スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

バルコニーで乾杯! Kippis! parvekkella

フィンランドのアパートには「parveke(パルヴェケ)」と呼ばれるバルコニーがついている所が多く、ガラス張りの窓付き(一部開閉可能)の所も少なくない。そんなわけで、ほどほどの広さがあれば、テーブルや椅子、ソファまで置いて、もう一つの部屋のようにして使っている家も結構ある。

parv02.jpg

我が家にも窓付きのparvekeがあり、何棟かで共有の中庭に面していて一目を気にしなくいいので、夏はここでご飯を食べたりお茶したりしたいなぁと思いつつ今まで物置場のようになっていたけど、やっと昨年旦那さんが余ってた木材でウッドデッキのようなものを作って床に敷いてくれたので、今夏は折りたたみ式のテーブルを置いた。

parv01.jpg

風に揺れる緑の木々や青空、中庭の花壇を眺めながらご飯を食べるのって本当に気持ちが良い。
冬馬もしきりに空を飛ぶカモメを指差したり、木に止まる鳥に見入ったりしていた。

parv03.jpg

西向きのせいで夕方は眩し過ぎて夜7時過ぎの夕食に丁度いいのだけど…。西向きのバルコニーなどというと日本では嫌がられるが、冬の日照時間が極端に短い北国のフィンランドでは好まれる方角らしい。考え方が違うので風水などはまったくこの国では役に立たないでしょうね(苦笑)
他に窓付きのparvekeの利点は、雨や雪が入り込まず洗濯物を干していても天気を気にしなくていいってことか。
冬はさすがに寒過ぎてあまりparvekeに出なくなってしまうのだけど、少しでも太陽の光を求めるフィンランド人の習性なのか、真冬でもブランケットを羽織ってparvekeの椅子に座っている人もいたりする。見てるだけで寒そうなんだけども…。

アパートが何棟かでコの字型に建っているせいで、各家庭で趣向を凝らしたparvekeが見えて結構楽しかったりする(笑)日除け用の大きなパラソルが広げてあったり、ランプシェードやキャンドルホルダーをいくつも吊り下げていたり、床にタイルを敷き詰め色採り取りの草花の鉢植えが並んでいたり、カーテンを取り付け絨毯まで敷いて居間みたいになっていたり…と感心する。
我が家はずっと殺風景だったので、これから植物なんかも置きたいな。
できるだけparvekeに出て短い夏を満喫しようと思ったのでした。

parv04.jpg


スポンサーサイト

2011.06.19 | 暮らし

ライラックの咲く頃

syreeni01.jpg

長い冬を経た素晴らしい季節のはじまりは、気がつくといつも家のまわりにライラックの花が咲きみだれています。薄紫色の小さな花が密集して一塊になったような姿が可憐。
フィンランド語ではSyreeni(シュレーニ)と言います。

syreenipoika01.jpg

アパートの中庭や、よく散歩する小径にたくさん咲いていて、通るたびに見とれて香りをかいだり。
いっそ家に一枝くらい持ち帰ってしまおうか、などと思ったり。
散歩中にすれ違うジョギング中や犬連れの人の中には堂々と道ばたのライラックを摘んでいる人もいたりする。しかし小心者の自分にその勇気はなく…。
そんな私の心を見透かしたように、ある日冬馬をベビーカーにのせて散歩中、いつものライラックの茂みの前を通りかかると、ぽつりぽつりと手折られたらしき枝が落ちているではないか。このまま捨てられ枯れちゃってももったいないし…と、ちゃっかりお裾分けにあずかりました(笑)

syreeni03.jpg

我が家には花瓶らしきものといったらこのアアルトのフラワーベースしかないので、とりあえずこれに生けました。曲線の多い形のおかげで、花をもたせ掛けやすいので、意外に使い易いです。

syreeni02.jpg

調べてみると、ライラックってモクセイ科だったんですね。通りで香りが強いわけだ。花の形も似ているし。旦那さんには、香りがきつ過ぎて頭が痛くなると言われ夜になると花瓶ごとベランダに出されてしまいました…。
そして驚いたことに「欧州の民間伝承では白い花のライラックを家に持ち込むと不吉なことが起こるとされている。」とあった。
ひ、ひえー!怖い…紫しか持ち帰らずにいてよかった…。
やっぱり花盗人には罰があるのです…。


2011.06.10 | 草花木ノ実自然帖

花と蝶の襟飾り

昨日は旦那さんの友人の息子君のYlioppilasjuhlaに招待されたので、家族で出席しました。
これは卒業を祝う日で、フィンランドでは高校卒業の時に、親戚や友人を家に招いてホームパーティーを開き盛大にお祝いします。
フィンランドの学校は5月で終了で、8月から新しい学年、入学が始まります。
高校卒業後に大学へ進学するには大学受験資格を得るための試験を受けなければなりません。その試験に合格し資格を得た学生の事をYlioppilas(ウリオッピラス)というそうです。高校を卒業してもすぐに大学に行かない人も結構いるし、もちろん就職する人もいます。またフィンランドは徴兵制があるので軍隊へ行く人も。

そんなわけで昨日は街角にもドレスアップした人々がたくさんいました。この日のために皆かなりドレスアップしていて、男性もフィンランドで普段は珍しいスーツにネクタイの正装をした人がたくさんいました。
そんな中、主役のYlioppilasは白い学生帽を被ります。これはどんなにドレスアップしていても女の子でも被るので、外国人の私から見るとちょっとチグハグな感じがしてしまうのだけど…。
我が家も旦那さんは年に1、2回着るかどうかの一張羅のスーツにネクタイ(今まで2回位しかそんな姿見たことないけど)で出席。私はできれば着物も着てみたかったけれど、小さい子供が一緒なのでついつい楽な服に…。

hanachou_nekku00.jpg

白い麻のシンプルなワンピースに、革細工の花と蝶のアクセサリーを合わせてみました。
これネックレスというより襟飾りといった方がいい程のボリュームで、やたら存在感があります(笑)
ついついこういう変わった物に目がいってしまい、あまり組み合わせのことなど考えずに手に入れてしまうクセが…。
前からフィンランドにしては洒落た品揃えだなぁ(失礼!)と目を付けていたセレクトショップのような洋服屋で衝動買いしてしまいました。
案の定これはフィンランド製ではなく、おフランスからの輸入物でしたが…。
ちょっと凝った作りなので値も張りましたが、いつも子供の物ばかりで自分の物なんてほとんど買ってなかったので、たまにはいいかなと自分へのご褒美です(笑)

hanachou_01.jpg


パーティーにはたくさんの料理やデザート、飲み物が並んでいて、それを見た冬馬は目を輝かせて食い気に走り、お腹一杯になるとお兄さんやお姉さん達の輪に乱入…それにも飽きてしまうと騒ぎだしたので早めに退散となりました。結局いつもゆっくりできない…(苦笑)
17年後には今度は自分がパーティーを開く側になるのかと思うと、それも準備が大変そうだな…と今から思ってしまうヘタレな自分…。
主役の息子君はすでに立派なあご髭を生やしていて、とても10代には見えなかったな…。
冬馬もいずれ声変わりしたり、髭とかすね毛とかたぶん胸毛も生えてくるのね…と考えると、うわっ想像したくない…などと思ってしまう母なのでした(笑)

2011.06.06 | 可愛いもの/好きなもの

一人でも多くの方に知ってほしい 2

先日お伝えした
ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~」
の続報が放送されます。

6月5日(日)22時~ NHK教育
ETV特集「続報 放射能汚染地図」

今回はプルトニウムが検出されるか否かの解析結果、
新たなホットスポットの実態などが明らかにされるそうです。

現実に目を向け、そこから自分の子供や家族、
自分自身を放射線被爆から守ることを考えるきっかけになってほしい、
という思いは今回も変わりません。

ぜひ多くの方に放送を見てほしいです。


2011.06.02 | 日本を想う/福島を想う

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。