スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

無花果と石榴のガトーショコラ

今年の夫の誕生日ケーキは、いつものガトーショコラの上に秋らしく無花果とザクロの実をのせてみた。
ガトーショコラだけだといいかげん私が飽きるので、毎回違う果物をのせてみることにしている。夫の好みとかはあまり関係ない(笑)。

hvp2016_01.jpg
無花果はフィンランドでは高級品という感じの扱いで、スーパーなどでも一つ一つ紙が敷いてあったり包まれていたりするのだけど、今年は何故かいつもの年よりかなり値段が下がっている気がする。無花果は元々大好きなのだけど、フィンランドで売られているものは、鮮度もあまりよくなく小さめで、買うのをためらうことが多かったけど、今年は大きめでイタミも少なく新鮮な感じで嬉しい。

hvp2016_02.jpg
ザクロは今まで馴染みがなかったのだけど、なぜか最近夫がよく買って来て、冬馬も好きで、1個剥いて出すとスプーンでザクザクすくいながらあっと言う間に食べ終わる程、家族みんなが好き。中に種?のようなものが入っているけれど、うちでは丸ごと食べている。プチプチした食感も私は好きだ。
この二つが、意外と濃厚なガトーショコラに合っていて、口休めにになるし美味しかった。

hvp2016_03.jpg
夫の髪もこの頃ではだいぶ白くなり、先日まじまじと見るとサイドはほぼ真っ白というか地毛と合わさって銀色に。
このままいけば順調にロマンスグレーになるだろう。そんな時、この人、私と一緒になってだいぶ大変だろうなぁと、人ごとのように思う(笑)。そこは運命と思って諦めてほしい。
というか、もう諦めていると思うけれど(笑)。夫よ、これからも、よろしく。
お互い着実に年を取ってるなぁ…と感じる夫の誕生日であった。

スポンサーサイト

2016.09.20 | くいしんぼ雑記

7歳の誕生日

kuriroll03.jpg
早いもので冬馬も7歳。最近はずいぶんと成長したなと思うことも多くなってきた。
今年のバースデーケーキは、本人からのリクエストで栗クリームの抹茶ロールケーキ。昨年までにくらべ、なんだか渋い雰囲気。キャラケーキはリクエストされなくなり、ほっとしている(苦笑)。


kuriroll02.jpg
フィンランドでは栗を食べる習慣がないけれど、いちおう秋になると栗は売られていて、最近はフランス産の丸ごとマロンが入ったホールやピューレの缶詰やチューブ入りのマロンクリームなども見かけるようになり、マロン系のお菓子はわりと作りやすくなった。飾りに何年かぶりでメレンゲきのこも作ってみた。

kuriroll01.jpg
今年も誕生日会を開いたけれど、いつもいろいろお菓子を作っても、子供達は遊ぶのに夢中でほとんど手をつけないことが多く、冬馬にも皆食べないからそんなに作らなくていいよと言われたので、カップケーキを作ったくらいで、後は市販のお菓子をちょっと出しただけ。今までで一番準備は楽だった。
今年は誕生日がちょうど日曜に来たので当日に誕生日会を開き、前日の土曜日は友達家族と遊園地へ行き、前々日の金曜日に冬馬の好きなお寿司を作ってバースデーケーキも家族だけで食べた。
そんなわけで、そろそろ誕生日会を開くのも来年か再来年あたりまでで終わりかなぁと思ったり。

kuriroll04.jpg
8月から冬馬も小学校に入学。学校は毎日楽しいと言って通学しているのはいいことなのだけど、楽しすぎて家になかなか帰って来なくなってしまった(苦笑)。
最初の1週間くらいは親が送り迎えしていたが、自分一人で行きたいと言われ、それ以降は一人で通学するようになった途端に、毎日のように寄り道をして、子供の足でも家から学校まで10分もかからない近所なのに、帰宅まで30分~1時間以上もかかっている…。
フィンランドは共働きが一般的なこともあり、帰宅時に親が家にいないことが多いので、ほとんどの子が入学時から携帯電話を持っているのだけど、ひどい時は学校から真っ直ぐ友達の家に遊びに行ってしまい、そこから「遊んでいい?」と電話してくる。そして何度も、もうそろそろ帰って来なさいと電話しても、もうすぐ帰る、今もう帰る途中と言いながら帰って来ない…。
だいたい小学校はお昼ご飯を食べたら授業は終わりで、その後そのまま学校内で16時まで学童に参加しているので、友達とはそこで充分遊んでいるはずなのに、まだ足りないらしい。さらに夕ご飯を食べ終わった後も、外へ出て友達とポケモンGoがやりたいと言い出す始末。さすがにそれは週何回か必ず大人が一緒に行くと決めたけれど。
急速に行動範囲が広くなり、冬馬の世界が広がっているのを感じる。それが喜ばしくもあり、少し淋しい気もする今日この頃。

7bd.jpg

2016.09.12 | こども部屋

男の子の好きなこと

poika01.jpg
男の子の好きなこと。
棒っ切れや木っ端を見つけて、持ち歩いたり振り回すこと。
石や砂を海や川へ投げること。
そして木登り。

poikao2.jpg
poika03.jpg
冬馬も木登りが好き。気に入った枝を見つけると持ち帰りアパートメントの入り口の植え込みに何本も隠しておく。
散歩中、かなり大きな石でもウンウンいいながら運んで来て、海へボチャーン!と投げ捨てる。
そして男の子同士で、木の切れっ端や廃材をどこからか持ってきて、秘密基地まで作りはじめた。

ooki01.jpg
最近の冬馬お気に入りの絵本は、日本から取り寄せた「おおきな きが ほしい」作:佐藤さとる 絵:村上勉。
木の上の家、ツリーハウスはフィンランドでも人気がある。
大人だって、幾つになっても木登りをしてそんな家で遊んでみたいと思う。

ooki02.jpg


2016.09.04 | こども部屋

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。