最近見てる日本のドラマ

今かかさず見てる日本のドラマは「Mother(マザー)」。幼児虐待やネグレクトなど気が重くなるようなテーマを扱ったドラマだけれど毎回見ずにはいられず、見るたびに涙涙です。
ドラマじゃなく実際に今同じ状況で苦しんでいる子供達がいると思うと哀しいやら、自分でお腹を痛めて生んだ子供でも愛せない、愛し方がわからない、いろいろ困難な状況で育てられないという親の方も哀れだと思ってしまうし…。
生みの親より育ての親という言葉もあるけど、子供を生み育てていくということを深く考えさせられるドラマです。
無償の愛というのは親から子へではなく、小さな子供から親へのものだ、という言葉に胸がつまった。
親から愛されなくても、虐げられても、母親を慕う子供の姿にもう何も言えなくなってしまう。

虐待やネグレクトを見て見ぬふり、というのも難しい問題だと思う。どこまで親以外の人間が踏み込んでいいのかとか、どうしたら救えるのかとか。
ここフィンランドでは例え実の親でも子供へ手を上げることは法律で禁止されています。このことからも虐待などを見かけたら警察へ通報されたり保護されたりする事も日本よりスムーズだと思われます。
しかし、これも程度によりけりで、親が子供を叱る際にちょっと軽く叩く位でも通報されると聞いたりもするし…おかげで親は子供を叱ったりすることもなく、大人の言うことをまったく聞かない子供もよくいるという話も耳にするし…。

主演の松雪泰子の抑えた演技もいいけど、24年ぶりの連ドラ出演という田中裕子の演技は燻し銀というかさすがと唸ってしまう。そして子役の子のけなげな演技がまた泣かせる。ストーリーは中盤過ぎてもこれからの展開が予測できず目が離せない。


シリアスで毎回見るたびに緊迫感がある「Mother(マザー)」を見たあとは、もう最終話まで終わってしまったけれど「ねこタクシー」で癒されてます。



ひょうんな事から御子神(みこがみ)さんという猫をタクシーに乗せて仕事することになった、客と話すのが苦手なタクシー運転手を描いたストーリーがなんともいえずほっこりします。
主演のカンニング・竹山さんのつぶやき演技が意外にハマり役。
自分をさえない不幸な人間と位置づけているけど、鶴田真由のような美人の奥さんがいるだけでもかなりツイてる方じゃないかと思ったり(笑)
映画版ももうすぐ公開らしいので、いつか見てみたい。

2010.05.31 | Comments(14) | 日本を想う/福島を想う

サクラ散る…

ヘルシンキにはその名も「Kirsikkapuisto 桜公園」という桜が見られる場所があり毎年ここで桜祭が催されています。
今日がその日だったので出かけてみたけれど、この所の急激な気温上昇のおかげで、たぶん無理だろうな…と思っていた通り、すでに葉桜だった(泣)
昨年もこの公園の存在を知って出かけた時にはすでに桜は散ったあと…。フィンランドはまだまだ寒いと思ってると、春を飛び越えていきなり夏が来たりするので、毎年なかなか花見のタイミングが合いません…。

kirpui01.jpg

そんなわけで桜より公園入り口付近にある巨大キノコのような給水塔の方が印象的でした(笑)

kirpui02.jpg

メインの桜は散っていたものの、昼間は天気が良かったので公園は結構な人出。
といっても芝生の上でピクニックしてる人が大半だったけど、浴衣を着てたり(皆フィンランド人)、なぜかロリータコスプレの女の子達も何グループかいた。

kiroui03.jpg

焼き鳥や寿司の売店も出たり、せっかく来たので長蛇の列を我慢して並び大判焼にありつきました。
日本人の方が作っていたので、なんちゃってじゃなく久々に本当の大判焼だった!しかしあんこの他にはブルーベリーとかバニラが入ってるのが売られているところが、やっぱりフィンランド…。大判焼は日本のパンケーキって書いてあった…なんか違う気がするけど。

kiroui04.jpg

昼間はとてもいい天気だったのに、夜から夕立のような激しい雨。なんだか日本の夏のような一日でした。

2010.05.23 | 暮らし

ロッククライミング?

usupen01.jpg

最近ウスペンスキー寺院の前を通ると、寺院がそびえ立つ岩山をよじ登っている人をよく見かける。
これもちょっとしたロッククライミングなのか?

usupen02.jpg

写真と関係ないですけど、海外旅行で集めたスプーンを紹介しているブログを見つけた。
タイトルも「スプーンと私」。
実は私もスプーン好き。旅などで素敵なスプーンを見つけたら、つい買いたくなってしまうくち(笑)
しかしこの方、本当にいろんな国を旅してスプーンを着々と集めている。北欧のもあった。デンマークのヴァイキング・スプーン可愛いなぁ。
ヘルシンキはウスペンスキー寺院のスプーンもあったけど、それよりテンペリアウキオ教会の前のお土産屋で売られていたというスプーンにとても惹かれた。欲しい…。しかしお土産屋なんてあったっけ??

2010.05.21 | ヘルシンキ/街の風景

短い夏のはじまり。

窓から見える木々の緑も芽吹いて、すでに太陽の光は初夏のように眩しくなってきたヘルシンキ。
いつ春だったんでしょう…。春と初夏同時って感じです。今年はとくに。

yuusanpo01.jpg

昼間はもう半袖でもいいくらい暑くなったりして、かなり日差しも強いので、夕方から近所を散歩したりしてます。といってもこの時ですでに夜8時近く。

yuusanpo02.jpg

yuusanpo04.jpg

かなり日が長くなって、遅い時間まで明るいのです。白夜といってもヘルシンキは一番南に位置するので、完全に夜が来ないわけではないのですが、夜10時11時近くまで明るいので、時間の感覚がちょっとおかしくなります。

yuusanpo03.jpg

2010.05.17 | ヘルシンキ/街の風景

はじめての母の日

今日はここフィンランドも母の日ということで、旦那さん唯一の得意料理であるラップランドのトナカイ料理 Poronkäristys を作ってくれたのだけど、大失敗…。
マッシュしたジャガイモに水を加えすぎてポタージュスープのようになってしまい、結局なんの料理やらわからなくなってしまったので、写真なし。
デザートにケーキも用意してくれたけど、旦那さんはデコレーションケーキなんて作ったことないので、お店の冷凍ケーキ。しかも只今フィンランドはストの嵐で、お店に並ぶ商品もさらに少なく、それしか残ってなかったという理由で、私の苦手な生クリームたっぷり苺ケーキを買ってきた…。

tulip_candol.jpg

前日、お友達から頂いた淡いシャンパンピンクのチューリップ型のキャンドルスタンドの方がよっぽど嬉しかったりして…。
旦那さんよ、すまん。
というわけで、はじめての母の日は、ちょっと冴えない感じでしたが…
まぁ気持ちだけはありがたく受け取っておきました(笑)


【“はじめての母の日”の続きを読む】

2010.05.09 | 暮らし

マメ、8歳

子供の日はマメの8歳の誕生日(仮)でもありました。
ノラ子だったので私がこの日に決めたんですけど。
8年って考えたら旦那さんよりも倍以上一緒にいるわけなんですよ…。8年前なんて行ったら、フィンランドに住むどころかフィンランドのフィの字もなかった時から一緒に暮らしてたわけで。
マメだってまさか飛行機に乗せられて北の果ての国へ引越すなんて考えてなかったでしょう。
なんて感慨に浸っていたら、旦那さんがマメからのプレゼントだよ、と言って見せてくれたものは…人間と共同のトイレからポロロンと落っこちたウ○チ…。「マダ温カイデス」とか言って笑って拾っている…。今じゃすっかり猫バカ…。

sopomame.jpg

おとーさんの眼鏡をふざけてかけさせたら、なんだかお婆ちゃん猫って雰囲気が漂ってしまいました…。猫も老眼ってなるんでしょうかね?
冬馬が生まれてからというもの、奇声を発して泣いたり暴れたりする異星人のようなその振る舞いに、驚いたり遠くから観察したりしているマメ。以前の静かで平穏な毎日からは程遠い暮らしに、さぞかしストレスもあるんだろうな…とちょっと可哀想になったりします。
冬馬と遊んだりご飯をあげていると、自分もおこぼれに預かろうと必ず側にやって来て撫でて欲しそうにする(涙)
最近は冬馬が昼寝中はいつも側で一緒に丸くなって寝ています。
冬馬の成長と共にずーっと長生きしてほしいと願う私達です。

mame_net01.jpg

ネットショップで10kg入キャットフードを4袋も購入。これで一年くらいもつかな。
昨年からシニア用のフードをあげてます。
おとーさんがさっそく開けた袋にマジックで「AKUBI あくび」って書いてました…。
開いてるって意味みたいです…(苦笑)

2010.05.06 | Comments(20) | マメのまめ部屋

初節句

5月5日の子供の日は冬馬の初節句。といってもフィンランドは平日なので、日曜日にお祝いらしきことをしました。

kabutokoi00.jpg

男の子の節句って私が男兄弟いなかったせいもあり、今ひとつピンとこないんですよねぇ…。
料理も何を作っていいやらよくわからないけど、スモークサーモンの押し寿司を作ってみました。
まだお祝いされる当人は食べられるわけでもなく、結局大人2名で平らげることになるのですが。

oshizushi01.jpg

押し寿司の型がないので、タッパーで作ってみたのですが、具をまんべんなく入れるのってやっぱり難しいですね…。ちょっと不格好になっちゃったけど、まぁ手作りならではの味って事で。
型から出したら錦糸卵とイクラをトッピング。初めてフィンランドでイクラ買いましたよ。日本のより小粒。スモークサーモンは肉厚でやっぱり美味しかったです。
あとは日本から持って来た折り紙で兜や鯉のぼりを折って。飾りもなんだか安上がりだなぁ(苦笑)

ochizushi02.jpg


【“初節句”の続きを読む】

2010.05.03 | Comments(26) | こども部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ