夜がこわい

yo01.jpg
もう3か月位、冬馬が夜中に起きることが続いている。
突然叫び声を上げて、夢に怪獣が出てきたとか、トラムの走る音がするから、風が強いから眠れないなど、何かしら理由をつけて毎晩起きる。
元々寝付きも悪く眠るまでグズグズと愚図って時間がかかるのに、やっと眠ったと思っても3、4時間毎に起きるので、夫も私もその度に起こされて、途切れ途切れにしか眠れない日が続いている。眠れない原因をいろいろ調べているうちに、夜驚症というものを知った。夜驚症は3歳~6歳くらいの子供には珍しくない事らしい。
赤ちゃんがえりのようにもなって、こわいから私達のベッドで寝たいと駄々をこねたり、サイドランプを朝までずっとつけっぱなしにしないと眠れなくなってしまった。
一度目が覚めると私達が起きて来るまで叫んだり、家中の明かりを全部付けてまわって話しかけ続けたり、なかなか眠れないというか眠りたくないようで、しかし朝になるとやはり眠くて仕方ないらしく、保育園にも1時間以上も遅刻して行ったり…。

yo02.jpg
5歳になってしばらくして、この症状が出るようになった辺りから、乳歯も抜け始めた。
自分の子供時代を振り返ると、最初に歯が抜け出したのは小学校に入った辺りだと思っていたので、こんなに早く抜けるものなのかと少し驚いた。
最初に抜けた歯は保育園でお昼寝中で、どこにいったか分からなくなり、2番目は保育園の子が悪ふざけしてぶつかって来て、ポロっと取れてなくなり…。突然歯が抜けて驚いて泣いていたら、他の子に、「夜寝る時に抜けた歯を枕の下に入れて置くと、朝起きたらコインになってるんだよ。」と言って慰められていた。しかし、抜けた歯は一つも手元に残っていないのだけど。
今朝起きると夫がすばやく枕の下に2ユーロ硬貨を忍びこませたようで、お金が入ってた!と喜んでいた。

成長するにしたがって自然に眠れるようになればいいのだけど、それにしても親の方もずっと睡眠不足が続いて参っているので、保育士に相談してみたら、子育てを支援する市の専門機関があるので、そこで児童心理カウンセリングを受けてみてはどうかとすすれめられた。
冬馬の話に少しでも耳を傾けようといろいろ尋ねても、わからない…としか言わないことも多く、まだまだ言葉に出来ない事がたくさんあるようだ。
からだも心もすごいスピードで成長している冬馬の中で、今何が起こっているのだろう?
何を見て、何を感じているのだろう?

yo03.jpg

このところの温かさで凍っていた海の氷もとけてしまった。
冬馬の心の中にある固い氷のカケラも、いつか溶ける日がくるのかな?


2015.01.17 | こども部屋

フィンランドでおせち作り 2015年

明けましておめでとうございます。

ロヴァニエミから帰宅後、今年のおせち料理は、体調が思わしくなかったのでパスしたかったけれど、帰省前に品切れを予想して、すでに様々な日本食材や野菜類を買い込んでしまっていたので、それらを無駄にしたくない一心で、フラフラしながら台所に立った。料理し始めるとけっこう熱中してしまい、一日中立ちっぱなしで疲れたものの、作り終えた時には咳や頭痛などはすっかり吹っ飛んでいた。
いつもの、お雑煮、お煮しめ、酢れんこんなどを作り、あとは手に入れておいたカマボコや黒豆、塩茹での海老を買って来た。

20150sechi.jpg
福島のおせち料理でよく食べる、青豆と数の子を合わせた「数の子豆」は、今年は冷凍の枝豆が手に入ったので代用。数の子は無理だけど、黄色でつぶつぶした卵のようなものがこちらのスーパーでも売られているので、それを合わせたら見た目はちょっとそれらしくなった。このつぶつぶ、フィンランド語の名前を見ると魚の卵ではなく海藻らしいのだけど、どういうものなのかよくわからない。ちゃんとレモンで塩味もついているので、和えるだけで簡単。味も「数の子豆」に似てる…と言えなくもない。

kazunokomame2015.jpg
他に今年は栗きんとんも作った。フィンランドでも秋に少しだけ栗が出回るので、その時に甘露煮にして冷凍しておいたので、今年はなんとか作ることが出来た。くちなしの実は手に入らないけれど、サツマイモをオレンジ果汁で煮ると色がつくという、知恵袋的情報を見てやってみたら、けっこうちゃんと黄色くなった。
今年は、妹が日本からお餅を送ってくれて、お店でもいろいろ手に入ったので盛るだけのものも多く、短時間で何種類もお皿を埋めることが出来て助かった。

kurikin2015.jpg
冬馬は食べないかも…と思っていた、「数の子豆もどき」は意外に好評で、沢山食べてくれた。一方これは好きだろう、と思っていた栗きんとんは、見ただけで最初拒否されガックリきたが、私が食べているのを見てイヤイヤ一口味見したらイケル!と思ったらしく、後からパクパクもっとないの?と聞いてくる程食べた。
夫はというと、フィンランド人にしては初めての日本食材でも大人しく受け入れて食べる方なので、一応一通り全部食べていたが、頭の中では「ナンダっ!?コレワっ??」と渦巻いているのが表情からわかる(苦笑)。それでも付き合って食べてくれるので、ありがたいけれど。

海外で材料も揃わないし、家族も日本人じゃないし、作らなくてもまったく問題ないおせち料理だけれど、日本のお正月気分を少しでも味わいたいという、悲願にも似た気持ちが私におせちを作らせる(笑)。
移住してからすでに6年日本でお正月を過ごしていないけれど、いつか冬馬にも本当のお正月を味わってもらいたい、と思ったりもする年の始め。

今年もよろしくお願いします。

2015.01.05 | Comments(12) | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ