スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

草間彌生 Infinity

今週1週間、ヘルシンキの学校は秋休みだった。休み最後の日曜日は、ヘルシンキ・アートミュージアムで開催中の草間彌生「Infinity」を冬馬と見に行った。

kya01.jpg
会場入り口には、お馴染みの水玉オブジェが天井から釣り下げられていて、すでに草間彌生の世界が始まっていた。

kya03.jpg
kya02.jpg
鏡を巧みに使い、水玉で埋め尽くされた空間や、うねうねと伸びてゆく水玉模様の不思議な生物、無数のてんとう虫のような水玉模様のLEDライトが水面に反射しながら徐々に色を変えてゆく、といった無限な広がりを感じさせるインスタレーション作品は、大人も子供も楽しめる。

kya04.jpg
天井も床も入り口も出口も一瞬自分がどこにいるか分からなくなるような強烈なカラーの空間に入ると、頭の中がちょっとしたパニックになる。永遠にこんな空間に閉じ込められたどうしよう…と薄ら恐怖を感じる人もいるかもしれない。

kya06.jpg
草間彌生は、子供の頃から幻聴や幻覚に悩まされ、そこから逃れるためにそれらを絵に表現し始めたらしいけれど、作品を見ているとなんだかその感情がわかるような気持ちになってくる。単に鮮やかな水玉模様のポップな作品世界ではないことが理解できる。

kya05.jpg
それでも子供たちは、素直にその摩訶不思議な空間を楽しんでいた。
草間彌生がひたすらマジックペンで、増殖してゆくアメーバのような生きものを描き続けている映像が流れていたのだけど、冬馬はカッコいい!と言って、ずっとそれらを飽きもせず食い入るように眺めていたのが意外だった。子供は直感的に感じているのかな?と思ったり。

kya07.jpg
展示を見終わって入り口を出た所には、すべてが白い部屋があり、そこを訪れた人達は一人一人水玉のシールを渡され、各々好きな場所に貼るという参加型のインスタレーションも行われていて、それらも子供たちは楽しんでいた。

草間彌生の作品を前回見たのは、2004年の森美術館の「クサマトリックス」以来で、それから実に12年ぶりの展覧会は、まさかフィンランドでまた見られるとは思っていなかったので、なかなか感慨深いものがあった。
この北欧での回顧展は、デンマークを皮切りに夏はお隣スウェーデンのストックホルムで開催され、10月からヘルシンキへ巡回して来たのだけど、一番明るい季節の夏の方が作品に合っていたのに…という声を聞いたりもして、私もちょっとそう思っていたけれど、逆に太陽の光りがどんどん少なくなってゆく今の季節に来てくれて、パワーをもらえた気がする展覧会だった。

スポンサーサイト

2016.10.24 | アート/デザイン

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。