ルイジアナ近代美術館

今回のデンマークの旅で私が一番行きたかった所は、コペンハーゲンの中央駅から電車で40分位の郊外にあるルイジアナ近代美術館。

lousiana00.jpg
こじんまりとした入り口からは想像がつかない程、館内は渡り廊下で奥まで繋がっており庭園が広がっていた。オーレンス海峡を臨む見晴らしのよい美術館は、アレクサンダー・カルダーの動くモビールオブジェが存在感を放っている。

lousiana01.jpg
lousiana02.jpg
緑いっぱいの庭園内には、自然の中に溶け込むようにヘンリー・ムーアの彫像作品などが点在していて、館内には所々にドアがあり屋内と屋外は自由に出入り出来るオープンな作りで、順路など気にせずに自由自在に展示物を見ることが出来る。

lousiana09.jpg
庭園を背景にしたジャコメッティの彫刻も、一枚の絵画のように美しい。

lousiana10.jpg
lousiana03.jpg
lousiana08.jpg
展示作品は多岐に渡り、絵画、彫刻、映像などかなり膨大で全てを見るのにたっぷり時間がかかるのだけど、抽象的な現代アートやインスタレーション作品は、子供も楽しんでいて、美術館だとすぐに飽きてしまうかも…という心配はいらなかったようだ。


lousiana05.jpg
lousiana06.jpg
lousiana07.jpg
野外には巨大なピラミッドのようなオブジェもあり、子供達は登ったり降りたり走り回ったり、裏手は森に囲まれていて、長い滑り台で遊べたり、昔からそこにあったような朽ちた大木で作られた橋の作品など、自然丸ごと展示物といった印象で、思っていた以上にスケールの大きな美術館だった。

lousiana04.jpg
小高い丘の上ではピクニックを楽しむ家族連れも多く、人々の憩いの場としても親しまれているようだった。
こちらの美術館は、予想以上に素晴らしかったので、ぜひまた再び訪れてみたいと思った。

駅から美術館周辺は家々が立ち並ぶ住宅地で、歩く道すがら、よく手入れのゆき届いた庭や伝統的な家屋を見るのも楽しかった。デンマークの一軒家はフィンランドとはかなり異なっていて、一階部分まで覆うような三角屋根に出窓がついていて、半地下部分に玄関があるような作りだったり、煉瓦作りが多く日本の茅葺きに似た屋根のある古い家屋も風情があった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2016.07.24 | デンマーク

レゴランド デンマークへ

長い夏休みはすでに終盤へ。かねてから冬馬が行きたがっていた、デンマークのレゴランドへ行って来た。
レゴランドのあるBillund(ビルン)は、フィンランドから直行便も飛んでいるけれど、今回は丁度いい時間のフライトが取れなかったので、コペンハーゲンから鉄道とバスを乗継いで、片道約3時間、往復6時間かけ日帰りという弾丸ツアーで訪れた。

legoland00.jpg
天気はあまり良くなく時々雨もパラついたものの、けっこうな人出で、ゲートについた瞬間からテンションが上がる冬馬。レゴランド内は、ほぼ全てがレゴで出来ていて圧巻だった。お伽噺に出て来るようなカラフルで可愛らしいミニチュアの街の模型は、ずっと眺めていても飽きない。

legoland02.jpg
legoland03.jpg
legoland10.jpg
冬馬はやはりスターウォーズの模型に釘付け。

legoland04.jpg

アトラクションも結構充実していて、園内にある映画館で3Dムービーを見たり、河下りやインディアンの砂金探しなどなど、大人も童心にかえって楽しめる内容だった。

legoland09.jpg
legoland07.jpg
最後はこれもずっと楽しみにしていた、レゴショップへ。何しろ広いのでどれを選ぶか興奮気味だったけれど、フィンランドで売られていないものを本人が選んだ。フィンランドに帰ってから開ける約束だったので、箱を何度も眺めては、ホテルに戻って眠る時も抱えて眠っていた(笑)。

約5時間程の滞在で、また3時間かけてコペンハーゲンに戻ったけれど、それでも目一杯楽しめて、冬馬も満足したよう。たぶん来年になると、レゴへの興味もだいぶ薄れて来そうな気配がすでにあったので、今行けて良かったと思う。


2016.07.23 | デンマーク

9年ぶりのRut Bryk

EMMA(エスポーモダンアート美術館)へ、Rut Brykの展示を見に行って来た。

rut00.jpg
Rut Brykと聞いても、日本ではあまり知られていないかもしれないが、フィンランドデザインの巨匠Tapio Wirkkalaの妻と言うと分かりやすいだろうか。夫妻共々フィンランドでは名の知れたアーティストだ。
Rut Brykの作品はヘルシンキ市庁舎や大統領公邸などの壁面にも飾られている。

rut000.jpg
Rut Brykを初めて知ったのは、今からかれこれ9年前のデサインミュージアムでのこと。
前知識も何もなく訪れた展覧会で、その作品の可憐さや繊細さ、独特のモチーフや色彩感覚にすっかり魅了されたのだった。セラミックアート自体ほとんど初めて触れたということもあるけれど、何でこの人を今まで知らなかったのだろうか!?と、けっこう衝撃的だった。

rut02.jpg
今だったら、日本でも大人気のリサ・ラーソンを思い浮かべていたかもしれない。(Rut Brykの方がもっと前の時代の人だけれど)。
初期の作品はとくに、植物や動物などの身近な物をモチーフとしていて、夢見るような乙女心や子供のような無邪気さが漂っていて、とても愛らしい。

rut03.jpg
中期から後期にかけて制作されたアブストラクト作品は、セラミック製の細かいピースが気の遠くなりそうな程びっしりとモザイクのように組み合わされていて、以前見た時はすごいなぁと感心はしてもそこまで惹かれなかったのだけど、今回9年ぶりに見てみると、その緻密さの中に浮かぶ色彩や浮遊感、見る者の想像力や心象風景を掻き立てるような、それでいて詩的で静謐な佇まいに、改めて唯一無二のアーティストなのだと思った。

rut04.jpg
デザインミュージアムでの展示の時は、まだフィンランドに住む前で、当時付きっていた夫の所に遊びに来ていただけだったので、帰りのことも考えて分厚く重く高価な図録は泣く泣く諦めたのだけど、その後探してもまったく見つからず後悔したので、今回の展示では絶対に図録は手に入れようと決めて行った。EMMA編集の図録は、装丁も洒落た感じで素敵。デザインミュージアム版の方もいつのまにか再販されていたけれど。

rut05.jpg
印刷になると、実際に見た時のエナメルコーティングされたようなキラキラ艶のある釉薬部分と、素焼きの艶のないマットな部分の対比など、質感がなかなか再現しきれていないのが惜しいところだけれど、次回Rut Brykの作品に再会出来るのはいつだろうか…と思いを馳せながら、家でゆっくりと作品を眺めるのは、やはり至福の時なのだった。


2016.07.04 | アート/デザイン

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ