スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

クリスマスイベントのお知らせ

北欧フィンランドに魅せられた8人の作家による展示会「Lämminjoulu(ランミンヨウル)2010」が開催されます。フェルト、布小物、アクセサリー、手織りのマットの展示、各種イベント盛りだくさんで、フィンランドのハンドメイドやクリスマスの雰囲気が味わえます。
皆様お誘い合わせの上、ぜひお立ち寄りください!
展示やイベントの詳細はLämminjouluのブログをご覧ください。

lammomjoulu.jpg

<開催期間> 2010.11.30(火)~2010.12.5(日) 11:00~19:00(最終日~17:00まで)
<場所>   ギャラリーTEN (千代田線根津駅 徒歩7分)
        
<イベント>
・カード織りのワークショップ 11/30、12/1、12/2、12/3 12:30~/15:30~(1回2.5h)
・フェルトで作る小さなアクセサリー 12/1、12/3 13:00~/15:30~(1回2.5h)
・カンテレ&マンドリンのミニコンサート 12/4 17:00~18:00
・切手で親しむフィンランド 12/5 14:00~(90分)

スポンサーサイト

2010.11.23 | アート/デザイン

柿喰えば…

kaki00.jpg

コメントいただいておきながら、しばらく放置状態ですみませんでした。
実は先週から突然40度近い発熱に見舞われ、二晩ほど寝たらだいたい下がったのですが、体調があまりすぐれず。
旦那さんにはインフルエンザと言われましたが、よくわかりません。しかし、ただの風邪にしては後頭部が鈍器で殴られたみたいにズキズキ痛み、体の節々もミシミシ痛くてずっと唸ってました…。

11月14日はフィンランドでは父の日でしたが、ケーキを焼いたり料理する気力もなく、かわりに旦那さんが料理したり、冷凍ケーキを買ってきて自分でお祝いして(苦笑)掃除洗濯、冬馬の世話、とよく働いてくれました。その間私はベッドでぬくぬく楽させてもらいました。旦那さんよ、すまぬ…。

persimo01.jpg

風邪の時は柿を食べるようにしてるのですが、ちょうど家に柿があったのは不幸中の幸いか(笑)熱がすぐ下がったのは柿効果なのか。
フィンランドでも柿はPersimonという名前で大きめのスーパーなどへ行けばけっこう普通に手に入ります。スペイン産ブラジル産と全て輸入物ですが、秋だけでなく、ほぼ一年中売られていたりする。見た目は日本の「筆柿」に似ていて、ちょっと縦長で一見渋柿にも見えますが、日本の柿と同じく甘くて美味しゅうございました。他にもKakiという名前で日本の品種と同じものも売られていました。そういえば、こちらで売られている柿って種なしで食べやすいです。
日本に住んでいた頃は秋になってもあまり柿って食べなかったのですが、こちらではお店で見かけるとついつい買ってしまいます。秋冬の貴重なビタミン源です。風邪の予防にもいいらしいです。

sarugaki.jpg

- おまけ -
上の写真は柿にちなんで載せてみましたが、大好きな作陶家フジタチサトさん作の陶器のボタン。お猿さんがしっかりと柿を抱きしめてる絵柄が可愛い。ちなみにフジタチサトさんは一人ではなく、ご夫婦でのコラボ製作の場合のユニット名。


ところで、来週から日本へ一時帰国するので、またブログ更新がしばらくできません。
お猿さんもよく出没する山奥の家へ帰ります。戻りましたら、またよろしくお願いします!

2010.11.17 | 日本を想う/福島を想う

aarikkaのヴィンテージ・ブローチ

先日行ったアンティーク市で手に入れたaarikkaのブローチ。
aarikkaらしい大小の木の玉を組み合わせた、ゆらゆら揺れるブローチは1960年代の物だそうで、月日を経た木の風合と落ち着いた玉虫色のようなグリーン系の微妙なグラデーションもいい感じ。

aari01.jpg

古い年代の物ですがパーツの破損もなく、まだまだ現役で使える状態で、お値段もお店の人がおまけしてくれてヴィンテージにしてはなかなか手頃でした。
aarikka(アアリッカ)は1950年代から白樺や松などの自然素材を使ったアクセサリーやオブジェなどを製造しているフィンランドのブランドで、羊やクリスマスのオブジェなど素朴で温かみがあります。

aari03.jpg

これからの季節、ウールのカーディガンにつけてみたり、

aari02.jpg

革ひもを通してネックレスにしてもいいかもと、コーディネートを考えてみるのも楽しい~。

aari04.jpg

日々の育児に追われて忘れかけていた、お洒落心を思い出させてくれた、お気に入りの一品です。

2010.11.08 | Comments(38) | 可愛いもの/好きなもの

いない いない ばあ

最近の冬馬のマイブームは、「いない いない ばあ」。
これは松谷みよ子さん作の大ベストセラー絵本『いない いない ばあ』からきています。

inaiinai00.jpg

絵本を読み聞かせるのは以前からやってましたが、いないいない…と両手で顔を覆って、ばあっと顔を出すという動作が何度やっても、しつこいくらい大ウケで、やる度に笑顔。最近は自分でも「いにゃい いにゃい…」と言って顔を覆います。なぜか「ばあ」の方は言わないのですが、こんな事がいつの間にかできるようになったとは…スゴい!と親バカ丸だしで、毎日旦那さんと一緒になって、いない いない~とやってます。
絵本の方もお気に入りで、自分の欲しいものなどを指で差し示すようになってきて、日に何度も絵本を指差しで要求。ぺらぺらとページをめくりながら「いにゃい いにゃい」と言ってます。しかし、他の本を見ていても全部「いにゃい いにゃい」と言ってるんですが(笑)

実は冬馬が初めて話した言葉が、この「いない いない」でした。「おかあさん Äiti」でも「おとうさん Isi」でもなく…。ちなみに二番目に口にしたのは「マメ(飼い猫の名前)」。いつになったら、お母さんやお父さんはでてくるのだろうか…。

箱の中に顔をつっこんだり、毛布を被ったり、ドアの陰に隠れる真似をして「いにゃい いにゃい…」というのもやり出して、ちゃんと意味がわかってやってるんだなぁ、と感動。ご飯を食べている最中でも突然、「いにゃい いにゃい…」とやり出すのはちと困りものですが。
まだ当分の間ブームは続きそうです(笑)


- おまけ -
「いない いない ばあ」に出て来るニャンコそっくりの、木製の猫のおもちゃ。
トコトコ坂を歩きます。

inai_neko01.jpg

これはまだ冬馬がお腹にいる時に旅行したチェコのお土産。値段も手頃で他にもたくさん可愛いいのがあって、中には木で出来た知恵の輪のような知育玩具的なものもあったので、もっと買ってくればよかったと今更ながら思ったりしています。

inai_neko02.jpg



2010.11.05 | Comments(18) | こども部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。