スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

お正月あとのお楽しみ

お正月は、お節のために日頃あまり手を出せない食材も奮発するので、残ってもちょっと贅沢な和食やお菓子を作ることが出来て、それも楽しみの一つだったりする。

siratama01.jpg
今年は黒豆をたっぷり煮たので、妹が日本から送ってくれた白玉を入れて、おやつに。黒豆の汁の半分にはブランデーを入れておいたので、こちらは大人用。これがなかなか美味しい。白玉にはきな粉を入れたものも作ってみた。

siratama02.jpg
優しい味と食感の懐かしい和のお菓子に癒された。ああ、何年ぶりだろう白玉食べたのは…としばし感慨に浸った。欲張って汁をたっぷり入れたので、黒豆が沈んで見えてないけど笑。

mochi.jpg
残ったお餅で、定番の安倍川ときな粉餅も。冬馬は、食の好みがけっこう渋くて、きな粉より安倍川が好き。私はきな粉。フィンランドのクリスマスのお菓子ジンジャーブレッドに使うダークシロップは、黒蜜にかなり近いので、和のお菓子にも使えてこれは便利。

kabobri01.jpg
そして今年のお節では、サツマイモが手に入らず、家にあったカボチャのピューレをかわりにいれてカボチャきんとんにしようと思ったのだけど、缶詰の栗が茶色かったし、味も見た目もきんとんとは別ものって感じになってしまったので、カボチャにシナモンを入れてブリオッシュ生地に練り込んだ。丸形のパンが作りたくて、手持ちの古いル・クルーゼの蓋のつまみを250度以上の高温でも耐えられるように、ステンレス製につけかえたので、ちぎりパン風にして焼いてみた。

kabobri02.jpg
これがモッチモチ〜に出来てなかなか美味しかった!色もカボチャの黄色がきれいに出た。
朝食にバターたっぷりの甘いパンを頬張る私を、甘いパンは食事中には食べない一般的なフィンランド人の夫は、「おいおい…これを朝に食べるのかい?」という表情で見ていたけれど、食べたら美味しいといってくれた。ほのかなカボチャの甘みも感じられて、これはなかなかいけた。冬馬にはカボチャはプリンがいいのに!と言われ、食べてもらえなかった。モチモチという食感が食べたことがなく、ダメだったらしい。
以前買いだめしたカボチャのピューレの缶詰は、熟す前のものも入っているのか、時々あまり美味しくない缶もあって、これは生地に混ぜ込んで、クッキーやパンにした方がいいなと思った。缶詰だと賞味期限が長いので、また秋が来たらこれで色々作ってみようと思っている。

スポンサーサイト

2016.01.25 | くいしんぼ雑記

氷点下25度

このところ寒波が押し寄せ、一気に今朝は−25℃以下まで下がったヘルシンキ。
暖冬だねぇとずっと言っていたわけですが、甘かった。だいたいこの時期になると、それまでずっと暖かくても、ドカンと下がる日がやって来ることを、毎年なぜか忘れている。

moya201601.jpg
朝起きると、海からモクモクと煙のように朝靄が立ち上っていて、もの好きにもカメラをもって撮影に行ったのだけど(けっこう他にも撮影している近所の人や観光客らしき人々がいた)、すぐには家を出られない。目の前だろうと軽装で行けるような気温ではない。完全防備で、海辺へ歩く。

moya201602.jpg
この位の気温になると、口で息をしていると気道がやられてしまうとニュースで言っていた。私は気管支が弱いので、口を開けると咳が出てしまう。鼻で息をしなければならない。でも水分で鼻の中もすぐにみぞれのようにシャリッとしてくるのだけど笑。
近くで見ると、温泉のようでいい湯加減のようにも見えるのだけど、これだけ外気が下がると逆に水の中の方が温かいのかも。なんとこんな気温の日でも、Avantoと呼ばれている寒中水泳、海に入って泳いでいる人がいるのだ…。海が凍ったら、穴掘ってまで入るのだ…。全裸ではなく水着は着ていたけど、いやはや。

moya201603.jpg
昨日は-20℃前後で、雪もちょっと積もり晴れていて、絶好のソリ日和。Loppiainen(公現祭)で学校もまだ休みだったので、子供たちは家の前にある小高い丘で朝からソリ滑りを楽しんだ。まだギリギリこれくらいの温度までは遊べるけれど、今日はさすがに、いつもほとんど一日中外で遊ばせる保育園も、外出なし。たしか-25℃以下になったら外で遊ばせてはいけないというルールがあったような。

とにかく外は身も心も凍るような極寒だけど、空気が澄んでいてとても美しい。見ているぶんには。
プリスクールの迎えに行った帰り道、冬馬は「一番星が見えるよ!」と嬉しそうにしていた。子供はいつでも元気。


2016.01.08 | 草花木ノ実自然帖

重箱とお節

ラップランドから帰って来た後の大晦日は、恒例と化したお節作りをした。
今年は重箱があるので、やる気が上がった。

ojyu01.jpg
昨年夏の一時帰国で行った会津で、ずっと念願だった会津漆器の重箱を、白木屋漆器店で見つけることができた。艶やかな漆塗りの黒に、金色の松と朱色の初日の出をあしらった、シンプルでモダンなデザインが気に入った。日の出の部分は一段づつ少し窪んでいて、重箱を持ち上げやすいように作られている。内側の朱赤もアクセントになっている。
白木屋漆器店は江戸時代に創業した老舗で、土蔵作りの建物や和洋折衷の店内もとても素敵だった。小さな美術館のような展示室もあり、見ごたえがあった。

osechi201600.jpg
乾燥黒豆を普通のスーパーで見つけたので、今年は自分で作ってみた。煮ている時に、絶対に豆を空気に触れさせないという、おばあちゃんの知恵袋的な注意を守ったら、ふっくら柔らかでシワも寄らずツヤツヤに出来た。実は今まで黒豆はあまり好きではなかったのだけど、これは小豆みたいに甘くて汁もたっぷりで美味しい。今年は金柑も見つけた。というか、以前からたまに見かける度にそうでは?と思っていて、やっとフィンランド語を調べたらやはりそうだった。これは甘露煮に。キラキラ光るオレンジが美しく、甘酸っぱくて美味しかった。また来年も作りたい。

osechi201601.jpg
お節覚え書き:筑前煮、蒸し玉子、いくらの醤油漬け、黒豆、海老のうま煮、八幡巻き、たたき牛蒡、金柑の甘露煮、なます、枝豆
結構残るかなと思っていたら、昼食に出しただけで、冬馬も夫も全てあっという間に平らげてくれて、お重は空っぽになった。

hisagomeisara.jpg
日本の祝いの形や食材には、それぞれ意味があるので、それを考えながら作るのも楽しかった。
白木屋さんでは、大好きな瓢(ひさご)の形の銘々皿も見つけて、それも手に入れておいた。少しづつ故郷の漆器を揃えて、お正月に毎年使うのも楽しみになりそうだ。


2016.01.03 | Comments(4) | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。