FC2ブログ

不確かな世界の片隅で

世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス。ここフィンランドも例外ではなく、人口550万程の小国でも感染者は日に日に増えていていて、3月の中旬から国境封鎖、現在まで学校は全校休校(保育園は除外)、医療従事者や警察関連などの職に就く保護者が面倒を見られない子供に限っては小1〜3年生までは登校可能。レストランやカフェなども閉まりテイクアウトやデリバリーのみ、リモートワークが推奨され、多くの家庭が家でひき篭る生活を送っている。

ヘルシンキ及び首都圏は3/27から3週間あまり続いたロックダウンが解除されたものの、個人的には正直まだ早いのではと感じている。引き続き不要不急な外出は避けるようにと要請は出ているものの、北欧の長い冬がやっと終わり春の光が差しこれから短い夏がやってくるこの季節に、外へ出かける人々は確実に増えてゆくと思う。現に今、街中を避けて森や水辺へ行く人々は増えている。
夕方に家のすぐ周りの海辺へ短い散歩に出ても、前からも後ろからもひっきりなしに人が歩いて来たりジョギングしたり、自転車で走り去ったりと、住宅地などは明らかに平時より逆に人が多い…。

1ヶ月前まで世界がこんな事態になるとは予想もしていなかったことだけれど、それまでの日常が日常でなくなる感覚には既視感がある。私の脳裏には震災後の故郷のことが浮かんでいた。目には見えないものに蝕まれてゆくのではないかという恐怖。
この国はこの世界はどうなってゆくのだろう…絶対に変わらない日常などないのだと、また改めて思い知らされる。

swanshu01.jpg

フィンランドでも国境封鎖の前あたりは一時的に買い占めがおこり、トイレットペーパーやハンドサニタイザーの他に食料品で人々が買いに走ったのは、ジャガイモ、冷凍ブルーベリーなどお国柄が出るような物も…。夫はさらに粉に走った。小麦粉、中力粉など、粉さえあればパンもお菓子も作れるということで。
それでも日々の生活は淡々としていて、買い物へ行く回数は週1に減らし、それも直接店には行かずにスーパーのオンラインサイトから購入し夫が車でピックアップするという事を続けている。
息子も夫もずっと家にいるため、焼いても焼いてもなくなるパンを作るため、オーブンとパン焼き機はフル稼働。1日3食みっちり作る気力はもたないので、私が担当するのは2食か1食だけれど、おやつも食べたいとねだられ常に家の中にはお菓子か料理を焼いたり煮たりする匂いが漂っている。
時間だけはたっぷりあるので、少し手間のかかるお菓子作りに挑戦したり、オンラインで好きなミュージシャンのライプを見たり、エクササイズ動画を一緒にやったり、世界中どこに住んでいても今やネットで同時に繋がっていろいろな事を見たり聞いたり出来るのはすごいなと思う。

macaron00.jpg

学校のオンライン授業がある朝は時間通りに息子を起こすけれど、他はもう何時に寝て起きてもあまりうるさく言う気もなくなり、もはやほとんど曜日の感覚もなくなってきた…。
ずっと透明なシェルターの中で暮らしているような感覚だ。




2020.04.16 | 暮らし

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ