スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

枯葉色のケーキ

先々週に続き、今週末は夫の誕生日でした。9月は毎週のように家族の誕生日が続き(義父もこの週でした)誕生日月間といった感じです。

isasynttari2013_02.jpg

今年は忙しかったこともあり、夫の誕生日ケーキは近所のスーパーで手に入る材料で簡単に手早くできるものということで、ガトーショコラを作りました。これは夫用に作ることが多いケーキ。今回は中に夏に作っておいたブランデー漬けのチェリーも入れて、チョコレートとお酒が好きな夫にはピッタリの大人の味。
ガトーショコラだけだとどうしても地味…。しかしデパートまでベリー類を探しにゆく時間もなったので、手に入ったAnanaskirsikkaを飾ってみました。
見た目はホオズキに似たこの実は日本語だと何と言うのかわからないのですが、フィンランド語から直訳するとパイナップルチェリーという名の通り、味はサクランボです。こちらでは時々お菓子や料理の飾りに使われていて、前から一度使ってみたかったのでこの機会に買ってみたものの、1パックにかなり入っていて全部消費できないかも…。

isashynttari2013.jpg

最後に手持ちのリボンも巻いてみたら、なんだか枯葉色のケーキになりました。
冬馬には一応チェリーの入ってない部分を少しだけあげてみたけど、チョコが好きじゃないので案の定一口食べてみて、ぺっぺ〜っ!?と言われ残されました…。それとは対照的に夫は大喜び。
冬馬は行動や癖などいろいろな面で夫にソックリなのですが、味覚の好みだけは唯一私よりなのでそこだけちょっと嬉しい(笑)。

しかし今回は作っている途中道具のトラブル続出。卵白をハンドミキサーで泡立てメレンゲを作っていたら、ストップの位置にレバーを動かしても止まらなくなり焦りました…。結局コンセントを引っこ抜いて止めましたが、また次に使う時にコンセント入れると同時にスタートしてしまうようになり直らない。一応動きはするのだけど、以前からモーターの焼け焦げるような臭いもしているので危ないかも…。
そして小さいフードプロセッサーも自分の不注意で壊してしまいました…。チョコを砕く時に早くやろうとして固いまま入れたら一発で壊れました(バカ)。変に楽しようとしちゃいかんですね…。
お菓子作りは気持ちと時間の余裕がある時にやらないといろいろ失敗します。

スポンサーサイト

2013.09.21 | くいしんぼ雑記

4歳の誕生日

4v.jpg

先週は冬馬4歳の誕生日でした。
誕生日当日は押し寿司を作って軽くお祝いして、週末に誕生会を開きました。

4v02.jpg

毎年悩む誕生日ケーキ、ついに今年は冬馬からのリクストが来て、最初は飛行機のケーキ作って!と言われたけれど、デコケーキとか作ったことないし形的にも難しそうだったので、お願い汽車にしてー!と変更してもらいました(苦笑)。
しかし汽車でもけっこう四苦八苦…。アメリカの動画などを参考に真似てみたものの、付け焼き刃ではあまり上手くできず…。
バナナパウンドケーキの土台にクリーム塗って飾りで誤摩化し…。ほんとは着色料が沢山のお菓子の飾りとかやりたくないのだけど、誕生日だしということで、グミやキスチョコやオレオなどなど、これだけ一度にお菓子を見た事も食べた事もない息子は舞い上がり、はしゃいで周りのお菓子だけ食べ土台は残す始末…。こらーっ!
まぁ見た目を優先したせいか、自分で食べてもケーキ本体はあまり美味しくなかったので、無理もないのだけど(爆)

4v03.jpg

冬馬にはつい最近までチョコレートを食べさせていなかったせいか、あげても美味しくない!と言って好きじゃないようなので、 親としてはしめしめ!という感じ。
大人用に焼いたスフレチーズケーキの方が普通に美味しくて食いつきもよかった(苦笑)。
来年はもうデコケーキはやりたくないなぁ…と。でもリクエスト来ちゃうんだろうな…。

4v05.jpg

今年はフィンランド人の子も招いたので、冬馬が大好なお寿司が食べられない子もいたりして、ちらし寿司の他にはこれが食べられない子はいないだろうという位フィンランド家庭料理の定番ミートボールや、ミニサンドイッチなども作り、なんだか統一感のないおかしなメニューになってしまった。子供中心のメニューにしたのは今年がはじめて。


【“4歳の誕生日”の続きを読む】

2013.09.17 | Comments(8) | こども部屋

日本が遠く思える

オリンピックが東京に決定して、本当に驚いた。
もっと驚いたことは、安倍首相はじめ招致委員会のプレゼン。
「福島はコントロールできている」
「東京は福島から250キロも離れているから安全」
「健康問題は今までも現在も将来も、まったく問題ない」
何度も何度も頭の中をぐるぐるとその言葉が回っている。

1日300トンもの高濃度放射能汚染水が今も原発から海へ漏れ続けているというのに。
海に国境なんてない。
4号機倒壊の危険もなくなったわけではないというのに。
もしまた大きな地震が来たら、7年後も無事でいられるのか…?
瀬戸際の状態がずっと続いているというのに。

福島を切り離してオリンピックの夢や希望だけを語ってゆくのか。
そのオリンピックも純粋なスポーツの祭典とは思えない。
沢山の犠牲の上に、巨額の金と大きな力が動いている。

祝賀ムードで一杯だという日本のテレビが見られないのは、せめてもの救いかもしれぬ。

日本はこれからどこへ向かうのかと、いつも思う。



2013.09.10 | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。