スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

夏の小旅行

フィンランド各地で連日30度前後まで気温が上がり猛暑が続いているため、クーラーどころか扇風機さえないのが普通のフィンランドの家を逃れて、西部のトゥルクへ向かったものの、あちらはヘルシンキ以上に暑かった…。
クーラー目当てにホテルに一泊して、その夜は久々にゆっくり眠ることが出来た。
翌日は、冬馬の希望でナーンタリにあるムーミンワールドへ。

muumimaa02.jpg

muumimaa03.jpg

ミーやスナフキンは着ぐるみではなくて人が扮装しているのだけど、キンキン大声でうるさく話している子がいるな…と思ったら、ミーだった(笑)。そしてイケメンすぎる爽やかなスナフキンは、足が長ーい(笑)。
冬馬が好きなのはHaisuli(ハイスリ)という黒いモジャモジャの生きもの。日本名だと何でしょう?ちょっとマイナーなキャラなので、なかなか出て来なくて、やっと出て来たので握手してもらえば?と言っても、もじもじしていて、あっと言う間にバイバイ〜といなくなってしまった。

muumimaa06.jpg

muumimaa05.jpg

muumikeittio_20140731042044215.jpg

小さな島全体がムーミンワールドになっているのだけど、日本人が思い描くようなテーマパークや遊園地を想像して行くと肩透かしを食うと思う(苦笑)。ムーミンのキャラクター達の小屋も所々に立っているけれど、そこはフィンランド、全体的にゆるーい感じで仕掛けなどもそんなに凝ったものはない。

muumimaa01.jpg

muumimaa07.jpg

ムーミンワールドは、どちらかというと自然の中で散策を楽しむという雰囲気の方が強く、島内に張り巡らされた遊歩道を、暑さに息切れしながら歩き周る親と嬉々として走りまわる息子…。ムーミン屋敷など天辺まで登る頃にはちょっと目眩がした(苦笑)
ここが開館している時期は、6月〜8月迄と、たったの3か月。一年の半分以上は閉館しているというところも、フィンランドらしいというか。

muumimaa00.jpg

muumijuna.jpg


【“夏の小旅行”の続きを読む】
スポンサーサイト

2014.07.31 | ナーンタリ Naantali

海のゆりかご

なかなか気温が上がらず肌寒い日が続いていた最近、もうこのまま夏はフェードアウトしていくのか…と、ガックリしていたものの、今週に入りまた夏日が戻って来て一安心。

kjmeri.jpg

フィンランドでも気温25度を超えるとHelle(夏日)と呼ばれ、猛暑という感覚。新聞でもいちいち記事になる程盛り上がり、その嬉しがり様は熱烈だ。日本に住んでいた頃は夏が大の苦手だったのが、フィンランドで暮らす今では、毎日天気予報を見て空模様に一喜一憂し、夏にたいする情熱のようなものが天と地ほども違う自分に驚く。

mtlaituri01.jpg

mtlaituri02.jpg

以前の記事にも書いた、家の近所のMattolaituri(マットライトゥリ)では、老いも若きも海へ飛び込み、マット洗いに精を出していた。
周辺の水深はけっこう深くてビーチもないので、大人や大きい子が海に入るのを横目に、冬馬も泳ぎたそうにしていたけれど、まだちょっと難しい感じ。救助用のボートも設置されているけれど、とっさにはとても無理そうだ。
こんなローラーにマットを挟んで絞って乾かす台も置かれていて、物干し台には色とりどりのマットが並んでいた。

mtlaituri03.jpg

ちょっと頼りなげに海に浮かんだ古びたマットライトゥリに座り、気持ちのよい風に吹かれて海を眺めていると、近くをモーターボートや観光船が通るたびに、ゆーらゆーらと大きく揺れ、ザブンザブンと大波が押し寄せて来るので、大きな筏にでも乗っているような気持ちになる。
冬馬も怖さと面白さが入り交じってか、思わずキャーキャーと叫んでいた。

mtlaituri04.jpg

このマットライトゥリで、朝な夕なにおしゃべりしたり、泳いだり釣りをしたり、台に寝転び波に揺られながら微睡んだりと、夏の長閑な光景は地元の憩いの場になっていて、息子のお気に入りの場所でもある。

2014.07.22 | 暮らし

夏休み

只今フィンランドは長い夏休み。6月から始まったり、もうすでに終わっている人もいますが、大人も最低1か月くらいは夏休みをとるのが一般的。

kajino.jpg

息子の保育園もJuhannus前に夏休みに入り、その後我が家は引越もあって、てんやわんやでした。
引越といっても、すぐ目の前のアパートメントに移っただけなのですが、逆に近すぎてほとんどの荷物を自分達で運ぶことになり、かなり体力を消耗…。なんと引越で2kg痩せました(笑)。ようやく最近なんとか部屋も落ち着いてきて、体重も暮らしぶりも戻りつつあるという感じ。
5年ぶりの引越で、不要なのに溜め込んで来た物もかなり整理できて、少しだけさっぱりして新鮮な気分。細かいところに不満がないわけではないけれど、二面の窓やバルコニーから港や海が眺められるのは気に入っています。
以前の中庭に面したバルコニーの方が、通りから部屋の中が見えずプライバシーを保てるという点では一番理想的ではあるけれど。

引越の片付けの合間をぬって、アンティーク市などにも行って来ました。

fiska02.jpg

fiska01.jpg

mokko01.jpg

夏は大きなアンティーク市やフリーマーケットも沢山開かれるので、お店を始めてからは出かけないわけには行かない。夏にいろいろ仕入れて秋冬を乗り切るという感じ。なんだかアリとキリギリスが頭に浮かびます。

お店の方は休み明けになったものの、冬馬の夏休みはまだあと2週間程はあるので、ほぼ毎日、天気が良ければ日に何度も外に出て遊ぶという日々。夏は夜も遅くまで明るいので、夕食後にも一遊び。
親の方はヘトヘトな日々(苦笑)。

2014.07.15 | 暮らし

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。