スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

被災動物に救いの手を!

今回の震災で被災したのは人間だけではありません。
たくさんの動物も被災し、飼い主を待ちながら取り残されています。
室内飼いだった猫の生存率は10%だそうです…。
このことは猫飼いの自分としても、ずっと気になっていました。

原発問題を抱える福島では、原発避難区域となっている地区には、
飼い主たりとも簡単に家に立ち入ることができず、
残された犬や猫が日に日に衰弱し苦しみながら餓死するという悲惨な現実があります。

人間でさえ大変な時期に犬猫の事など…と思われる方もいるかもしれませんが、
動物といえど家族です。命のある生きるもの達です。
助けに行きたくても行けない、自分も被災されてどうにも動けない、
飼い主の方々の心痛は、どれほどのものかと思います。

そんな状況の中、ボランティアで20km圏内へでも立ち入って
動物達をレスキューしている方々がいます。

今福島に拠点をおく保護活動をされている方が、
福島市に一時シェルターを開設しようとされています。
福島市に一時シェルターを作ることによって、
まだ生きている動物達の救助、一時預かり、搬送がよりスムーズにできるからです。

私も寄付という形でわずかながら応援させていただきました。
この活動に興味を持たれた方、賛同される方は、
下記URLのブログ、WEBサイトを一度ご覧になってみてください。

もう僅かな時間しか残されていません。よろしくお願いします。


社団法人SORA
http://sora.ne.jp/index.html

(社)SORA 福島被災動物レスキュー
http://blog.goo.ne.jp/sora-fukushima

「犬猫救済の輪」動物愛護活動ドキュメンタリー
http://banbihouse.blog69.fc2.com/l


関連記事

2011.04.19 | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。