スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アロニア チョークベリー

今年もこの黒い実を摘んできたわけですが、まだしつこく食べられるのか疑っている夫を横目に、たしかにエルダーベリーにしてはなんだか実が大きいような…と気になり出して、いろいろ調べたところ、アロニア(チョークベリー)という実だということが分かりました…(汗)。
北米やロシアではけっこう一般的なベリーらしいけれど、フィンランドではそうでもない感じ。ということで以前に投稿したエルダーベリーの記事は削除しました(汗)。

aronia01.jpg
こちらの実もちゃんと食用可能だったので、ほっと一安心。なんせ今年は2kgも摘んできてしまったもので(苦笑)。
しかも瓢箪から駒といいますか、このアロニアもかなりのスーパーフード!ということが分かりました。
なんでも脂肪燃焼効果が高くメタボにとてもいいとか、抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果もあり、抗アレルギー効果や、眼精疲労にも良く、エルダーベリーのように免疫力を高める効果もあるので、こちらも風邪にも良いそう。なんだか良い事づくめのベリーじゃないですか!

aronia02.jpg
すでに何本もコーディアルを作った後に分かったので、これからじゃんじゃん飲もう。ダイエットした方がいい夫にもかなり必要なので飲ませよう。
生食にはむいてなくて皮に渋みがあるのですが、調べていたら焼酎(こちらではウォッカがいいかも)を吹き付けて冷凍してから使うとよいのだとか。まだ実がなっているので、この方法で冷凍保存して、今度はジャムでも作ってみようかと。

aronia03.jpg
しっかし、どうりでハーブなどに詳しいはずの義母も知らなかったわけだ。調べてゆくと、どうもフィンランドではエルダーってほとんどないのかも?お隣スウェーデンでは咲いていると思われ、IKEAなんかでもジュースが売られていたりするので、そこまでが北限とか…(悲)。
アロニアの方は、めちゃくちゃ耐寒性があるらしく零下30度の土地でも生育するそう。まさにフィンランドにぴったりのベリーですね。



スポンサーサイト

2016.08.24 | 草花木ノ実自然帖

夏の終わりのゼリー

すでに秋の気配が漂いはじめたフィンランド。こちらの夏は、日本の蒸し暑さに比べたら気温もそれほど高くならず、湿気も少ないので過ごしやすいのだけど、夏の終わりから秋の始まりの季節の変わり目は、やっぱり少し体がダルくなり疲れ気味になる。

ciderjelly.jpg
夏はフィンランドの市場にもいろいろな種類の果物が出回り、嬉しくなってついついまとめ買いして食べきれそうもないと思った時は、コンポートにしたりするのだけど、実を食べた後に残るシロップも何かに使えないだろうかと、いつも捨てるのは惜しくて冷蔵庫にとっておく。
ある日、これをゼリーにしたら使いきれるし、今の時期に豊富なベリー類を入れたりすると見た目もきれいでよいかもと思い、ネットでいろいろ見ていたら、サイダーのゼリーというのを見つけた。
さっそくゼラチンを入れて冷やし固め、フォークですくってクラッシュゼリーにして、杏コンポートの残りシロップで作ったゼリーの上に2層にし、桃やベリー類と一緒にグラスに盛りつけてみた。サイダー部分は、ほんのりと炭酸のシュワシュワが感じられて、喉ごしもよかった。
いつもは炭酸はノドが痛くなると言って飲めない冬馬も、ゼリーにすると食べられた。炭酸は疲れによいと言うのもあるのか、夏の帰省から戻った後、体調を崩していた夫が一番喜んで食べていた。

yomilkjelly.jpg
ゼリーはだいたい液状のものなら何でもゼラチン粉で固めて簡単に作れるので、サクランボのコンポートの残りシロップにブルーベリージュースを足して作ったゼリーに、ヨーグルトとコンデンスミルクを混ぜた濃いめのゼリーをのせたものも作ってみた。いろいろ組合せを変えて2層にすると、ちょっとした味の違いが楽しめる。
夏バテ気味の時にも、これならすんなり喉を通ってお腹にもたれないので、夏の終わりにもよさそうだ。

2016.08.13 | くいしんぼ雑記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。