FC2ブログ

10年目のル・クルーゼ

最近かなり暖かくなってきていたので、このままいくかなぁと思っていた甘い考えを裏切るように、一夜で外は一変してまた銀世界に逆戻り…。あいかわらず冬が続いているフィンランド。晴れた日程気温は下がって歩いていると顔がキンキン痛い…。冷え込む晩はコトコト煮込み料理を作ることがまだまだ多いです。そんな日に我が家で大活躍なのがル・クルーゼの鍋(略してルク鍋)。

lukunabe00.jpg

私がルク鍋を初めて手に入れたのは、もう今から10年以上も前になりますが、パトリス・ジュリアン氏のキッチンに影響され、それだけで自分の安アパートの台所が、おフランス風に洒落た雰囲気になったような気がして1人悦に入っていたっけ。そうだ当時私はフィンランドではなくフランスに住んでみたかったんじゃなかったっけ…?。最初のFだけ一緒だけれども(笑)
その後フィンランド移住の際にも嫁入り道具にしてはずいぶん年期が入ってるけど、そんなところも自分と同じかと一緒に連れて来たサフランイエローのルク鍋。大切に使っていたので年数の割に外側はけっこうピカピカだけど、内側は長年のうちに焦げ付かせてしまったりで、すっかり底が黒ずんでかなりのくたびれ具合…。
これを手に入れた当時は一人暮らしだったけど今は家族となり、食欲旺盛の冬馬のことを考えると今までの大きさの鍋ではとても足りないと思い、10年ぶりに一回り大きいサイズを新調。ルク鍋2号が仲間入り。

lukunabe001.jpg

鋳物鍋の特徴である、ずっしりとした重さが私はけっこう嫌いじゃない。このお陰で中火くらいでも熱のまわりがよく、煮込み料理がほどよく仕上がる。火を止めてからもコトコト煮込んでくれて、出来上がってからもかなり長い時間冷めないから、スープなどずっと温かく飲める。
このままオーブンに入れることもできるから何時間も煮込みたい場合などは、鍋ごとオーブンに入れてしまいます。蒸篭で蒸し物なんかも蒸し板をセットして全部ルク鍋一つですませてしまう。我が家で一番活躍している鍋といえるでしょう。
そして鍋ごと食卓にどーんと並べてしまってもいい感じな外見も好き。
どーん。


【“10年目のル・クルーゼ”の続きを読む】

2011.02.12 | Comments(21) | 可愛いもの/好きなもの

2周年 Hääpäivä

ガトーショコラ うさぎ柄 その1

一昨日は2回目の結婚記念日 Hääpäivä でした。
まだ2周年か…って感じで、この2年の間にいろいろな事があり過ぎて自分的にはもう4、5年位経ったような感覚なんですが。
お互いなんか老けたね…(苦笑)まぁ実年齢も若くはないんで当たり前だけど。
昨年は初めての結婚記念日だったわけですが、なんと忘れてました…。急遽日本へ私だけ帰国していた時で、滞在中もいろいろな事が重なり、まったく心に余裕がなく旦那さんからのおめでとうの電話でハッと気づいたという…。

ガトーショコラ うさぎ柄 その2

そんなわけで2年目はケーキくらい焼いてみるかと、ガトーショコラを作ってみました。
それだけだとちょっと淋しい感じがしたので、卯年にちなんで兎の形に切った紙をのせて粉砂糖をふってみたり。
冬馬に見つかるとまたくれーくれーとうるさいので、寝た後にこっそり二人で食べる親。
チョコを食べてる時に冬馬に見られたりすると、「美味しくナーイ。ドクだから食ベチャダメ!」とか言ってる旦那さん…。だったら自分も食べるな、と心の中でツッコミを入れる私。
レシピ通りメレンゲをしっかり立てて作ったせいか、しっとりした中身になりなかなか美味しくできました。

お皿はクリスマスにロヴァニエミへ帰省した際、大晦日の前日に行ったKirpputori(フリーマーケット)で見つけたお盆のように大きな「Faenza」。真ん中にチマチマ小さい花が密集していてカワユイ。これだけ大きければプッラとか焼いた時置き場に困ってたのが全部盛れるかも、と買う気満々になったのですが一つ問題が…。以前ブログにも書いたように、旦那さんは「Faenza」の柄が大嫌い。しかしなぜか大皿好きなので、こーんなに大きいのに値段的にも凄い掘り出しものだというのを強調したらあっさりOKが出た(笑)
旦那さん実家に帰って義母に見せたら「あらぁ、うちの倉庫にこの柄のコーヒーカップとかケーキ皿のセットとか1ダースくらい残ってるわよ。」と言われ愕然。もしかして家にあるのに買ってしまったのか…と思ったら、さすがにこんな大皿はないとのことだったけど、全部妹がもらったと言ってた旦那さんの嘘バレバレ(苦笑)倉庫整理の際は、ぜひうちも欲しいと義母にアピールしておいた。


-ちょっとお知らせ-
ポップアップを試してみたくて、画像をクリックすると拡大画像(右下矢印をクリックするとさらに拡大)や別画像が見られるようにしてみました。ポツプアップの移動も可能。Windowsの動作確認はFirefoxしかしてないので、IEで見られない場合など知らせてもらえると助かります。

2011.01.16 | 可愛いもの/好きなもの

aarikkaのヴィンテージ・ブローチ

先日行ったアンティーク市で手に入れたaarikkaのブローチ。
aarikkaらしい大小の木の玉を組み合わせた、ゆらゆら揺れるブローチは1960年代の物だそうで、月日を経た木の風合と落ち着いた玉虫色のようなグリーン系の微妙なグラデーションもいい感じ。

aari01.jpg

古い年代の物ですがパーツの破損もなく、まだまだ現役で使える状態で、お値段もお店の人がおまけしてくれてヴィンテージにしてはなかなか手頃でした。
aarikka(アアリッカ)は1950年代から白樺や松などの自然素材を使ったアクセサリーやオブジェなどを製造しているフィンランドのブランドで、羊やクリスマスのオブジェなど素朴で温かみがあります。

aari03.jpg

これからの季節、ウールのカーディガンにつけてみたり、

aari02.jpg

革ひもを通してネックレスにしてもいいかもと、コーディネートを考えてみるのも楽しい~。

aari04.jpg

日々の育児に追われて忘れかけていた、お洒落心を思い出させてくれた、お気に入りの一品です。

2010.11.08 | Comments(38) | 可愛いもの/好きなもの

おばぁちゃんの手編み Mummon kutoma

ヘルシンキにもついに初雪が降りました。まぁ積もることもなく、ちらっと降ってすぐ止みましたが。
寒くなってくると登場するのが毛糸の靴下。普通の靴下の上にさらにこの毛糸で編んだ厚手の靴下を履きます。外へ行く時にも履きますが、部屋の中でも履きます。
毛糸の靴下は手編みする人も多く、おばぁちゃんの手編みなんていうのも多いのです。

kutoma01.jpg

我が家も旦那さんのおばぁちゃんが編み物好きで帰省する度に毎回たくさん貰っていて、毛糸の靴下だけで引き出し一段が埋まる程。
短いのから長いのまで様々な模様や形があって、見ているとほっこりとした気持ちになります。作ってくれた人の気持ちがこもっている感じがして、やっぱり手編みっていいですね。

kutoma02.jpg

最近では冬馬のものも増えてきました。お父さんとお揃いのも貰いました(笑)

手編みは靴下だけでなく手袋などもよく見かけます。写真のは北カレリアの村へ旅行した時に、地元のバザーに出店していたおばぁちゃんから買ったミトン。模様と色合いがフィンランドらしくて気に入ってます。隣に写っているのも手作りのキノコのキャンドル。もったいなくて火は灯せません。
おばぁちゃんが作ったものってどうしてこう素朴で可愛いんでしょう!本人はぜんぜんそんな事は意識してないと思うのですが。

kutoma03.jpg

私は昔から何故か、おばぁちゃんやおじいちゃんの持ち物や服装、佇まいに惹かれてしまうのですが、街で味のあるおばぁちゃん、おじぃちゃんを見つけるとついつい写真を隠し撮りしたりして、旦那さんにも「アナタ、フルイ人ガ、スキ」と言われてしまう(笑)
自分もこんな風にいい年のとり方をしたいもんだ、と思う今日この頃。


-おまけ-
これも北カレリアの手工芸センターのような所で見つけた、編みぐるみのキノコ。本当は針山なのですが、けっこう大きいのでガラス棚に飾っています。小さなキノコまでちょこっとついているところもお気に入りの一品。

kutoma_kino.jpg


2010.10.16 | Comments(20) | 可愛いもの/好きなもの

涼やかなガラス

暑中お見舞い申し上げます。

rovatate.jpg

今年の夏は本当に暑い…。35度とか36度とか…本当にここはフィンランド?北欧の爽やかな夏はどこへ…。ほとんど窓が開かない作りになっているこちらの住居は、風通しが悪く蒸し蒸し地獄。
夜も寝苦しいことこの上なし。知人の息子さんは、暑すぎてなんとベランダで寝てるとか…。
ギョギョギョ。…。…。
気持ちだけでも涼しさを感じたい今日この頃。

fauna01.jpg

旦那さん実家へ帰省中、義母、義妹と一緒に連日のようにKirpputori(フリーマーケット、蚤の市)巡りをして手に入れたガラスを取り出して眺めてみたり。

こちらのフリーマーケットは本当に不要品を出してるなぁ…っていうのも多いですが、時々おおっ!て物が、ええっ!?ていうヘルシンキでは考えられない値で出ているのが魅力。
毎日何をそんなに買うんだ…と旦那さんと義父は思ってたと思うけど、いろいろ見るだけでも楽しいのよね。女はやっぱり買い物が好き~。旦那さんは運転手、義父は冬馬の子守りで留守番、と男達は大人しく女達に従うの図(笑)


【“涼やかなガラス”の続きを読む】

2010.07.15 | Comments(20) | 可愛いもの/好きなもの

Tapiovaaraのダイニングセット

年2回カタヤノッカで開かれるアンティーク見本市に今回は冬馬もベビーカーに乗せ旦那さんと家族全員で、初の大物、家具を探しに行って来ました。
で、ちょうど見つけたのがこれ。

tapivara01.jpg

フィンランドを代表するデザイナーの一人、Ilmari Tapiovaaraの『Fanett』という椅子です。
全体的に曲線を描いたような柔らかいデザインで、昔おばあちゃんの家にでも置いてあったような懐かしい雰囲気もあります。

以前、旦那さんの実家に行った時、居間に置いてあった『Mademoiselle』という椅子が凄くいいなぁと思って、それからアンティーク屋さんなどで目にしてこれいいなと思うとIlmari Tapiovaaraがデザインという事がよくあり、いつか手に入れたいなぁと思っていたのでした。
旦那さんも私も50年代~60年代くらいのレトロなデザインの家具が好きでして、Tapiovaaraの椅子などの脚が下へ行く程シュっと細くなる形は物凄くツボなのでした。

さてこの日探しに来たものとは、椅子の他にダイニング用のテーブルでした。
実は我が家のダイニングテーブル、というより飯を食べるテーブルのような所(…)は、旦那さんが○十年も前、大学生の頃にゴミ置き場から拾って来たという板に足をつけ、もう片方は引き出しを下に置いただけで凌いでいたのです。テーブルの下に足がちゃんと入らないので常に横座りの体勢で腰掛けなければならず、肘をつくと天板はグラつくし、もういい加減買おうよっ!という事で一度は決心して「AERO」に行きTapiovaaraの『Pirkka』というシリーズのダイニングセットを買おうとしたのですが、予約してから3か月待ちと言われ…もっと他も探してみようかな…と何となく弱気になってしまい撃沈。それから更に半年が経過したのでした…(苦笑)

が、しかし、ついにこの日、椅子とお揃いのダイニングテーブルも見つける事が出来ました。


【“Tapiovaaraのダイニングセット”の続きを読む】

2010.03.17 | Comments(14) | 可愛いもの/好きなもの

蒔絵の香合

冬馬の出産祝いにと友人がプレゼントしてくれた蒔絵の香合。

kougo_hako.jpg

友人の親族でもある蒔絵師・伯兆さんへ注文して制作していただいたもので、私の好きなキノコがいっぱいの図案が素晴らしい!

kougo01.jpg

縁取りは金、内側には漆や毒キノコの水玉部分にはさまざまな技法の螺鈿が施され、ちょっと怪しげで渋カワイイ雰囲気もとってもツボな一品。
さすが私の好みをよくわかってくれている友人が注文してくれただけの事はある。

kougo02.jpg


裏にも技あり。
北欧らしくベリーや。。。

kougo_berry.jpg

飼い猫マメにちなんで黒猫まで入れていただきました。

kougo_neko.jpg


【“蒔絵の香合”の続きを読む】

2010.03.04 | Comments(14) | 可愛いもの/好きなもの

アンティーク見本市 Antiikkimessut

昨日は晴れた良い天気だったので親子で散歩、ついでにカタヤノッカで開かれていたアンティーク見本市へ。旦那さんと冬馬とは入り口で分かれ、一人で見てまわりました。
なぜならフィンランドもインフルエンザが猛威を振るっていて、祝日のこの日はほぼ全てのお店が閉まっているのもあり行き場を求めてたくさんの人が集まって来るのが予想され、冬馬への感染が怖かったので…。
案の定Wanha satamaの会場は、通路やお店に人が溢れんばかりで前に進めなくなる程の賑わい。

anmesu01.jpg

フィンランド全土、スウェーデンからも出店しているヘルシンキ最大のアンティーク市なのでブースの数もかなりあり、ざっと見てまわるだけでも1、2時間はあっと言う間に過ぎてしまった。

anmesu02.jpg

今回も食器や布を中心に見ていたのだけど、Arabiaのヴィンテージはどこも同じような品揃えと値段であまり買いたいと思うものがなく、これいいなと思って手に取るとデンマークのRosendahlとかドイツのRosenthalのだったりした。この2つのメーカーは読み方も綴りも似ていて紛らわしい…。
全体的に値段がやはり高め。それに入場料15ユーロって高いなぁ…。入場料を払っているので何か買わないともったいない、という変な気持ちになりブースを行ったり来たり。
フィンランドに住んでから物欲がなくなったというか…自分でも驚く程サイフの紐が固くなり、以前だったらぱぱっと買ってただろうという感じの物でも何度も考えてやめたり。まぁ日本のアンティーク屋や古道具屋に比べて品物のわりに値段が高いっていうのも影響してるのですが…。
そんなわけで迷いに迷って買った戦利品はこちら。


【“アンティーク見本市 Antiikkimessut”の続きを読む】

2009.11.01 | 可愛いもの/好きなもの

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ