スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

サンタクロースがやって来た!

クリスマスは例年通りラップランドにある旦那さんの実家で迎えました。

jul2012_03.jpg

しかし行く前から風邪気味だった我が家、着いた日から家族全員悪化して滞在中はほとんど寝込んだまま、家から一歩も出ないままヘルシンキへ戻って来ました…。
最初に風邪をひいた冬馬は真っ先に元気になり、親はまったく回復せず寝込みっぱなし、おじいちゃんがずっと一緒に遊んでくれていました。

jul2012_01.jpg

クリスマスイブのディナーは、ひいおじいちゃんやひいおばあちゃん、義妹や甥っ子と家族揃って迎えることになっていたものの、今年は風邪や手術を控えているということで誰も来られず、なんだかさえないクリスマスになってしまいましたが、サンタクロースはやって来ました。
トナカイのひくソリではなくて、車でやって来たのが現代的でしたが(笑)。

jul2012_02.jpg

直前までサンタにヘリコプターや清掃車のオモチャを頼みたい!と言っていたくせに、いざ本人を目の前にするとビックリしたのか後ずさり、おじいちゃんの影に隠れてもじもじする息子。クリスマスツリーの下に置かれた家族へのプレゼントを一緒に皆に渡してやっとサンタをまじまじ見られるようになったのでした。
「お父さんとお母さんの言うことをよく聞いて、いい子でいるように」というサンタの言葉に「はい!」と返事だけはいいけど、さっそくキョロキョロすぐ人のプレゼントまで勝手に開けようとしたり、相変わらず落ち着きがないのでした(苦笑)

滞在中のロヴァニエミの温度は−20度もない位で、例年に比べてもそれほどとても寒いという感じではなかったのですが、風邪でダウンしていたので、ほとんど外の様子がわからず、息子をまたサンタ村にも連れて行きたかったのに残念無念…。窓から外の景色を撮るだけで精一杯でした。
やっぱり私は、冬の風景が一番ラップランドらしさがあって美しいと思うので、今回まったく外に出られなかったことは、本当にがっかりでした。
空港から行き帰りの車窓から少しだけ見た、樹氷の白い森は、毎年何度見ても幻想的で美しいなと思います。
ヘルシンキに戻ると木に積もっていた雪もほとんどなくなっていて、やっぱりラップランドの方が寒いなぁと感じたのでした。


jul2012_04.jpg


今年もあと僅かとなりました。
穏やかな新年をお迎えください。




スポンサーサイト

2012.12.29 | ロヴァニエミ Rovaniemi

クリスマスシールの額装

あっという間に来週はもうクリスマス。
毎年クリスマス時期になるとクリスマスリースを家のドアの前に飾って、ツリーの樹も今年こそ買って来てオーナメントを飾るぞ!などと思うものの、今年もバタバタしているうちに機会を逃してしまいました…。
クリスマス当日は、ほぼ毎年旦那さんの実家のあるラップランドで迎えるということもあり、まぁあちらには大きなツリーやクリスマスの飾りつけがあるんだからいいか…と結局なってしまう。

denkite01.jpg

そんな忙しさにかまけて、季節の行事ごとの部屋の飾りつけなどほとんどしない我が家ですが、以前せっせと蒐集していた切手の中でもとくに気に入っている1950年代~ 80年代くらいまでのデンマークのクリスマスシールを、やっと昨年額装してもらい部屋に飾っています。

denkite02.jpg


こちらは一番古い 1954年のもの。粉雪の降りしきる中、子供達と白い鳩が描かれています。

denkite03.jpg


こちらは 1963年のもの。赤いトンガリ帽子を被った、フィンランドではトントゥ、デンマークではニッセと呼ばれる小人の男の子と女の子が描かれています。

denkite04.jpg


他には寝室の壁にも1枚。こちらは1982年のもの。これもニッセの男の子と女の子。
赤い林檎ほっぺとシマシマ靴下が可愛い。

denkite05.jpg

denkite06.jpg

デンマークのクリスマスシールの特徴は、シート全体で一つの絵になっているものが多く、しかし目打ちも入っていて1枚づつ切り離してもちゃんと絵になっているところ。ちょっと懐かしいレトロな渋い色合いといい凝ったデザインといい、一つのアートと言ってもいい程完成度が高く、とても素敵なのです。実際には切手として使われていたものではないので額面はありません。


額装の木枠はアンティーク調のものを自分で選び、額装屋さんに作ってもらったのですが、全て同じ大きさでオーダーしたのに、なんと3枚ともまったく違う大きさに仕上がって来た時は愕然としました…(苦笑)。ヘルシンキでは額装屋さんをけっこう街中で見かけるので、気に入った絵などを額装してもらうというのもこちらでは珍しくはない事だと思うのですが。1枚はオーダーより小さくされてしまったので、結局その大きさに他の2枚も合わせてやり直してもらうしかありませんでした…。
まぁでも額装自体の仕上がりは悪いわけではなかったので、結果良しと思ってますが。

この3枚の額は、とくにクリスマスだけ飾ってるいるというわけではなく、1年中飾りっ放しですが、額装したら一段と素敵になって、毎日眺めるたびにやっぱりいいなぁと思っています。
とくにクリスマス時期になると、それらしい飾りつけの何もない殺風景な我が家で、そこだけクリスマスらしくなるので、ちょっと嬉しくなるのです。


明日から我が家は旦那さんの実家のあるラップランドへ向かいクリスマスを過ごします。
すでにあちらは−30度も記録しているとか…。ヘルシンキとはまた違ったラップランドの風景を見て来ようと思います。


2012.12.22 | 可愛いもの/好きなもの

独立記念日

今日12月6日はフィンランドの独立記念日です。今年でロシア帝国から独立して95年が経ちました。
フィンランドはまだ100年にも満たない若い国です。

itsenais.jpg

独立記念日にはフィンランドの国旗と同じ青と白の2本のキャンドルを窓辺に飾ります。
そして街中にフィンランド国旗が掲げられます。
国旗の青は湖と空を、白は雪を表しているといわれています。
北欧諸国の国旗の十字はスカンジナビアンクロスともいわれているようです。

独立記念日といっても、首都でさえパレードなどがあるわけでもなく、祭日でほとんどのお店が閉まり、ヘルシンキは朝から雪も降り出し、とても静かな1日です。
夕方からは大統領が何百人という来賓と握手する様子が延々とテレビ中継され、家族でそれを見るのが恒例です。


2012.12.06 | 暮らし

12月クリスマス・アドベントのはじまり

あっという間に12月。ヘルシンキでは大聖堂前にクリスマスマーケットが出て、フィンランドも日曜日からクリスマス・アドベントに入ります。

yukikuusi.jpg

ヘルシンキなど南フィンランドは昨日から猛吹雪で、あっと言う間に降り積もり辺りは真っ白な雪景色に。我が家は周りを海に囲まれた出島のような地形の場所にあるため、ほんとにすごい雪嵐という感じで、冬馬の保育園の送り迎えも遭難するんじゃないか…と思う程。
そんな天気の日でも保育園では海沿いの公園で何時間も外遊びをさせていて、迎えにいくと子ども達は猛吹雪の中でもソリ滑りをしています。息子を見るとほっぺたは真っ赤だし鼻水垂らしてるし、毛糸の帽子についた雪は凍り付いているしで、ほんとに驚く…。しかし当の本人はまったく気にもしていない様子で、もっと遊びたい!!と元気いっぱい。
親の方が、もう寒いから帰りたいっ…!と必死(苦笑)。

xmasb01.jpg

今年はどんなクリスマスにしようと考えるのも楽しい時期になってきました。いつもは旦那さんの実家のあるラップランドでクリスマスを迎えるため、自宅にはクリスマスツリーを置かないのですが、今年はそろそろ自宅にも小さめのツリーを飾ってみたいと思いはじめています。
お店の買い付けのために日頃から蚤の市やアンティーク市へも頻繁に行くのですが、そこでこの時期目に付くのが年配の方達が昔懐かしいオーナメントをいろいろ手にとって探している姿。モールで出来たサンタやリース、アルミ箔で出来たようなクリスマスボールや星など、国は違えど子どもの頃うちにもこんなオーナメントがあったなぁと思い出すような素材と色合い。これまた年期の入ったダンボール紙のしきりの付いた箱にそんなオーナメントが沢山入って売られていたりします。

それはそれでレトロでいいなと思うものの、私が自宅用に飾りたいオーナメントは、ストロー細工や白樺細工などで作られたもっと昔からある伝統的な手仕事のもの。最近ではあまり人気がないのか、こちらのお店でもほとんど見かけないのが残念です。
今年お店用に友達に作ってもらったのは手編みウールのクリスマスボール。北欧らしい柄がたくさんあって、白樺細工など天然素材のものと組み合わせると、とっても素朴で可愛いのです。ぱっとした華やかさはないけれど、こういうおばあちゃんの家に昔からあるような素朴なオーナメントがやっぱり好きです。

xmasb02.jpg

11月でフィンランドに移住してから丸4年が経ち、Webショップも無事1周年を迎え、時の流れの早さを感じます。クリスマスを彩る小物やオーナメントもお店に並べはじめました。
ぜひショップもご覧ください。

2012.12.01 | Comments(12) | ハンドクラフト

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。