BBQジュゥジュゥ~

フィンランドもいよいよ夏本番、ヘルシンキはこのところずっと快晴が続いています。
こちらでは気温25度を超えるとHelle(猛暑)と言われるんですが、日本人の私からしたらまだまだ序の口と言いたいところ。しかし気温が低いわりには湿度が低くカラッとしてるためか、日本より太陽光線が直で肌に突き刺さるように強く感じるんですが…。

数日前から旦那さんも夏休みに入ったのですが、今年は5月にチェコへ行ってしまったので、これから旅行の予定もなく1ヶ月も何するんだろうって感じです…。
普段からどちらかというと出不精のインドア夫婦なので部屋でネットしたり、ごろごろ昼寝したり、旦那さんは例のパーツを買い込んで棚やら何やら制作して過ごすことが多いです。
私的にはせっかくの夏を満喫したくてウズウズしていたところ、バーベキューしませんか?との嬉しいお誘いをいただき、行きます行きます喜んで!と二つ返事でいそいそ出かけてきました。

bbq01.jpg

この日も朝から太陽サンサンの快晴。BBQは夕方から始まったのですが、今北欧は白夜なのでずーっと明るいまま。
マッカラ(ウィンナー)やサーモンやお肉をジュゥジュゥ~と庭にあるグリルで焼いてもらうと香ばしい匂いが辺り一面に広がり、青空の下でお腹一杯いただきました。これぞフィンランドの夏。外で食べるのってほんと気持ちいい~。庭どころかベランダさえない我が家では味わえない美味しさでした。

bbq02.jpg

日本にいた時は、暑いし蒸すし夏って苦手でしたが今はずっと夏が続けばいいのに~と短い夏が貴重に思えます。すっかりこれで味をしめ、ピクニックとか森へ散歩とか、さらに外へ出たくて仕方がなくなった私です。

bbq03.jpg


2009.06.30 | Comments(10) | 暮らし

風をあつめて

kaze01.jpg

海と風の街、ヘルシンキ。
マリーナにはたくさんのヨットが集まり、風をうけてスーッと滑るように海の上を走る姿は見てるだけでも気持ち良さそう。
フィンランドではマイ・ヨットやボートを持っている人も多い。素敵だ。

kaze02.jpg

このところ夏らしい青空が広がり、気持ちの良い天気が続いています。
湿度が低くカラッとしているので、フィンランドの夏は爽やか。

kaze03.jpg


2009.06.26 | ヘルシンキ/街の風景

日本式、苺の食べ方

夏の初めのフィンランドの果物といえばやっぱり苺!
スペインやベルギーなどの国外産から始まってフィンランド産も市場やお店に並び始めました。
ちょっと値段が高くても国内産のものがやはり人気があるよう。
これから毎月ベリーの収穫時期が続き、いろいろな種類が並ぶのでベリー好きとしては嬉しい。

子供の頃、苺を食べる時は潰してコンデンスミルクをかけ、苺ミルクにして食べていました。ふと懐かしくなりアジアンマーケットで中国産コンデンスミルクを見かけたので買って帰り苺にかけて食したら、中国の粉ミルク汚染を思い出した旦那さんに「危ナイ!!」と言われ、まだたっぷり残っていた缶ごと捨てられてしまった…。

milk.jpg

それにもめげず今度はドイツ産のコンデンスミルクを見つけだし、またまた苺ミルクを堪能。
味噌汁の碗は日本から持ってこなかったくせに、なぜか苺ミルク専用の先割れ底が平でブツブツ苺になってるスプーンは持ってきたので、これでガシガシ苺を潰し、たっぷりコンデンスミルクをかけて食べてます。

ichgomilk01.jpg

日本のもの程甘くはなく、ちょっと酸っぱい感じのフィンランド産苺にかけると丁度いい甘さかも。

ichgomilk02.jpg

旦那さんは中国産は捨てたくせにコンデンスミルク自体は気に入ったようで、牛乳の中にまで入れて飲んでいる。なんちゅう甘党…。彼的にはマスカルポーネと苺の組み合わせもオススメだそうです。

2009.06.22 | Comments(15) | 日本を想う/福島を想う

夏の食卓

今日はJuhannus ユハンヌス(夏至祭)のため、田舎やkesämökki ケサモッキ(サマーハウス)で過ごす人々が数日前から大移動。Juhannusはクリスマスと同じくらい一年の中でも重要な行事のようで、ほとんどの人が家族と過ごします。
そんな中、我が家は今年のユハンヌスはヘルシンキで過ごすことにしたので、家でのらくらしております…。
今日は昼間から激しい雨が降ったり止んだり、夕方から始まるkokkoコッコと呼ばれるかがり火は雨でもやるのかな?というあいにくの天気。どうも夏至祭の日はお天気が崩れやすいようで、数年前に北カレリアの村で夏至祭をすごした時も夜に突然の豪雨でkokkoの火が小さくなってしまったっけ…。

ユハンヌスの食べ物って何かあるの?と旦那さんに聞いても特にこれといったものはないようですが、新ジャガがお店に出回りはじめたので、最近は何かとよく食べています。
日本に比べて誇れる食材が少ないフィンランドですが、じゃがいもは美味しいです。皮付きのまま茹でたりオーブンで焼いてバターをぬったりして食べるだけで充分美味しい。

jyaga.jpg

lohikerma.jpg

うちでよくやるのはフランスクリーム/クレームフレッシュ(Crème fraîche)と呼ばれるクリームにディルと塩少々を混ぜたものをかける食べ方。このクリームはサーモンでもにんじんでも何でもかけちゃいます。日本だとちょっと手に入りづらいと思うのでサワークリームで代用できます。
この日は、ジャガイモとサーモンのバター焼きにディル入クリームをかけて、パプリカのマリネを添えたのと、ほうれん草のポタージュスープ。


silli.jpg

そして他にじゃがいもと一緒にこちらでよく食べられているのはsilli シッリ(にしん)の酢漬け。私はこのにしんの酢漬けが大好きで、旦那さんに「タクサン食ベルじゃナイ!」と止められるまでついつい食べ続けてしまいます(爆)

ahti.jpg

瓶詰めのデザインも素敵な感じ。Ahtiは海の神様ポセイドンのフィンランド名だそうですよ。

2009.06.19 | Comments(6) | 料理

マメのサラダ付きごはん

以前にも書いたのですが、マメが家にある植物の葉っぱを片っ端から食べてしまうので、猫草の種を植えて与えてみました。

mame_kusa01.jpg

凄い勢いでムシャムシャ食べるマメ。本当に草が食べたかったのね…。
しかし、毎日食べ過ぎてウ○チが緑色に…。そして緩いのが出るようになってしまったので、今は休止中。食べ過ぎもよくないようですね…。

mame_kusa02.jpg

ご飯の方も7歳になったのを機に今までと同じHill's Scienceでもシニアに変えて、オーラルケアのフーズと混ぜてあげるようになりました。
以前は真っ黒だった毛皮も最近は見る度に白い毛が増えていっている。マメも飼い主と一緒で確実に年をとっているんだなぁ…。


2009.06.14 | Comments(14) | マメのまめ部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ