パンを焼く

最近になってやっと、パン作りに目覚めた。鍋でご飯を焚くように、ほぼ毎日パンを焼いている。
私が作りはじめたのは、高加水パンというもので、捏ねなくてよく、STAUB(ストウブ)という鍋で焼くだけという、食いしん坊だけど面倒くさがりの自分に合った方法(笑)。

staubpan01.jpg
材料は強力粉、イースト、水、塩のみと、いたってシンプル。高加水というだけあって水分量が普通のパンより多く、長時間発酵が特徴。焼きあがるまでトータルで15時間以上はかかるけれど、前の晩に材料をボールかタッパーに入れてヘラでささっと混ぜ、夜寝ている間に一次発酵させておくので、さほど時間がかかるという感じはしない。次の日にストウブ鍋の中に生地を入れて室温で2時間二次発酵させて、あとはオーブンに鍋ごと入れて焼くだけ。
これだけで、パン屋さんで売られているようなバゲット風のパンが、初心者の私でも出来る。
外側はパリパリ中はモチモチの焼きたてパンは、とても美味しい。
この方法で作れば、失敗するということはまずないと思うくらい、作り方も簡単なので、またすぐ作ろうという気持ちが持続できるのも良い(笑)。

staubpan03.jpg
パンは主食で、夫も息子も毎日沢山食べるので、1斤なんて1、2日でなくなる。ホームベーカリーがあった方が経済的かもと思っていたけど、道具を買い足す必要もなく手持ちの鍋で出来るのはとてもいい。
赤ワインとシナモンスティック漬けレーズン、白ワイン漬けイチジクなどのドライフルーツや、クルミなどのナッツ類、ドライトマトやバジルペーストを入れたり、自分の好きな具材を好きなように入れられるところも手作りならでは。

staubpab02.jpg
コアントローに漬けたドライのクランベリーは香りが良く見た目も鮮やか。
karpalopan.jpg
トマトジュースを入れたら、きれいなサーモンピンク色のパンができた。
tomattimehupan.jpg
フィンランドは粉の種類も多く、ライ麦や全粒粉、大麦、セモリナなどいろいろな粉が普通のスーパーでも簡単に手に入るので、毎日作るうちに配合や配分を変えてみたり。
パンの焼けるいい匂いが部屋中に広がると、何ともしあわせな気持ちになる。
出来たての温かいパンを乾燥しないように布にくるんだ姿は、生まれたての赤ちゃんみたいで、見るたびに柔らかな気持ちになる。

日本に住んでいた頃は、パンが大好きで、美味しいと評判のベーカリーのパンをいろいろ食べ比べたりしていたが、フィンランドに住んでからはパンが主食となり、毎日嫌でも食べるようになると食傷気味になってしまい、あまり食べなくなっていた。
こちらのパンは噛みごたえのあるグラハムやライ麦、オーツ麦などの固いパンが主流で、日本のような白くてふわふわしたパンはない。何年も固いパンを齧っているうちに顎関節症になり…、ここ最近はさらにパンを食べなくなっていたけれど、鍋でパンを焼きはじめてからは、焼きたては柔らかめなので、顎にも優しい(笑)。
仕事の合間をみて、夕食の時間に間に合うように、ぱぱっとパンを焼くことが、このところの日課になっている。


2015.03.26 | くいしんぼ雑記

誕生日

今日また一つ年を重ねた。
昨夜は、ヘルンシンキ上空にもオーロラが出て、我が家の窓からも淡いグリーンの帯がたなびく様を眺めることができ、とてもめずらしい事なのでなんだか嬉しかった。

synkakku01.jpg
今日は冬馬が保育園へ行っている間に、夫が3種類のチョコレートが重ねられたケーキを買って来た。冬馬はチョコレートもクリーム系も好きじゃないので、私達の好みで買ったケーキは食べられない。居ぬ間に二人でこっそり食べた(笑)。人に作ってもらったケーキを食べるのは久しぶりだった。
フィンランドでは、特別な日以外ほとんどケーキは食べない。ケーキ屋さんというのがあまりないし、気軽に買うような値段でもない。普段コーヒーと一緒に食べるお菓子は、シナモンロールなどペストリー系の甘いパンなのだ。

synkakku02.jpg
あっと言う間に40代も半ばを過ぎたけれど、自分の年齢のことは健康面意外あまり考えなくなり、人の年齢もほとんど気にしなくなった。
フィンランドでは年齢を聞かれるということがまずない。何歳だからこうあるべきというような事もなく、50代になっても学校へ行く人もいるという国なので、人それぞれという感じで、何歳になっても何をするか決めるのは自分の自由だ。年齢の縛りのようなものからずいぶん開放された気がする。

haruyoi.jpg
結婚も出産もかなり遅い方だったので、今が子育て真っ盛りの私。年を重ねることを噛み締める余裕もなく、毎日があっという間に過ぎてゆく。
長い間、自分のためだけに時間を使って来たので、騒々しく混沌とした毎日にときどき呆然としたりもするし、家族がいるということに未だに慣れていない自分がいたりもするけれど、今は3人乗りの船も、いつかはそれぞれの船に乗り換える時が来るのかもしれない。
だからこそ、今この時を生きてゆく、なんだなぁと思ったりもした誕生日。


2015.03.18 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ