FC2ブログ

懐かしのカレーライス・セット

日本から遊びに来ている友達を案内して、またまたkirpputoriやフリマ巡りをした私達。

何でも形から入るタイプの私は、カレー食べる時に使いたいなぁと思っていた「Ruska」の皿をとある店でかなり手頃な値段で見つけたのでさっそく選んでいると、またしても旦那さんがこの皿は好きじゃない…と言う。しかしその日は私も財布を持っていたので強気で無視。
他にもいいなと思うものがいろいろあって目移りしながら物色中ふと旦那さんを見ると、何故か ”アラジンと魔法のランプ ” みたいな銀のソースポットを手に持っている。
…もしかしてそれ買うの?と聞くと「買イマス」と言う。
…もしかしてカレー食べたいの?と聞くと「食ベタイ」と言う。
ここにも形から入るタイプの人間が一人。
「だったら私は、Ruskaの皿で絶対カレー食べるもんね!」と主張すると、1枚にしとけと言う。
なんでっ!2人分だから2枚買う!少シ考えてカラっ!いやだーっ!と、友達の前で散々もめた私達。
しかし「Ruska」は釉薬の加減で一枚一枚かなり異なった色と風合いなので、似たようなのが見つからず結局1枚しか買えなかった。
旦那さんは、しっかり魔法のランプのソースポットをお買い上げ。後で値段を見たら私の皿の倍近くもしているではないかっ(怒)なんだか納得がいかない私なのだった。


kari01.jpg

それでもその日の晩ご飯はカレーを作りました。昔、母が作ってくれたような辛くないカレー。
例のソースポットにルーを入れたらさらにレトロな雰囲気で、子供の頃デパートの食堂で食べたカレーとか、大人になってからだと新宿中村屋の純印度式カリーを思い出しました(笑)

kari03.jpg

さっそく私の分だけ「Ruska」の皿に盛ったら、それを見た旦那さん、あれ?意外といいかも…という表情。「私達モット、コノ皿買いマス」なんて言ってる。
その後わざわざ買った皿を持って近所のアンティーク屋へ行き、これと同じのが欲しいんだけど、と聞いてみたが、うちは置いてない、とあっさり言われ旦那さん撃沈。
だ、か、ら!2枚買うって言ったのにっ!!

まぁでも夏はやっぱりカレーですよね。たとえフィンランドで暮らしていても。

2009.07.23 | Comments(8) | 可愛いもの/好きなもの

蚤の市めぐり

旦那さん夏休みということで最近はヘルシンキ市内のフリマやkirpputori(蚤の市)にいろいろ行ってます。

hieta.jpg

まずは近場から、久々にヒエタラハティのフリーマーケット Hietalahdentoriへ行ってみました。
夏ってことで出店数も多く賑わってました。
私はフリマや蚤の市では、キッチン用品や食器を探すことが多いのですが、いくつかヴィンテージで欲しい物が見つかったけど、うちの近所のアンティーク屋よりは安く買えるかな、との期待虚しくどっこいどっこいの値段…。
やっぱりここ数年のARABIAやiittala人気で全体的に値段高め。郊外なんかの方が掘り出し物がありそう。でもヘルシンキ近辺は、もうどこもそんなに安くないのかもしれない…。

そんな中、大好きなデコレーター Esteri Tomulaの「krokus」モノクロのお皿がまとめて数枚出ていて、買ってもいいかなという値段だったので2枚程ゲット。

krokus01.jpg

包んでもらっていたら、お店の人がもっと大きい皿も並べてないけど裏にあると言ってダンボールから出してきて、大きい皿の方が使いそうなので交換してもらった。
皿は24cmくらいでこのサイズは我が家ではよく使います。

krokus02.jpg

以前に近所のアンティーク屋さんで見つけて手に入れたキャセロールも一緒に並べてみました。
お店では蓋だっていって上の小皿もセットだったんですが、いろいろ見てもこのキャセロールに蓋は付いてないようなので、もしかしたらオマケで得したのかも?

他に日本でも大人気の「Faenza」のケーキ皿も数枚出ていて、こちらはけっこう安めの値段だったので欲しかったけど、旦那さんはこの柄が大嫌いなのであった。理由は子供の頃から家にたくさんあって、ずっと好きじゃなかったのに、なんでまた買ってまで家に置かなきゃならんのかっ!という事らしい。今それらのお宝は全部彼の妹の所へ…。
あの小さい花柄がガーリーで可愛いのにさっ!それでも2枚くらいならいいでしょ~と買おうとしたが、二人で使うもんなんだから絶対ダメ!と珍しく断固拒否され断念(泣)
フィン人の彼からしたら昔家にあった古い食器が新品でもないのに結構な値段で売られていて、特にお店の人は日本人とわかると高めでも買うので安くしない、というのはまぁ間違いではないと思う…。それでも「krokus」は買ってくれたのでよしとするか。

2009.07.06 | Comments(10) | 可愛いもの/好きなもの

マリメッコ 『pakkanen』

日本でも大人気のマリメッコですが、実は私、嫌いじゃないけど積極的に欲しいという事はあまりなくて、お土産やプレゼント以外に自分用に購入することはほとんどなかったのですが、久々にこれは!と思った柄がありました。

pakkanen_box.jpg

それは『pakkanen パッカネン』という名前のテキスタイル。むくむく丸っこい鳥と赤い木の実が描かれて、なんだか妙に可愛い。丁度こんな感じの鳥のドローイングはminä perhonen のテキスタイルでも昔あったなぁと思いましたが。

marimekko_cover.jpg

最初は春を先取りした柄なのかな、と思っていたら『pakkanen パッカネン』とは氷点下の意味。クリスマスにロバニエミへ行った時にその意味がわかりました。

rovaniemi.jpg

朝起きて窓の外を見ると、たくさんの鳥たちが木に群がって赤い実をついばんでいました。赤い木の実はpihlajanmarja(ナナカマドの実)で、鳥たちはこれを食べると酔っぱらうのだそう(笑)
この時、木に集まっていたのはTilhiティルヒという名の冬の鳥で、赤い実をくわえている姿がクリスマスカードなどにもよく描かれていましたっけ。
フィンランドでは冬の風物詩らしいです。

というわけでマリメッコの布に描かれている鳥もこのTilhiティルヒかTalitinttiタリティンッティという名の鳥らしく、だからテキスタイルの名前も『pakkanen パッカネン』という冬らしい名前がついていたのでした。

2009.01.07 | Comments(12) | 可愛いもの/好きなもの

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ