フィンランド語コース

遅ればせながら今週からようやくフィンランド語コースへ通い始めました。
本当はもっと早くに通う予定でしたが諸事情により今頃に。
私が参加しているのはヘルシンキ大学の外国人向けのコースで、keskitason kurssi 中級クラス(週4回2時間半で約1ヶ月間)。

ほぼ日本で習ったのと同じ内容をまたやってるわけですが、よく理解しないまま進んでしまった所もまた復習できてすごく勉強になってます。
というかフィン語の勉強を再開したのは約半年ぶりで、かなりいろんな事を忘れてるなぁ…って感じで、授業を受けながら思い出しているような状態。
普段旦那さんとの日常会話でいかにブロークンで自己流なフィン語で話してるか痛感してます…。

suomen_kurssi.jpg

授業は全てフィンランド語のみで進み、使っている教科書やテキストも全てフィンランド語です。
私は英語がダメなので、間に他の言語を挟まないで直に習えるのは希望通りです。
が、それにしても授業の進むスピードがすごく早い。内容も短い授業時間の中でみっちりって感じで休み時間もトイレ休憩5分間だけ。ボサッとしてるとあっと言う間において行かれます(汗)

今のところ毎日予習復習、宿題もやってなんとか必死について行ってますが、参加している人達のほぼ全員すでに他のクラスでフィンランド語をある程度勉強した人ばかりなので、授業中も先生の質問に我れ先にと答えるし、少しでも疑問な点はすぐに手をあげて聞くし、やる気満々って感じで、なんだか熱気ムンムンで教室の空気が熱い。圧倒されます…。
先生はちょっと太めのフィンランド人女性なんですが、どんどんこれから皆のエネルギーを使ってもらうわよぉ~とパワフルで、毎日宿題もどっさり(涙)
ちょっと不思議だったのが、通常のフィンランド語の他に話し言葉(スラングも含む)の場合はこう言うっていうのをほぼ必ず付け加えて教えてくれる事。それだけ実際話す時は、話し言葉を使うことが多いってことなんでしょうか…?

クラスメイトの出身国もさまざま。アジア系は中国の人が多いだろうなと思って行ったらまったくいなくて、日本人の私と韓国人が2人だけ。あとはイスラエルやアルゼンチン、メキシコ、ロシア、フランス、イギリス、ポーランド、ドイツといろいろでした。
授業中は隣同士で質問&答えるという形式をとったり、文章を一緒に自分達で考えて作るということもよくやります。生徒同士で教え合うというのはこちらの学校ではよくやるらしくフィンランド式なんでしょうね。
私がアジア人だからなのか、イギリス人とか欧米系の人のフィンランド語の発音はイマイチ聞き取りにくくて、韓国の人の発音の方がはっきりしていて聞き取りやすい。

授業はハードですが、やっぱり家で一人でやるより学校へ行った方がいいなぁ…と実感しています。

2009.05.29 | Comments(18) | フィンランド語

チェコ・プラハへの旅 ~アンティーク屋さんと路地裏の風景

プラハは歴史を感じさせる重厚な街並で、まさに古都という名がふさわしい。中でも旧市街広場周辺は古い建物が並び、ふと路地裏に入ると中世のまま時間が止まっているかのようでした。

old_town.jpg

roji.jpg

旅をしたら蚤の市に行きたい!ということでチェコでも楽しみにしていたのですが、意外なことにこちらで蚤の市が開かれるようになったのはごく最近の事であまり盛んではないらしく、アンティーク屋さんの方が良いと聞き何店か行ってみました。

bric.jpg

ティン教会の脇の道を入った路地裏にあるお店『BRic a BRac』
アンティークというよりは古道具屋さんという感じで、ガラクタ同然のものから本格的なアンティークの装飾品まで宝探しのように楽しめます。近くにもう一店あってこちらの方が広くてさらにジャンク品一杯で探しがいがある感じ。店主は気さくで話好きな感じで、私達がフィンランドから来たと判ると、毎年夏はフィンランドの友達のサマーハウスで過ごすという事で、片言のフィンランド語も交えてサウナやビールの話で旦那さんと盛り上がっていた。

こちらでは色あいやコーヒー豆のデザインが可愛くてチェコって感じの1970年代の缶と木製のキノコを手に入れました。

kan02.jpg


これ何に使うかわかりますか?
kinoko.jpg

昔は靴下の穴などを繕う時に中に入れていた木型なんですが、キノコグッズ・コレクターとしては見逃せない物でした。何個もあって好きな物をじっくり選ばせてもらい、特に小さいのと毒キノコのがお気に入り。

旦那さんは、古いビールコースター。
coster.jpg

今はもうないアニメ映画会社のレストランや、先日行ったクトナー・ホラの古いビアホールで使われていたものなど。チェコの古い紙物って色も紙質も独特の味わいがあります。


プラハ城への坂が辛くてへたばっている時、苦し紛れに入ったアンティーク屋ではこんなのも見つけました。転んでもタダでは起きない(笑)

cap.jpg

松ぼっくりの取手がついた緑の木の実柄のキャンディポット(?)お皿付き。
お店の人がしきりにローゼンタールのだ、と言ってたけどバックプリントを見ると" Rosenthal Selb, Bavaria"とある。後で調べたら1901~1933年までドイツのRosenthalと提携してたBohemia Ceramic Worksという所の物らしいけどよくわからない。気に入ってるので何でもいいけど。

それから、古い切手もしっかり買いました。
今回の旅ではあまり切手を見にへ行けなかったのがちょっと残念。

kitte.jpg

ついさっきまで死にそうにぐったりしてたのに、お店に入った途端シャキッと元気になって嬉々として見てまわる私に旦那さん疑いの眼差し。いや本当にこのまま倒れるかって程、坂は辛かったんですけどね。すっかり生き返りました。


マラストラーナ地区にあるお店『Ahasver Antique』はアンティークレースのドイリーやカーテン、アクセサリー、刺繍たっぷりの洋服など乙女チックな品揃えが素敵でした。

ahasver.jpg

card.jpg

「わしのミルクに何すんじゃ~!」と虫に飛びつく、トントゥみたいなキノコ帽子をかぶった爺さんと、ニャンコ達の古いポストカード(額入り)を手に入れました。


【“チェコ・プラハへの旅 ~アンティーク屋さんと路地裏の風景”の続きを読む】

2009.05.23 | Comments(12) | チェコ

チェコ・クトナーホラへの旅 ~墓地教会 コストニツェ

プラハから日帰りでクトナー・ホラという街へも足を延ばして来ました。
ここにある墓地教会・コストニツェは、ヤン・シュヴァンクマイエルの映像で見て以来ずっとずっと行ってみたかった念願の場所。
プラハ中央駅から急行列車に乗り約1時間なのですが本数が少なく、切符売り場の窓口でも英語があまり通じずインフォメーションで聞いてと言われたが、肝心のインフォメーションはどこも閉まっているし、チェコ語なんてチンプンカンプンなので発車時間とホームを探すのに手こずり駅構内を右往左往…2人ともイライラして途中モメたり(爆)観光地のわりにこういう所は不親切。
やっと乗った列車はコンパートメントで快適でしたが、着くまでにいろいろあってちょっと疲れました…。

そうして辿り着いた教会内部は、
こんな感じ。。。

hone.jpg


骨文字
hone_moji.jpg


骨紋章
hone_mon.jpg


骨十字架
hone_juuji.jpg


骨飾り
hone_kazari.jpg


骨シャンデリア
hone_shan.jpg


骨ゴブレット
hone_gob.jpg


骨、骨、骨、骨まで愛して
hone_tori.jpg

hone_ai.jpg


何から何まで人骨で出来ている凄い教会であります。
怖いとか不気味とかいう雰囲気は全然なく、むしろ芸術性を感じました。とにかくよくこれだけのものを全部人骨で作ったもんだなぁ…と圧巻。
およそ4万人の僧侶の骨で作られているそうです。

なぜに人骨でこんな教会を作ったのか?というと「メメント・モリ 死を想え、いつか訪れる死を忘れるな」ということらしいです。


【“チェコ・クトナーホラへの旅 ~墓地教会 コストニツェ”の続きを読む】

2009.05.19 | Comments(12) | チェコ

チェコ・プラハへの旅 ~未来派チェコ・キュビズムを訪ねて

rasen02.jpg

今回の旅の目的の一つにチェコ・キュビズムの建物を見るというのもありました。
チェコ・キュビズムとはピカソの絵画などで知られるキュビズムの建築版で、20世紀初頭に突如プラハだけに起こった建築様式。水晶や鉱石を思わせる多角柱と多角錐から構成された建築物は、今見てもアヴァンギャルドで近未来デザインという印象。

cubi01.jpg

旧市街に残る『黒い聖母の家』は、ヨゼフ・ゴチャールの設計でプラハで最初に建てられたキュビズム建築。現在内部はチェコ・キュビズム美術館になっています。

rasen.jpg

中に入るとさっそく階段からSFチックなキュビズムデザイン。流れるような螺旋のラインが美しい。
館内にはキュビズムの家具や照明なども展示されていて、シャンデリアがモダンで美しいなぁと思っていたら1階にあるショップでレプリカも販売されていて、本気で部屋に置きたいと思った。

kagu01.jpg

kagu02.jpg


2階は『グランド・カフェ・オリエント』というカフェになっていて、1910年代当時の内装をそのまま再現した店内はモダンで素敵でした。

orient01.jpg

照明も窓枠もキュビズム。フックまでキュビってます。
カフェオリジナルのカップ&ソーサーもシック。
こちらではチェリーの入ったチョコレートケーキを食べました。またまたボリュームがあるので2人で一つを半分こ。チェコはどの店でもケーキのサイズも大きかった。

orient02.jpg



【“チェコ・プラハへの旅 ~未来派チェコ・キュビズムを訪ねて”の続きを読む】

2009.05.18 | チェコ

チェコ・プラハへの旅 ~食とビールに酔う

cafe02.jpg

プラハは美味しい街でもありました。
カフェでもビアホールでもチェコ料理が味わえて、しかも安くて美味しい!
外食は高いわりに美味しいお店も少ないフィンランドとは、雲泥の差…。
久々の美味しい食事にアタクシすっかりハジケテしまいまして、連日食べて食べて食べまくり(笑)
素敵なカフェもたくさんあって、毎日カフェ巡りもしました。
だいたいどの店でもコーヒーやビールなどの飲み物が約1.5ユーロ=200円前後とリーズナブル。歩き疲れて喉が渇いたら何度でもカフェで一休みできます。


louvre01.jpg

『カフェ・ルーブル』は創業1902年の老舗カフェ。カフカやアインシュタイン、カレル・チャペックも通った歴史のあるお店。私達は到着した夜にさっそく行ったのですが、中庭がオープンになっていたのでそちらで食事をしました。

louvre_r.jpg

写真上は、グリルポークにゼロと呼ばれるザワークラフト(キャベツの酢漬け)、チェコ名物クネドリーキというモチッとした蒸しパン添え。これは伝統的なチェコ料理の組み合わせ。
下は牛肉とアスパラのベーコン巻きに、さつま芋に似た中がオレンジ色の芋と食用ほおずきの付け合わせ。どちらもお肉がジューシーで美味しかったです。

louvre_d.jpg

デザートはHavanaという名前のコーヒーとチョコレートのアイスクリームに卵のリキュールとカラメル掛け、ザッハトルテ。どちらも凄いボリュームですが美味しかった。苺が丸ごとゴロゴロ入っているアイスティーもすごく美味しくて2杯も飲んでしまいました。
どの食べ物も美味しく、値段も手頃で雰囲気も良く、オススメのお店。
Cafě Louvre
Národni 22, Praha 1




slavia.jpg

『スラヴィア』も1800年代創業の歴史のあるカフェ。窓際のテーブルからはヴァルタヴァ川の景色を見ることができます。映画アカデミーや国民劇場が近くにあり芸術関係者も多いせいか、店内はピアノの生演奏があり格調高い雰囲気。

slavia_d.jpg

こちらでは温かいアップルシュトルーデルとホットチョコレート。旦那さんはまたザッハトルテ。やっぱりボリューム満天。
Slavia
Smetanovo Národni 1, Praha 1


チェコのデザートにはほとんどと言っていいくらい生クリームが山盛りで添えられていて、生クリームが苦手な私は見た瞬間ウッとなったけれど、食べてみると見た目とは違い意外な程あっさりしつこくなく、不思議と食べられました。


【“チェコ・プラハへの旅 ~食とビールに酔う”の続きを読む】

2009.05.17 | Comments(15) | チェコ

チェコ・プラハへの旅 ~ヴァルタヴァ川と黄金の街

valtava01.jpg

チェコへ4泊5日の小旅行へ行って来ました。プラハはず~っと一度は訪れてみたかった街。
同じEU圏のチェコは、フィンランドからだとパスポートコントロールもなく飛行機で約2時間。

gakutai.jpg

プラハは春というより、もう光あふれる初夏のような気候で、鮮やかな新緑が目に眩しいくらい。
街の中心を流れるヴァルタヴァ川にはカレル橋などいくつもの橋が架かり、川岸の風景もとても美しかった。

valtava02.jpg

valtava03.jpg

私達はカレル橋を渡りプラハ城へ向かいました。

karel.jpg

フラッチャニの丘にあるプラハ城へはかなり急な坂道と石段が続き、しんどくて一気に登れずカフェで一休みしたりしてやっとのことで辿りつきました。
丘の上からはプラハの街が一望できます。

saka.jpg

oka.jpg

ようやくプラハ城内へ。

heisi.jpg


ちょうど正門で衛兵達が行進するところに遭遇。
ここから長い列に並び、大聖堂内部へ。


【“チェコ・プラハへの旅 ~ヴァルタヴァ川と黄金の街”の続きを読む】

2009.05.16 | Comments(8) | チェコ

気球に乗って

窓の外を見たら、気球が飛んでました。
現在の時刻 PM.8:45。
明るい夜です。

kuuma_ilmapallo.jpg


2009.05.09 | ヘルシンキ/街の風景

ビビリ猫

昨日は仕事でヘルシンキへ来ているお義父さんが、はじめて我が家へやって来たのだけど、案の定ビビリまくるマメ。
お義父さんの顔を見るやいなや、ダダッとベッドの陰に隠れて出て来ない。
旦那さんの実家でも猫を飼っているので、猫好きのお義父さんはいろいろマメに話しかけていたら、驚いたことに恐る恐る出て来てちょこっと挨拶して、またダダッとベッドの陰へ…。どうも旦那さんとお義父さんの声が似ているので、いつもよりは初対面の人間への警戒が弱まったらしい。
その後は出て行くのは怖いけど興味はあるらしく、ベッドの陰から首を長くして頭だけ出したりひっこめたりして私達の会話を聞いているマメ。
覗きこむとヒュッと引っ込んで、しばらくするとまたニューっと顔を出す、その姿がモグラ叩きゲームのモグラみたいで可笑しかった。

manekimame.jpg

写真は招き猫ポーズのマメ。こんな風にウェルカムって感じでもっと人間にもフレンドリーな猫だといいんだけどな…。人の声や足音、車や風の音も怖いし、マメにとってこの世界は何もかも怖いものだらけらしい…。

そんなマメもこの5月で7歳になりました。
生まれた日が正確にはわからないので、子供の日を誕生日ってことにしているのですが、もう猫の年齢でいったら立派な熟女。
ご飯もだんだんとシニア向けに変えていく必要もあるのかもしれない。
子猫の時に道ばたで出会って部屋までついて来て以来ずーっと一緒だったけど、まさかはるばるフィンランドまでやって来るとはマメも思わなかっただろうなぁ。

2009.05.05 | Comments(14) | マメのまめ部屋

セウラサーリへ

今日も晴天だったヘルシンキ。やっと本格的な春が来たんだと思うと家でじっとしてるのがもったいなくて、ヘルシンキ市内にあるセウラサーリ(Seurasaari)という島へ行って来ました。

saura01.jpg

こちらには野外博物館もあって、フィンランド各地から移築された18~20世紀の古い建物があり、フィンランドの昔の暮らしを再現した展示などが見られるようになっています。

saura02.jpg

seura04.jpg

オープンは5月中旬から夏の間だけなので、まだ建物は閉まっていましたが、この陽気に誘われてたくさんの人が散歩したり、カフェでお茶を飲んだり、のんびりしていました。

valkovuokko.jpg

seura03.jpg

野外博物館がオープンしたらまた来よう。

2009.05.03 | ヘルシンキ/街の風景

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ