもボビンレースは見かけますが、
なんとなくラトヴィアのものは、より繊細な感じがします。

2012-07-19 木 03:47:02 | URL | maco #- [ 編集]

Re: 自作バッグ、すばらしい!

> takakoさん
いやいや、なるべく荒が目立たないような角度で写真を撮ってるだけでして、
実際は隙間だらけだわ、編み目も雑だわで…大ざっぱな性格通りな感じなんですよ…。
編み物なんて私、中学校の授業でやって以来一度もやったことないですし(爆)
でも久しぶりにパソコンじゃなくて、自分の手を動かして何か作るっていうのは
とても新鮮でした。
民芸品は形とか模様にそれぞれ意味があったりして、その国の伝統文化をいろいろ知るのも楽しいですよね。
ラトヴィアは近いだけあって、フィンランドにもこういうのあるよなぁという物も多くて
さらに親近感がわきました。

2012-07-19 木 03:40:10 | URL | maco #- [ 編集]

コメントするのは久しぶりです。
いつもこちらを覗かせていただきながら楽しそうな買い付けの話や伝統工芸のお祭りなど行ってみたい!と思う内容にますます北欧・東欧の旅への夢が膨らんでいます。
今回の白樺のバッグ作りも手作り大好きな私としてはお近くならぜひ参加してみたかった☆
ボタンつけの案ですが…蓋先端に皮テープでループをつくり、かばん本体にボタン(足をつけ)取り付ければよいと思うのですが言葉で上手く伝わるでしょうか?
宜しければ図解したものをメール等で送りますのでおっしゃってくださいませ☆

2012-07-18 水 21:24:20 | URL | Linka #- [ 編集]

macoさん、お久しぶりです。
白樺のバッグ素敵に出来てますね!
私はまだ経験したことがありませんが、いつか作ってみたいです。

茸のボタンも可愛いですね。
その下のレース、見たことのない編み方で、とても興味が湧いて来ました!
どうやって編むのでしょう・・・

2012-07-18 水 06:26:09 | URL | rie #- [ 編集]

自作バッグ、すばらしい!

すばらしいじゃないですか!
私なんて更に輪をかけて不器用で、(昔セーターを棒編みで編んだ事があるのがちょっと信じられないです、恋の力だったんですな)釘は曲がるわ、縫い目は運針でさえまっすぐいかないわ、、。そんな感じですから手作りでつくられたmacoさんの白樺のバッグは本当に感心しました。ボタンもついたら更にオリジナルで世界に一つだけの大切なものになりますね。
Latviaの民芸品などの旅行記も絵になる小物や民族衣装や刺繍、どれも素敵ですねぇ。それぞれ色んな謂れや、文化や歴史の背景が有るんだろうな、、

2012-07-18 水 05:23:43 | URL | takako #- [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ見える非公開コメントです。

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ