スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

小さな木の実、落ち葉の絨毯

kinomiaka.jpg

だいぶ秋も深まって来たヘルシンキ。中庭の木々も紅葉、というか赤はあまりなくてほとんどが黄葉なんですが、落ち葉が絨毯のようにびっしり。いろいろな木の実も落ちていて、小さな赤い実やドングリを見かけるとついついその可愛らしさに拾ってしまったり。
冬馬も木の実には興味津々で飽きることなく手のひらの上で転がしたり眺めたりしています。

chiisaiaki01.jpg

akinomi.jpg


そんな冬馬ですが、先週から週2回午前中だけKerho(ケルホ)へ通いはじめました。Kerhoとは2歳位からプレスクールに上がる6歳までの子供達が集まって遊ぶ場所です。もちろん保育士さんがいて面倒を見てくれます。保育園はPäiväkoti(パイバコティ)といって別にあり、おもに両親が共働きの家の子が通います。Kerhoは希望によって午前中のみ午後のみと選ぶことができたり年齢別に時間が分かれていたりして、だいたい1日2、3時間程度の保育。

最近の冬馬は家の中や外で遊ぶだけではエネルギーが有り余っていて、それに加えて人見知りもひどく、少しづつ慣らし保育に行かせるのもいいのかも、と旦那さんとも話していた矢先、家のすぐ近所にKerhoがある事を知り、市が運営しているので無料という事もあり、試しに行かせてみることにしたのでした。

ドキドキの初日、親の心配をよそに、なぜかまったく人見知りもせず、すっかり遊びに夢中で、旦那さんや私が時間差で帰った時もまったく泣き叫んだり追いかけて来なかったのは少々意外でした。
迎えに行って保育士さんと話した時も、ずっと泣いたりせず元気に遊んでましたよ~と言われ何だか拍子抜け(笑)同じ年の子と、もっと遊びたそうにしていた。

こうして少しづつ親の手を離れていくのかと思うと、少々寂しい気もしますが、これも成長したということなのかな。

スポンサーサイト

2011.10.18 | 草花木ノ実自然帖

人んちの猫に夢中

hitoneko01.jpg

以前の記事に書いた、アパートの中庭をうろうろしている猫は、どうやら飼い主自身がときどき庭へ放っていることが判明。暑いから出ちゃうのよ~といいながら、ある朝猫を庭にそれっ行きなさい~と放っているのを目撃。アパートに住む子ども達も興味津々でキャーキャー追いかけまわすなどして、猫は庭を逃げ回って大変。冬馬もその中の一人なのだけど、集団で追いかけるわけではないせいか、わりと冬馬が近づいても逃げない。

hitoneko02.jpg

それに気を良くしてすっかり人んちの猫が大好きになってしまったようで、中庭へ出る度に「キッシャ!キッシャ!(フィンランド語で猫はKissa)」と言って猫を探しまわるようになった。しかも呼ぶと出て来たりするからさらに大喜び。
この庭猫ちゃんは、我が家のマメ様と違って冬馬がゴシゴシ手荒に撫でようが頬ずりしようが一向に動じなかったりする。けっこうされるがまま気にもとめてない感じ(笑)

hitoneko03.jpg

hitoneko04.jpg

しかし自分が遊び飽きると、さっと塀を飛び越えて一階にある自分の家へ去ってゆくところが、気紛れな猫様らしいのだけど。もしかしてまた出て来てくれるかも…とか思うようで、帰るよ!と言ってもいつまでも未練がましく見送る冬馬。
なんだか気紛れな女性に振り回されそうな…そんな将来の姿を垣間見るような気がした母なのであった…。

2011.10.08 | Comments(22) | こども部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。