セウラサーリでリスに会う

昨日も1日初夏のような爽やかな良い天気でした。駅前のカフェで遠方から来た知人親子とお昼を一緒にした後は、友人に誘われ互いに子連れでSeurasaari(セウラサーリ)へ。

seurarisu00.jpg

saari(サーリ)というのはフィンランド語で島を意味するのですが、ヘルシンキは本当に島が多いです。そしてほとんどの島が街の中心部からそう遠くない所にあり、ふらっと気軽に散歩できるのです。
セウラサーリは友人に教えてもらったら中心部からバスでたったの15分で到着しました。
バスはベビーカーと一緒だと当然無料。素晴らしい!これで平日旦那さんが車を出してくれなくても、思い立ったらすぐ行けることがわかりました。

seurarisu01.jpg

友人家族はいつもここへはリスの餌付けに来てるそうで、リスの出没する場所にも詳しく、まるで勝手知ったる我が庭のよう(笑)私も何度もセウラサーリへは来てますが、今日ほどリスに遭遇したことはないくらい、リスに出会いまくりでした。

orava_se.jpg

seurarisu02.jpg

冬馬もリスや雁/がん(hanhi)、白鳥、カモなどを見ては嬉しそうに声を上げてました。
年上の兄貴たちや可愛いガールフレンドに遊んでもらい大満足だったようです。

seurahakucho.jpg

冬の長いフィンランド、春夏のいい季節は驚く程短いので、これからは時間さえあれば外へ、なるべく自然の中へ出かける日々が続きそうです。
天気がいい日は家の中でじっとしてるなんて出来ません。太陽の光の中へ飛び出して行かねば…と何か焦燥感のようなものに駆られるのは、フィンランドに住んでいるからこそなのでしょうね。


関連記事

2011.05.11 | ヘルシンキ/街の風景

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ