スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

旬を味わう

フィンランドで春にお店に並ぶ野菜というとホワイトアスパラガス、グリーンアスパラガスがあります。他ヨーロッパの国でもホワイトアスパラガスは春の訪れを象徴する野菜のようです。ただしフィンランドの場合は国産ではなく輸入物なのですが…。
日本に住んでいる時は缶詰が主流で生のホワイトアスパラガスって滅多に見かけませんでしたが、こちらではホワイトもグリーンも日本のお店に並んでいるものに比べてかなり太くて長くて立派なものが並んでいます。その分お値段の方も立派なんですがね。ホワイトアスパラガスの方が値段高めで一束だいたい4ユーロ前後もします。
そんなわけで、日本では主役というよりは添え物的なイメージのアスバラガスも、こちらではそれだけでメインになるご馳走といった感じです。
春しか出回らないので、まさに今が旬の野菜。

shun.jpg

アスパラガスは切らずに丸ごと調理することが多いのがヨーロッパ流というところでしょうか。茎が太いので皮も固く、上の方までピーラーで剥いてから調理します。
この日は最近手に入れたSTAUB(ストウブ)の鍋に丸ごと入れて、上にはパルミジャーノ・レッジャーノ、オリーブオイル、パン粉を混ぜたものをかけて、焼き色がつくまで無水グリルしました。

staub02.jpg

STAUBは無水調理に向いているとは聞いてましたが、野菜本来の自然な甘さも感じられて、まさに旨味が凝縮されるというか、もっぱら野菜の無水調理に大活躍です。
STAUBというと個人的にはルク鍋に比べてデザインや色が無骨に感じていたのですが、「アボガド(限定色?)」という珍しく明るい色を見つけたので思わず手に入れてしまったというわけです。
今回も日本のネットショップからかなりお安く手に入れることができました。震災後に父がたぶん最後になると送ってくれたのですが、これからはもう日本からの発送はなかなか頼めないなと思うと、大切に長く使っていこうという気持ちがより強くなりました。


関連記事

2011.05.18 | くいしんぼ雑記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。