スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ファミリーヒストリー

長い夏休み後半は、夫の実家があるラップランドはロヴァニエミへ帰省した。
今回の帰省では、さらに北上したノルウェイとの国境付近の町にある、ひいおじいちゃんの所有するサマーコテージへ階段をつけるために、夫や義父も駆り出されて作業が始まり、冬馬も男同士の世界に入りたがり、皆の間をチョロチョロ動き回って、仲間に入った気分になっていた。
それにしても、ひいおじいちゃん御年92歳。最近はかなり足腰が弱って来てはいるものの、ロヴァニエミから車で片道3時間はかかるエノンテキオのコテージに、自分で運転して通っているというから驚く。

fami01.jpg
男達が作業している間、私と義母、義祖母(ひいおばあちゃん)は、誰からともなく編み物をしようという事になり、いろいろ教えてもらった。
レース編みが得意な、ひいおばあちゃんから何枚もランナーなどを貰ったことはあっても、義母が編み物などをしている所は今迄見たことがなかったので、てっきりそういう事には興味がないのかと思っていたら、目にも止まらぬ早さで鍋つかみ1枚あっと言う間に編み上げていて、昔はよく義妹と教室にも通っていたという。
その後は、冬馬の着替えがないと聞くと、着なくなった自分のTシャツを型紙もなくサッと切ってミシン掛けして、これまたあっと言う間に小さなTシャツに作り替えてびっくり。
こういう光景を見ると、フィンランド人女性は編み物・裁縫などの手仕事は出来て当たり前なんだな…と感心する。

fami02.jpg
ことのほか今回の帰省では、義母や義祖母と女同士深い話をする時間があり、編み物しながら色々話す中で、今迄知らなかった新事実がいくつも飛び出してきた。
義母がアロマテラピーやホメオパシーのセラピストになる前は、英語教師をしていたのは知っていたけれど、スウェーデン語教師もしていたこと、他にもフランス語やドイツ語も日常会話程度なら話せるということを知って、なんというか、才能にあふれた人なのだった。
さらに、ひいおばあちゃんがロシア語を話せることは知っていたけれど、実は父がロシア人で、家では皆ロシア語で話していたため、国民学校(小学校)に入る迄フィンランド語が話せなかったという。
ラップランドでも極北のロシアの国境近くの村に生まれ育ち、第二次世界大戦後に村はロシア領となったため、ロヴァニエミまで逃げて来たこと。戦後何年も経ってから村を見に行ったら、知らないロシア人が自分達の家に住んでいたこと。話しながら、もう帰るに帰れない故郷の村を地図で指しながら涙ぐむ、ひいおばあちゃんの姿がせつなかった。

fami03.jpg
ひいおじいちゃんは、北方先住民族サーミの血をひいているし、ひいおばあちゃんはロシア人とのハーフ、ということは夫や冬馬にもその血がほんの少しでも流れているというわけで、さらに冬馬には日本人の血も流れているし、かなり色々な人種の血を受け継いでいる一族ということになる。
今まで私のフィンランド語が拙くて、混み入った話があまり出来なかったというのもあるけれど、夫の家族には様々な歴史があることを知ったのだった。

fami04.jpg


スポンサーサイト

2015.07.31 | ロヴァニエミ Rovaniemi

遊んでも遊んでも

aso01.jpg
日本から戻ってもまだ1か月はある息子の夏休み。
フィンランド人の長い夏休みの一般的な過ごし方としては、Kesämökki(ケサモッキ)とよばれるサマーコテージでのんびりしたり、田舎へ帰省したり国外へ旅行したりといった感じ。
家に残っている場合でも、短い夏を森や海や湖などへ外に出て過ごす。

aso03.jpg
子供がいる場合は、連日のようにLeikkipuisto(レイッキプイスト)とよばれる遊具やプールなどがある児童公園へ通う家族も多い。このLeikkipuistoでは、夏休みは子供達へ昼ご飯も配給される(16歳まで)。
我が家も、ほぼ毎日のように、だいたいお昼ご飯に間に合うようにLeikkipuistoに到着し、持参したタッパーなどにその日のお昼ご飯を入れてもらう。毎日のメニューは、予めWebページからも確認することが出来て、グルテンフリーやどんな肉を使っているかなど、詳しく明記されている。
そんなわけでお昼を挟んでだいたい14時か15時頃まで公園でめいっぱい遊ばせる。Leikkipuistoはヘルシンキ市内にいくつもあるので、今日はあっちの公園、今日はプールに入りたいからこっちの公園と、日によって行く先を変えたりもしている。

aso04.jpg
それでも、この時期の北欧は白夜の季節で夜は23時頃まで明るいということもあり、夕ご飯を食べた後もまだエネルギーが有り余っている感じなので、寝る前にもまた近くの公園へ行って一遊びさせないと、冬馬はよく眠れない。
だから1日のほとんどを公園で過ごしているようなものだ。北欧は紫外線も強力で、1時間位でもくっきり跡が着く程日焼けするので、腕や首など日焼け止めを塗っていてもいつの間にか真っ黒に…。

とにかく親も体力勝負という感じで、夫と交代制で外に遊ばせにゆくのだけど、夕方頃になるとくたくたでエネルギー切れという感じで、気がつくとうたた寝してしまったり…。それでも冬馬は全く昼寝もせずに夜までずっと起きていて、四六時中遊びたがっているので、とにかく子供のエネルギーってすごいな…と思う夏なのだった。

2015.07.11 | こども部屋

日本での夏休み

日本の夏は、湿気を含んでいて緑が濃いなぁと感じた。
じっとしていても汗がにじんで来るほど暑い夏。夕立の雨の匂い。しっとりと咲く紫陽花。人混み。
ほんとにこの感覚は久しぶり。

nihonatsu01.jpg
一時帰国中、東京では初めてマンスリーマンションを借りて長めに滞在してみた。
フィンランドに移住するまでずっと暮らしていた中央線沿線の街に部屋がみつかったので、まるで日本に戻って暮らしているかのような滞在ができた。
地元の友人と会って一緒に懐かしいお店を覗いたり街を歩いていると、ずっとここで暮らしていたような、タイムスリップしたような気持ちになった。

息子が生まれてから日本滞在中は、友人の子ども達と一緒に遊ぶ機会も増えて、みんな同時期くらいに結婚したり子供が生まれたりして、独身時代は飛び回ってよく遊んでいたのが、今はお互いの子供も一緒というのはなんだか感慨深い。

nihonatsu02.jpg

nihonatsu03.jpg
長い長いフィンランドの夏休みはまだまだ続く。


2015.07.08 | 日本を想う/福島を想う

帰郷

3年ぶりの一時帰国。成田から真っ直ぐ、震災後はじめて故郷の福島市へと向かった。

kikyo01.jpg
沢山の人々が大きな波に翻弄されたにもかかわらず、久しぶりの故郷は何も変わっていないようにそこにあった。
その何も変わっていないような風景の中に、時折見慣れないものが目に飛び込んで来るのだけれど、それさえももう日常のものとなっていて…。

kikyo02.jpg

kikyo03.jpg

苦しみ、悲しみ、怒り、迷い、願い

それでも毎日は過ぎてゆく

あの日から4年という歳月は確実に流れ

変わったもの、変わらないもの

今もここには人々のささやかな暮らしがある


遠く離れていても、ここが私の原点

私に出来ることは、ここから目を反らさず

これからも見続けてゆくこと





2015.07.04 | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。