アサリと葉山葵の夕べ

11月2週目の日曜日は、フィンランドでは父の日だった。
この日私が楽しみにしていたのは、大きめのスーパーで珍しくアサリを見つけたので、晩ご飯に酒蒸しを作ること。
アサリはここフィンランドでは一般的にはほとんど売られていない。たまに見かけてもかなり高いので、何か特別な時じゃないと買えない贅沢品(泣)。
すごーくよく似たSydänsimpukkaという貝も時々売られているのだけど、だいたいこの二つは並べて置かれていることが多く、しかし値段はアサリの方が高いので、買う時も間違えないように何度も店員さんに念をいれて確認。ちなみにアサリはVongole(ボンゴレ)simpukkaと呼ばれているので、日本人ならすぐに分かるはず。

asari.jpg
そんなわけで、次いつアサリにありつけるか分からないので、扱いも俄然丁寧に慎重になるわけで、前の晩から海水と同程度の濃度にした塩水に暗く静かな場所で一晩アサリ様を寝かせ、砂を吐き出してもらい、魚介類に合うという白ワインを買って来てもらい酒蒸ししたのだった。
一度に食べきるのはもったいないので、半分は冷凍保存。楽しみは永く(苦笑)。
久しぶりのアサリ様は、出汁がよく出て、殻から身をだしながら食べている間中、家族全員無言、食べることのみに集中、という美味しさでした。体の芯に染み込む味というかね、あ〜美味しい!子どもの頃から貝が大好きなので、この国の貝の種類の少なさ(せいぜいムール貝かホタテくらい)と値段の高さには、日頃からかなり落胆していたのだった。
冬馬はたしか初めてのはずなのに、私に似てかなり小さな時から魚介類が大好きなので、すごい勢いで食べていた。夫も食に保守的なフィンランド人の中では異色というか、お刺身生魚大好き、イカやタコもOKという人なので、さらにお酒で蒸すというので食指が動いたらしい。

hawasabi.jpg
そして夫は私以上に薬味好きで、山葵が大好き。勢い余ってご飯にそれだけのせて食べてるくらいなので、ストックマンデパートで葉山葵を発見すると、すぐさま買って帰ってきた。なんかぱっと見、本当に葉山葵?って感じで、匂いも味もほとんどないけど、フィンランド産だった。せっかくだから、これもちょっとアサリの上に散らしてみた。調べたら辛みを出すには下処理が必要らしい。
葉山葵なんて、父の山の家の裏庭にわんさと自生していて摘み放題だったのを思い出した。水の綺麗な所じゃないと育たないらしい。
水菜なんかもフィンランド産のが、最近はたまに置いてあったりする。ぜんぶ日本名のままというのが、なんだか嬉しい。

isa2016.jpg
食後は、焼いておいたいつものガトーショコラを食べて、ちょっと贅沢な気分の父の日であった。
冬馬は、フィンランド語と日本語のカードをお父さんへあげていて、これも成長を感じる日だった。


2016.11.16 | くいしんぼ雑記

ハロウィンのかぼちゃクッキー

フィンランドでは元々ハロウィンの習慣はないものの、ここ数年でハロウィンをイベントとして楽しむ傾向になって来ている。

kurpik01.jpg
我が家も今まではあまりやる気がなかったのだけど、昨年ジャック・オー・ランタンを初めてくり抜いてからというもの、冬馬はハロウィンが好きになったようで、今年はクッキーも焼いてみた。
ネットでレシピを探していたら、かぼちゃ型のクッキーを見つけて、さっそく冬馬と一緒に作ってみた。

kurpik04.jpg
もっと冬馬が小さかった頃は、一緒に小麦粉粘土でパンや野菜を作って遊んだりしていたことを思い出して、楽しかった。カボチャのへたの部分は、カボチャの種を差して、かぼちゃ尽くし。
このクッキーは材料も少なく生地の扱いも楽で簡単に出来て、見た目も可愛らしく、なかなかよかった。

kurpik03.jpg
かぼちゃのペーストが、まだたっぷり残っていたので、前々から作ってみたかったアイスボックスクッキーも試しに作ってみた。これは成型がけっこう難しかった。いちいち生地を凍らせたり冷やしたりしないといけないので、時間もかかる。

kurpik05.jpg
かぼちゃの口や目、鼻を棒状に作って配置し、凍らせ固めた後に切って焼く。切っても切っても金太郎飴のようにかぼちゃの顔が出て来て、この作業はかなり楽しい。

kurpik06.jpg
残ったココア生地でコウモリや黒猫の型を抜くのは冬馬も一緒にやった。

kurpik02.jpg
アイスボックスクッキーはちょっと手間はかかるけれど、一度に沢山出来るらしく、2本分生地を作ったものの、1本はまだ冷凍したまま。数えたら1本で30枚も焼けたので、次の日会うことになっていた友達にもお裾わけした。

kurpik07.jpg
冬馬の小学校では、これから仮装の日の他に、18時〜20時迄とちょっと遅い時間にディスコ大会も開催される。なぜかハロウィンの10月31日ではなく、いつも11月に入ってからこうしたイベントは行われる。
フィンランドでは11月の第一週に諸聖人の日(万聖節)というのがあり、こちらの方が重要らしく、この日はお墓参りをしたり死者に祈りを捧げ静かに過ごす日なので、パーティーとは真逆な日なのだけれど。


2016.11.02 | くいしんぼ雑記

無花果と石榴のガトーショコラ

今年の夫の誕生日ケーキは、いつものガトーショコラの上に秋らしく無花果とザクロの実をのせてみた。
ガトーショコラだけだといいかげん私が飽きるので、毎回違う果物をのせてみることにしている。夫の好みとかはあまり関係ない(笑)。

hvp2016_01.jpg
無花果はフィンランドでは高級品という感じの扱いで、スーパーなどでも一つ一つ紙が敷いてあったり包まれていたりするのだけど、今年は何故かいつもの年よりかなり値段が下がっている気がする。無花果は元々大好きなのだけど、フィンランドで売られているものは、鮮度もあまりよくなく小さめで、買うのをためらうことが多かったけど、今年は大きめでイタミも少なく新鮮な感じで嬉しい。

hvp2016_02.jpg
ザクロは今まで馴染みがなかったのだけど、なぜか最近夫がよく買って来て、冬馬も好きで、1個剥いて出すとスプーンでザクザクすくいながらあっと言う間に食べ終わる程、家族みんなが好き。中に種?のようなものが入っているけれど、うちでは丸ごと食べている。プチプチした食感も私は好きだ。
この二つが、意外と濃厚なガトーショコラに合っていて、口休めにになるし美味しかった。

hvp2016_03.jpg
夫の髪もこの頃ではだいぶ白くなり、先日まじまじと見るとサイドはほぼ真っ白というか地毛と合わさって銀色に。
このままいけば順調にロマンスグレーになるだろう。そんな時、この人、私と一緒になってだいぶ大変だろうなぁと、人ごとのように思う(笑)。そこは運命と思って諦めてほしい。
というか、もう諦めていると思うけれど(笑)。夫よ、これからも、よろしく。
お互い着実に年を取ってるなぁ…と感じる夫の誕生日であった。

2016.09.20 | くいしんぼ雑記

夏の終わりのゼリー

すでに秋の気配が漂いはじめたフィンランド。こちらの夏は、日本の蒸し暑さに比べたら気温もそれほど高くならず、湿気も少ないので過ごしやすいのだけど、夏の終わりから秋の始まりの季節の変わり目は、やっぱり少し体がダルくなり疲れ気味になる。

ciderjelly.jpg
夏はフィンランドの市場にもいろいろな種類の果物が出回り、嬉しくなってついついまとめ買いして食べきれそうもないと思った時は、コンポートにしたりするのだけど、実を食べた後に残るシロップも何かに使えないだろうかと、いつも捨てるのは惜しくて冷蔵庫にとっておく。
ある日、これをゼリーにしたら使いきれるし、今の時期に豊富なベリー類を入れたりすると見た目もきれいでよいかもと思い、ネットでいろいろ見ていたら、サイダーのゼリーというのを見つけた。
さっそくゼラチンを入れて冷やし固め、フォークですくってクラッシュゼリーにして、杏コンポートの残りシロップで作ったゼリーの上に2層にし、桃やベリー類と一緒にグラスに盛りつけてみた。サイダー部分は、ほんのりと炭酸のシュワシュワが感じられて、喉ごしもよかった。
いつもは炭酸はノドが痛くなると言って飲めない冬馬も、ゼリーにすると食べられた。炭酸は疲れによいと言うのもあるのか、夏の帰省から戻った後、体調を崩していた夫が一番喜んで食べていた。

yomilkjelly.jpg
ゼリーはだいたい液状のものなら何でもゼラチン粉で固めて簡単に作れるので、サクランボのコンポートの残りシロップにブルーベリージュースを足して作ったゼリーに、ヨーグルトとコンデンスミルクを混ぜた濃いめのゼリーをのせたものも作ってみた。いろいろ組合せを変えて2層にすると、ちょっとした味の違いが楽しめる。
夏バテ気味の時にも、これならすんなり喉を通ってお腹にもたれないので、夏の終わりにもよさそうだ。

2016.08.13 | くいしんぼ雑記

お正月あとのお楽しみ

お正月は、お節のために日頃あまり手を出せない食材も奮発するので、残ってもちょっと贅沢な和食やお菓子を作ることが出来て、それも楽しみの一つだったりする。

siratama01.jpg
今年は黒豆をたっぷり煮たので、妹が日本から送ってくれた白玉を入れて、おやつに。黒豆の汁の半分にはブランデーを入れておいたので、こちらは大人用。これがなかなか美味しい。白玉にはきな粉を入れたものも作ってみた。

siratama02.jpg
優しい味と食感の懐かしい和のお菓子に癒された。ああ、何年ぶりだろう白玉食べたのは…としばし感慨に浸った。欲張って汁をたっぷり入れたので、黒豆が沈んで見えてないけど笑。

mochi.jpg
残ったお餅で、定番の安倍川ときな粉餅も。冬馬は、食の好みがけっこう渋くて、きな粉より安倍川が好き。私はきな粉。フィンランドのクリスマスのお菓子ジンジャーブレッドに使うダークシロップは、黒蜜にかなり近いので、和のお菓子にも使えてこれは便利。

kabobri01.jpg
そして今年のお節では、サツマイモが手に入らず、家にあったカボチャのピューレをかわりにいれてカボチャきんとんにしようと思ったのだけど、缶詰の栗が茶色かったし、味も見た目もきんとんとは別ものって感じになってしまったので、カボチャにシナモンを入れてブリオッシュ生地に練り込んだ。丸形のパンが作りたくて、手持ちの古いル・クルーゼの蓋のつまみを250度以上の高温でも耐えられるように、ステンレス製につけかえたので、ちぎりパン風にして焼いてみた。

kabobri02.jpg
これがモッチモチ〜に出来てなかなか美味しかった!色もカボチャの黄色がきれいに出た。
朝食にバターたっぷりの甘いパンを頬張る私を、甘いパンは食事中には食べない一般的なフィンランド人の夫は、「おいおい…これを朝に食べるのかい?」という表情で見ていたけれど、食べたら美味しいといってくれた。ほのかなカボチャの甘みも感じられて、これはなかなかいけた。冬馬にはカボチャはプリンがいいのに!と言われ、食べてもらえなかった。モチモチという食感が食べたことがなく、ダメだったらしい。
以前買いだめしたカボチャのピューレの缶詰は、熟す前のものも入っているのか、時々あまり美味しくない缶もあって、これは生地に混ぜ込んで、クッキーやパンにした方がいいなと思った。缶詰だと賞味期限が長いので、また秋が来たらこれで色々作ってみようと思っている。

2016.01.25 | くいしんぼ雑記

パンを焼く

最近になってやっと、パン作りに目覚めた。鍋でご飯を焚くように、ほぼ毎日パンを焼いている。
私が作りはじめたのは、高加水パンというもので、捏ねなくてよく、STAUB(ストウブ)という鍋で焼くだけという、食いしん坊だけど面倒くさがりの自分に合った方法(笑)。

staubpan01.jpg
材料は強力粉、イースト、水、塩のみと、いたってシンプル。高加水というだけあって水分量が普通のパンより多く、長時間発酵が特徴。焼きあがるまでトータルで15時間以上はかかるけれど、前の晩に材料をボールかタッパーに入れてヘラでささっと混ぜ、夜寝ている間に一次発酵させておくので、さほど時間がかかるという感じはしない。次の日にストウブ鍋の中に生地を入れて室温で2時間二次発酵させて、あとはオーブンに鍋ごと入れて焼くだけ。
これだけで、パン屋さんで売られているようなバゲット風のパンが、初心者の私でも出来る。
外側はパリパリ中はモチモチの焼きたてパンは、とても美味しい。
この方法で作れば、失敗するということはまずないと思うくらい、作り方も簡単なので、またすぐ作ろうという気持ちが持続できるのも良い(笑)。

staubpan03.jpg
パンは主食で、夫も息子も毎日沢山食べるので、1斤なんて1、2日でなくなる。ホームベーカリーがあった方が経済的かもと思っていたけど、道具を買い足す必要もなく手持ちの鍋で出来るのはとてもいい。
赤ワインとシナモンスティック漬けレーズン、白ワイン漬けイチジクなどのドライフルーツや、クルミなどのナッツ類、ドライトマトやバジルペーストを入れたり、自分の好きな具材を好きなように入れられるところも手作りならでは。

staubpab02.jpg
コアントローに漬けたドライのクランベリーは香りが良く見た目も鮮やか。
karpalopan.jpg
トマトジュースを入れたら、きれいなサーモンピンク色のパンができた。
tomattimehupan.jpg
フィンランドは粉の種類も多く、ライ麦や全粒粉、大麦、セモリナなどいろいろな粉が普通のスーパーでも簡単に手に入るので、毎日作るうちに配合や配分を変えてみたり。
パンの焼けるいい匂いが部屋中に広がると、何ともしあわせな気持ちになる。
出来たての温かいパンを乾燥しないように布にくるんだ姿は、生まれたての赤ちゃんみたいで、見るたびに柔らかな気持ちになる。

日本に住んでいた頃は、パンが大好きで、美味しいと評判のベーカリーのパンをいろいろ食べ比べたりしていたが、フィンランドに住んでからはパンが主食となり、毎日嫌でも食べるようになると食傷気味になってしまい、あまり食べなくなっていた。
こちらのパンは噛みごたえのあるグラハムやライ麦、オーツ麦などの固いパンが主流で、日本のような白くてふわふわしたパンはない。何年も固いパンを齧っているうちに顎関節症になり…、ここ最近はさらにパンを食べなくなっていたけれど、鍋でパンを焼きはじめてからは、焼きたては柔らかめなので、顎にも優しい(笑)。
仕事の合間をみて、夕食の時間に間に合うように、ぱぱっとパンを焼くことが、このところの日課になっている。


2015.03.26 | くいしんぼ雑記

大人のチョコレートケーキ

家族や友達の誕生日が集中している9月。ここ1か月位ほぼ毎週のようにケーキを焼いたり、誕生日会の連続。
先週末は夫の誕生日だった。しかしその日は、最近ヘルシンキ市内に引越てさらに近所になった夫の幼馴染みの息子くんの誕生日でもあり、誕生日会に呼ばれていたので、夜家に帰ってからお祝いした。

otonacake00.jpg
チョコ好きの夫の誕生日は、いつもチョコレートを使ったケーキと決めている。
カカオ70%のビターチョコにマスカルポーネを入れて焼いてみたら、生チョコのような食感でとても濃厚な大人のチョコレートケーキが出来上がった。焼き上がりは膨らんでいた中心部が冷めるとシューっと凹んだので、グラサージュを作って流し込んだ。前回冬馬の誕生日ケーキではナパージュで苦労したけれど、今回は窪みに流し込んだので、ダムのように塞き止められる形になって上手くいった(笑)。

otonacake01.jpg
チョコが好きでない冬馬には一目見ただけで「食べないよ!」と言われ、大人2人でワンホールを食べることに。
濃いめにコーヒーを入れて、冬馬のケーキに使って残っていたラズベリーのソースと一緒に食べると、甘酸っぱいソースとチョコの濃厚さがとても合う!

otonacake.jpg
色々なコーヒーを試すのが好きな夫へ、初めてコーヒー豆をプレゼント。数年前に近所にオープンした、自家焙煎で世界各国のコーヒー豆を販売しているこだわりのカフェで、グァテマラとキャラバンと名付けられたエチオピアの豆を選んでみた。
自分はまだ飲めないけれど、コーヒー豆を挽くのが大好きな冬馬は大はりきりで、蚤の市で夫が見つけてきた手挽きの古いミルのハンドルを、ぐるぐる回していた。


2014.09.25 | くいしんぼ雑記

5周年

今週は5回目の結婚記念日がありました。
何かいつもとは違うケーキにしようと思い焼いたのはロールケーキ。
フィンランドでもロールケーキはスーパーなどでいろいろな種類が売られていますが、これが日本で大人気のふわふわロールケーキとは全くの別物…。生地はだいたいモッサリとしていて、こってりした生クリームとジャムや砂糖がどっさり。なんだか甘すぎて重いんです…。子供の頃に食べた記憶のある昔風のロールケーキっていう感じ。
私も夫も生クリームがメインのケーキやお菓子は苦手なので、滅多に買う事もありません。
でもふわふわのロールケーキは食べてみたい…と常々思っていたので、自分で作ってみることにしました。

rollcake.jpg

レシピ通りに作ったので、生地はいい感じに出来上がり、中のクリームはマスカルポーネを入れて生クリームの量を減らしてみました。
苺を並べて巻く段階になり、くるっと簡単にいくのかと思いきや、あれ?巻けない…。全然くるっといかなくて、途中から生地が裂けてくるし…あたふた(汗)。
結局なんだか歪んでしまったものの、生地はしっとりふわふわ~、そして甘すぎず軽い。こういうロールケーキなら好きです。
冷やして食べるとさらに美味しい。今ならバルコニーにちょっと置いておけば、急速冷凍です。置きすぎると凍りますけど(笑)。
夫や息子にも好評で、また作ろうと思いました。
思えばフィンランドのお菓子でふわふわな食感のものってないような気がする…。パンもお菓子もがっしり系です。

さて結婚5周年だったわけですが、夫は忘れてました(苦笑)。過去に1周年記念日をすっかり忘れていたという私には責めることが出来ませんけど(苦笑)。私達は結婚式も挙げていないし、忘れやすいんだと思います…。
以前の結婚記念日の記事で、フィンランドは事実婚が多いということを書きましたが、つい最近も夫の幼馴染みが家に遊びに来た際、「僕たち先週結婚したんだ。」と報告してきました。
このカップルはすでに13歳を頭に3人の子供がいて、同居期間も15年以上は経っているのですが、なぜか今頃入籍したそうです。これだけ長い間事実婚を続けて来て、どういうきっかけで入籍したのかちょっと興味深い気がしないでもない。
ともあれ、あっという間な気もする5周年。
お互い年を取ってからの育児なので、だいぶくたびれて来て、すでに老夫婦のようですが…10周年もあっという間に来るのだろうか…?
どんどん息子はやんちゃ坊主になって来て、体力的にきつい…その分忍耐力、精神力を鍛えないといけないな、と最近思うのでした。



【“5周年”の続きを読む】

2014.01.18 | くいしんぼ雑記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ