スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ゆく年くる年 ヘルシンキ

今年もあと残すところ数時間です。フィンランドは日本より7時間遅れで新年を迎えます。
今年も本当にいろいろなことがありましたが、やはり私にとって、今までの人生の中でも一番大きな転機になった出来事はフィンランドへ移住したという事でしょうか。

tuomiokirkko03.jpg

毎日彼とマメとみんなで一緒にいることが当たり前のようになっている今日この頃ですが、昨年の今頃はまだそんなことが現実になるとは遠い事のように思っていたのが嘘のようです。
まだこちらに来て1ヶ月が過ぎたばかりなのに、だんだん東京で暮らしていた日々がかなり前のことのようになってきています。

こちらではクリスマスが一年で最大のイベントなので、日本のようなお正月がないのはちと淋しいですが、夜になると大聖堂もライトアップされコンサートが開かれていました。今日から11日間続くそうです。ちょっと紅白歌合戦みたいな感じ?赤組白組はないですが(笑)

tuomiokirkko01.jpg

tuomiokirkko02.jpg

そして今も窓の外からは花火を打ち上げる音がずっと聞こえています。
フィンランドでは普段花火を上げることは禁止されていて、新年のお祝いの時など限られた時だけ許されているそうで、これから年が明ける0時まで打ち上げ花火が続き、お酒を飲む人がたくさん広場に集まって、けっこうな騒ぎになるそうで、警察官も立っていました。
お休みは元旦のみで次の日からはほとんどの人が仕事に行くそうです。

来年はもっともっとフィンランド語が上達して、さらに良い年にしたいです。
皆さんも良いお正月を!

helsinkki.jpg




スポンサーサイト

2008.12.31 | Comments(12) | ヘルシンキ/街の風景

クリスマスの風景

移住後はじめての今年のクリスマスはロバニエミでとても楽しい時間を過ごすことができました。
出発したヘルシンキの街は雪がなかったけれど、北極圏のこの街ではもちろんホワイトクリスマス!

joulu01.jpg

クリスマスイブの前の日は、彼の両親が森から切って来たモミの木のツリーに皆でリースを飾りつけ、ツリーの根元にそれぞれ持ち寄ったクリスマスプレゼントを置きました。

joulu02.jpg

joulu00.jpg

joulunkoristeet.jpg


夜は皆でお墓参りへ。こちらでは昼間ではなくクリスマスイブの晩にお墓参りに行きます。イブの日は駐車場が混むという事で私達は前の晩に行きましたが、すでにたくさんのお墓の前に雪を掘ってランプが置かれていて、その灯りはとても美しく静寂な光景でした。
この日、地元サンタクロース村ではサンタが世界中の子供達へプレゼントを届けに旅立つ出発式があったようです(笑)




【“クリスマスの風景”の続きを読む】

2008.12.28 | Comments(6) | ロヴァニエミ Rovaniemi

Hyvää Joulua !

joulukortti02.jpg

サンタクロースの住む街へ行って来ます。
皆さま、よいクリスマスを!

2008.12.23 | 暮らし

piparkakkuを焼く

できあいのクッキーシートを使ってpiparkakkuを二人で焼いてみました。
持ってるクッキー型総動員。型を抜くのは楽しい~。

piparukakku01.jpg

調子にのってアイシングにも初挑戦してみたけれど、ちゃんと計量したはずなのに液がゆるくて描いたあと流れ出してしまったり…。
彼が片栗粉も入れるんじゃないのっていうから入れたけど、入れないですよね?フツー(ヤケクソ)
これだからお菓子作りってやつは…。
また次回アイシングにはチャレンジしようと思います。菓子作りの道は険しい…。


こちらは生地の残りで彼が作った猫。

kissa_kakku.jpg

とっても目つきが悪いです(笑)焼かれたから?それとも酔っぱらってる?
フィンランドウォッカ・コスケンコルヴァがよくお似合いですわ(笑)

2008.12.21 | Comments(14) | お菓子/飲み物

お歳暮のような?

昨日何やらラッピングされたプレゼントらしき物の入った紙袋をさげて帰宅した彼。もしかして一足早いクリスマスプレセント?と胸踊らせていたらば、「コレはビジネスプレゼントです」と言う。
なんでも毎年取引先からクリスマス前になるといろいろなプレゼントが届くそうで、日本でいうお歳暮みたいなもの??
でも、のし紙のかわりに可愛いリボンがついてたりして日本のとはだいぶ雰囲気が違う…。
そしてその中身は

fazer02.jpg

Fazerの特大チョコレート詰め合わせ!箱の長さは40cm位もあり、しかも2段になっていてチョコレートぎっしり!何から食べようかな~とワクワク。


そしてもう一つのプレゼントは

juustohoyla.jpg

チーズ用カッターボードとチーズナイフ・スライサー3点セット。真ん中のスライサーは猫みたいな形で可愛い!

おお!こんなお歳暮なら毎年大歓迎だよ~。


【“お歳暮のような?”の続きを読む】

2008.12.19 | Comments(12) | 暮らし

知りたがり

mame01.jpg

mame_02.jpg

mame_03.jpg

マメ様もお酒をご所望。
私達が食べている物、飲んでいる物、会話にいたるまで
全てにおいてチェックを入れに来るマメ様…。

2008.12.18 | マメのまめ部屋

クリスマスの飲み物とクッキー Glögi ja Piparkakku

glogi.jpg

フィンランドでクリスマス時期の飲み物といえば「Glögi グロギ」。
これは北欧の他の国々やヨーロッパでもよく飲まれているホットワイン(グリューワイン)で、フィンランドでは温ためた赤ワイン+スパイス類(カルダモン、シナモン、クローブ、生姜、オレンジピール)をレーズンとアーモンドスライスを入れたグラスに注いで飲みます。
アルコールなしや白ワインベースもありますが、私達はもちろんアルコールあり赤ワインで。

glogi02.jpg

すでにお店でグロギ用のワインやスパイスミックス、エキスなども売られているので、それらを使って彼が作ってくれたのですが、何口か飲んでみるといやにアルコールが強い…。今まで何度もGlögiを飲んでるけど、こんなに強かったけ??と思ったら、フィンランドのウォッカ「Koskenkorvaコスケンコルヴァ」(映画かもめ食堂で、もたいさんと謎の女が飲みくらべしたお酒ですね)をドボドボ注いでいるではないか…。
コラーッ何すんじゃい!と言うとフィンランドではこれも入れるの普通だってば~ラップランド式だってば~、と笑いながらさらに入れている。このウォッカはアルコール度数38%。見るともうボトル半分くらい入れている。やっぱ酒好きフィンランド人の血がここに…。
不味くはないですがアルコールの味が強くなりすぎるので私は赤ワインだけの方が好きですね…。


piparkakku.jpg

このGlögiにとても合うお菓子といえば「Piparkakku ピパルカック」ジンジャークッキーですね。
スパイスが効いていて甘すぎず、ついついGlögiと一緒に何枚も食べてしまいます。私はスパイス大好きなので、いっぱい入ってるのが好きです。
そしてこのPiparkakkuにブルーチーズをのせて食べるとさらに激ウマなんでございますよ~。ブルーチーズだめな人でも癖が軽減されて美味しいと思います。この絶妙な味のハーモニーにハマってしまい、食べ始めると止まりません~。
こちらの人のクリスマス時期のPiparkakkuの消費量は凄いです。スーパーに行くと大袋パックなどが山積みされてます。
うちでもご飯の後についつい食べてしまい3日に1回は買い足してます。カロリーがコワイです…。正月太りならぬクリスマス太りになりそうです…。

2008.12.16 | Comments(10) | お菓子/飲み物

クリスマスタルト Joulutorttu

もうすぐクリスマスってことで、今日はフィンランドでクリスマスに食べるお菓子『Joulutorttu ヨウルトルットゥ』に挑戦してみました。

joulutorttu02.jpg

私は自慢じゃないけど自力でお菓子の類を今まで作ったことがほとんどありません…。
理由は料理と違ってお菓子類はきっちり計量しないと必ずや失敗するので、それが面倒でずっと躊躇してたのです。
なのでまったく自信がないので今回は市販のJoulutorttu用パイシートとプラムジャムで作ることにしました。が、パイシートを切り分けた後、棒で伸ばした方がいいのかどうかそれすらも分からず、結局彼がお母さんに電話して聞く始末…(汗)
で、なんとか作り始めたんですけど、彼がいろいろ手出ししてきて、私が手裏剣型に一生懸命作ってる横で勝手に三角に折り込んでしまったり、真ん中を引っ込めないと上手く焼けないっつってるのにわざわざ盛り上げたり、一段だけ勝手に焼き始めたり、まだ焼き時間前なのに途中でオーブンから出そうとしたりと、もうっあっち行け~!邪魔すんな~っ!!とずっと叫びつつ蹴りも入れながら作ってたので落ち着いて作れなかったよ…(泣)

joulutorttu01.jpg

そして出来上がったタルトですが、まぁ市販の材料を使って書いてある通りに作ったので計量や味で失敗しようはなかったですが、形が…不細工…。
もちろん彼が変な形に作ったのは論外ですぐに本人に処理していただきましたが、手裏剣の先が尖ってなくて丸くなっちゃったし、プラムジャムもはみ出しちゃったし…他のフィン在住の方々が作ったのとは何か違うよな…。ううう。私ってやっぱり繊細なお菓子作りには性格的に向いてないかも…。
でも、また何回か作ってキレイに作れるようになろうと思いました。
味は出来たての時より、少し時間が経って冷めてからの方がなんか私は好きですね。プラムジャム入れ過ぎると酸っぱいです(笑)


2008.12.15 | Comments(8) | お菓子/飲み物

クリスマスマーケット Joulumarkkinat

今週からエスプラナーディ通りでもクリスマスマーケットが始まりました。
小さな小屋がずらりと並んで、一軒一軒覗くのが楽しい。

joulumarkkinat01.jpg

おじさんがまわすオルゴールのノスタルジックなメロディを聞きながら、フェルトや木製品キャンドルなどの小物屋さん、お菓子の家やお菓子のクリスマスツリーを並べているお店、ジュースやジャムのお店に、ムイックやソーセージを焼く屋台などなど。色とりどり、甘い匂いや香ばしいかおりも漂って来て、熱いグロギを飲んで温まったり、屋台で焼きアーモンドを買ったりとなかなか楽しいです。ここだけでお腹一杯になりそう(笑)

joulumarkkinat02.jpg

santa.jpg

さりげなくサンタも登場。しかし皆さん小屋を覗くのに夢中のようで、ポツンと所在な気に立ってましたっけ(笑)

夕方になると小屋の灯りや建物のイルミネーションが一際美しくなります。

lamp.jpg


彼も仕事帰りにクリスマスマーケットに寄って来たようで、お土産にムイックのフライを買って来ました。ムイックはワカサギに似た小さい魚で、私も彼もこれのフライやスモークしたものが大好き。ビールにもよく合うので食べ出すと止まりません(笑)

muikku.jpg


2008.12.12 | Comments(6) | ヘルシンキ/街の風景

マメ様その後

mamesama.jpg

多くの方々にご心配いただいているマメ様のトイレ問題でございますが、猫の便秘についてネットで調べたり毎日相談を重ね、ついに彼が意を決し彼女の目前で「マメ様このように如何でしょう?」と手本をババーンと見せてみたらば、その後に続きついに見事ウ○チをいたしました。
二人で「な~んて頭のイイ猫ちゃんなんでしょう~!もうっ素晴らしいっ!!」とさんざん褒めちぎり、続いてオシッコもさせようとさらに彼が手本を見せるとまたそれに続いて見事オシッコにも成功。すごい!ニャンコ先生!
もう最近では毎日彼の後を部屋中ついてまわるようになり、すっかりお父さんっ子になったマメなのであった。
しかしまだ油断は禁物、時々ベッドにあがって彼の枕の匂いをクンクン嗅ぎながらオシッコしたそうな仕草をするので、すっ飛んで行ってトイレに運ぶ毎日。しかしナゼ彼の所だけ…?

そんな中またもやついに掛け布団にやらかしたマメ様。奮発して買ったマイクロファイバーのまだ数回しか使ってなかったやつの上に…。
これには彼もガックリと肩を落とし、思わず「マメ子ッ!Go to 地下室っ!」って言ってましたですよ…。
でも今回のは復讐とかではない感じなのです。猫ってふわふわした柔らかいものが好きなので、その上で踏み踏みしてるうちに気持ち良くなってしまい、ついやらかした模様なのですよ…。一種の恍惚状態ってやつですか…。マメは彼の匂いが大好きなようで、いつも彼の枕や掛け布団だけ狙うのだった。私の物には全く無関心。喜ぶべきなのか…微妙。
仕方なく洗濯機で丸洗いしたら、だいたい臭いはとれました。しかもマイクロファイバーのって凄く乾くの速い!便利!ってそういう問題ではなく…。

オレンジなどの柑橘系の匂いが猫は苦手なので、ビタミン補給もかね毎日せっせとオレンジを食べまくり、その皮をベッドやそこら中に並べて、さらに黒いビニールシートで覆っています。素敵なインテリアも何もありません…。妙な雰囲気の部屋になっちゃってますよ…。トホホ。

と、いろいろ騒動は続いていたのですが、マメ様はトイレの場所はご理解しておられるようで、最近はきちんと人間と同じトイレに大も小もなさっておられます。
しかし、何日か前は床にお吐きになられていて、まぁ以前からちと吐き癖があり吐いてもお元気なのでそんなにご心配はしてないのですが、我が家ではすっかり今はゲロ猫ちゃんと呼ばれております(苦笑)フィンランド語でゲロのスラングも覚えました(爆)
いやぁ…上や下の汚いお話ばかりでスミマセン…。
お騒がせしましたがマメ様何とか大丈夫そうです。

2008.12.10 | マメのまめ部屋

女性のクリスマス市 Naisten Joulumessut

独立記念日には、カタヤノッカ地区で開かれていた『Naisten Joulumessut』へも行って来ました。

naisten01.jpg

ちょうどヘルシンキへ旅行で来ている友達と待ち合わせしたのですが、最初彼は女の好きそうな物ばかりで自分が行ってもなぁ…女の子だけで行ってくればぁ?と尻込みしてましたが、いざ来てみると欲しい物がいろいろあったようで自分の方が楽しくなってしまい、嬉々として見てまわってました(笑)

naisten02.jpg

この市は毎年女性達がお店を開く市で、会場にはフェルトや木製品、布、ガラス製品、ジャムやクッキーなどのハンドメイドの品が所狭しと並べられていました。
おばあちゃんが開いているお店も多くて、手編みの毛糸の靴下とか手袋とか可愛い模様のがたくさんありました。店番している間もあばあちゃん達はおしゃべりしながら手は休まず編み物している姿がほのぼのしてました。

2時間近くも見てまわり大満足して帰った後で、彼がこれもう一つ買えばよかったよぉあれも買いたいなぁと言い出し、まだ買い足りなかったらしく、結局次の日も行ったのでした(笑)

naisten03.jpg

彼が気に入ったのは同じ工房で作られたハンドクラフトの木製品で、溝の所にパン屑がたまるようになっているミニパンボード、キャンドルホルダー、キャンドルの火消し、木琴のようにワイヤーで木をつなげた鍋敷き、などなど2度も足を運んで買い足しました。
こちらの工房の製品の特徴は長時間に渡り火で燻されパラフィンオイルを塗った木を使っていて、匂いをかぐとサブサウナの中のようなスモークのいい香りがするのです。使う度につい二人ともクンクン匂いをかいでしまいます(笑)
下の写真のカギのような形の木製品は溝の所にチューブ式調味料やハミガキ粉などを入れて巻き込み最後までムダなく使うものです。これも彼は気に入って大小と違うサイズで買ってました。

私も鳥が半立体で描かれたガラスのオーナメントやお菓子の家、クッキー型など、完全に私の趣味で家の役には立ちそうもない物をいろいろを買ってもらいました。どうもどうも。
赤い鳥はpunatulkku、黄色い鳥はtalitinttiという名前でどちらも冬の鳥なのだそうです。
窓の側につるして朝晩眺めています。

lintu02.jpg

2008.12.07 | Comments(8) | ヘルシンキ/街の風景

独立記念日 Itsenäisyyspäivä

12月6日はフィンランドの独立記念日でした。1917年にロシアから独立したので、まだ百年にも満たない若い国だというのは何だか不思議な感じ。
この日はほとんどのお店が閉まってしまうということで、金曜の夜は食料の買い出しをする人でスーパーも大にぎわい。

dinner01.jpg

前日の夜はフィンランドのビール「LAPIN KULTA ラピン・クルタ」のホワイトボトルでお祝い。こちらは黒ビールでした。

dinner02.jpg

ビールに合う料理という事で、じゃがいもをハッセルバックス(ドイツの料理ですけどね…)にしたのと、大っきなマッシュルームをお店で見つけたのでキノコの肉詰め、バルサミコ酢とニンニクでローストしたトマトなどのディナープレートを作りました。
こちらのジャガイモは皮つきのまま食べてとても美味しいです。私は普段あまりビールは飲みませんがジャガイモ料理にはよく合いますねぇ。

独立記念日当日はいたる所にに白地に青のクロスのフィンランド国旗が掲げられ、街は人通りも少なくとても静かでした。
朝からテレビではフィンランドらしくサウナの歴史についての番組をやっていました。
スモークサウナにサウナボートにアヴァント(サウナの後に湖に張った氷に穴を空けて中に入る)、友達同士でも家族でも入るサウナ。いかにフィンランド人がサウナを愛しているか、とても面白かったです。

昼間は友達とクリスマス市へ行き、夜は大統領官邸で行われる記念パーティーでハロネン大統領が招待客と延々と握手する生中継をテレビで見ました。これを毎年家で見るのがフィンランドの恒例行事なのだそうです。なんと大統領は3千人位と一人一人握手するそうで、最後はさすがに夫君共々疲れが顔に滲んでいました…(苦笑)
握手が終わるとダンスタイムが始まり、ワルツとかではなく、ラテンやジャズなどの生演奏という選曲はなかなかカッコ良かったです。


2008.12.06 | 暮らし

ヘルシンキ 12月

なんだかあっという間に12月になってしまった気がします。
ヘルシンキに到着してから出かけるたびにカメラを家に忘れてぜんぜん街の様子を撮ってませんでしたが、やっと撮影しました。
今日もヘルシンキは朝から曇り空で小雨がパラついていました。日照時間が短いので冬中ずっとこんな空模様なんでしょうね。気温は+6度でけっこう温い。これくらいの寒さならまだ平気ですね。

クリスマス アドベントも始まって街はクリスマスの雰囲気がいっぱい。
まずはヘルシンキの街の象徴ともいえる大聖堂。今はシンプルなクリスマスツリーが立っています。

tuomiokirkko.jpg


お店のショーウィンドウのクリスマスらしい飾りつけを一つ一つ見るのも楽しいです!

xmas_win.jpg


老舗っぽいチョコレート屋さんのショーウィンドウ。おじ様もたくさん入ってましたよ(笑)


machi.jpg

こちらの粉雪がつもったミニチュアの街のディスプレイも可愛い!


tontu.jpg

こちらはサンタの助手トントゥ。フェルト製で温かそう。でもお花屋さんのディスプレイなのです。

途中から雨が降って来たので早々に帰りましたが、まだまだ素敵なショウィンドウがたくさんありそうなので、また撮ってみようと思います!








2008.12.03 | Comments(16) | ヘルシンキ/街の風景

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。