スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

秋も更けて

先週あたりから、晴れてもかなり冷え込んで来たヘルシンキ。
ハカニエミのアジアンマーケットに寄った際、よりにもよって海沿いの公園に行きたがる息子…。

eaki01.jpg

こうなることを予測して、 Gパンの下にはスパッツを履き、ダウンジャケットにマフラーぐるぐる巻き、毛糸の帽子にイヤーマフまでして来たけれど、さ、さ、寒い…。
海風が吹き荒む公園で、それでも元気に遊びまわる子供たち。その様子を身を縮こませ、震えながら見ている親達(苦笑)。

eaki02.jpg

eaki03.jpg

結局30分と保たず、そそくさと帰って来ましたが、まだ公園には黄葉が残っている木が沢山あって、海辺に映えて美しい風景でした。

eaki04.jpg




【“秋も更けて”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2013.10.22 | ヘルシンキ/街の風景

キノコ狩り

紅葉が美しい最近のヘルシンキ。いつもはほとんど黄葉のところに今年は紅葉も混じってとても美しい。今年はいつもより長い時間色づく木々を楽しめている気がします。

mori01_20131015020104285.jpg

この時期、フィンランドの森にはキノコが沢山。キノコ狩りの季節です。
先週末は、ヘルシンキから車で30分位で行ける国立公園へ友達家族と一緒にキノコ狩りに行って来ました。友達の秘密の場所で、さっそくSuppilovahveroというキノコを採りました。
今年はなかなか豊作。

sieni01.jpg

tj.jpg

他にフィンランドの森でよく採れるのは、Kantarelli(アンズ茸)やKangasrouskuと呼ばれるキノコやポルッチーニなども採れます。ラップランドの方では松茸も採れるとか。しかしフィンランド人には食べる習慣がないため、お店には出回っていません。もったいない…。

mori04_201310150201214ad.jpg

そして森へ行った時は恒例のグリル。フィンランドではMakkara(マッカラ)と呼ばれるソーセージを焼いて食べるのが一般的。お店では一つのコーナーが出来る程いろいろな製品が売られています。
木の枝を拾って来て、ナイフで先を削って、ぶすりと刺して火で炙って食べます。

makkara01.jpg

国立公園内など森にはグリルをする場所があり、薪なども用意されているので、すぐに火を起こすことが出来ます。
焚き火でコーヒーを沸かして飲んだりもします。グリル用のコーヒー豆が売られているので、薬缶に直接挽いてある豆と水を入れて沸かします。森ではKuksa(ククサ)と呼ばれる白樺のコブの部分で作られた木製のマグでコーヒーを飲む人も多いです。
外で食べると美味しく感じて、いくらでも食べられそう。

kuksa.jpg


【“キノコ狩り”の続きを読む】

2013.10.15 | 草花木ノ実自然帖

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。