お袋の味ロヒケイット Lohikeitto

lohikeitto01.jpg

フィンランドの家庭料理の定番といって思いつくのは、サーモンスープ『Lohikietto ロヒケイット』。各家庭で少しづつ味付けも違うようで、お袋の味といったところでしょうか。カフェなどのメニューにもよくあります。

lohikeitto00.jpg

材料はサーモンとジャガイモ、ニンジン、タマネギ、といたってシンプル。
こちらのサーモンは肉厚で脂がのっていてとても美味しいです。切り身を買っても立派なウロコ付きで、下処理が少しめんどうですが。
特徴としては北欧でよく使われるハーブ、ディルを入れるのが味のアクセントになっています。ディルは爽やかな味と匂いのするハーブで魚の臭みを消してくれます。こちらのお店では生の物がポット付の束で売られているので、ジャガイモ料理の時でも何でも使いたくなります。マリネにもよく使われています。

私は他に細かく刻んだマッシュルームも入れてます。スープを作る時は旨味が出るように最初にタマネギとマッシュルームを細かく刻んでバターでじっくり炒めています。本当は細かく刻んだセロリも入れていたのですが、旦那さんがアレルギーであることがわかり入れられなくなってしまいました…。スープの時入れるとすごく美味しいのになぁ…特に夏野菜やトマトスープによく合います。
牛乳は入れる家と入れない家があるようです。私は最後に少しだけ入れてます。

lohikeitto.jpg

初めてロヒケイットを作った時の旦那さんの感想は「お婆ちゃんがよく作ってくれた味にそっくり(お婆ちゃんっ子)」だったそうで、以来ロヒケイットを作った翌日は必ず残りをタッパーに詰めて仕事場まで持って行ってお昼に温めて食べてます。

冬の長いこの国では、ずっと昔から雪の降りしきる夜は体の温まるスープを飲んで寒さをしのいできたんだろうな…と思わせます。

lohikeito03.jpg

2009.02.27 | Comments(22) | 料理

友達の日 Ystävänpäivä

今日フィンランドはバレンタインデーではなく『友達の日』でした。

ystavan.jpg

ちょっと買い物に行って来ると出て行った旦那さんが帰って来ると、手には黄色のバラの花束が。はい、とプレゼントしてくれたのですが、バレンタインも友達の日も完全に忘れていた私…。というかフィンランドは友達の日だからいいか、と思っていたのです。もちろんプレゼントなど何も用意してませんでした。すみません…。

そしてお義母さんからもチョコレートをもらいました。こちらも何も考えてませんでした(汗汗)

sukura.jpg

ロバニエミのサンタクロース村にある手作りチョコレートのお店の物で、ホワイトチョコの中に苺のチョコとかカフェオレ味とか、チョコの中味がちょっと変わっていて美味しいです。
なんだか貰うばかりで、いかんなぁ…とちょっと反省しました。

2009.02.14 | Comments(14) | 暮らし

眠り猫

ずいぶんとブログ、ご無沙汰していました。
いろいろ体調を心配してくれた皆様、ありがとうございます。
フィンランドの長い冬に参ってしまったわけではないので、大丈夫です。

fuyumame02.jpg

とはいえ、寒い冬は部屋にいることが多くなり、ついつい猫と一緒にぐうぐう眠ってしまいます。
人間の私は長時間寝てばかりいると首や肩が痛くなってくるのですが、この方は何時間グースカ眠っても平気のようです。
猫は「寝子」と言われるくらいなので、寝るのが仕事のようで…。

fuyumame00.jpg

fuyumame03.jpg




2009.02.13 | マメのまめ部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ