FC2ブログ

白夜のラップランドから

kemijoki01.jpg

今年も夏至祭を旦那さんの実家で過ごすためにラップランド地方へ1週間ほど帰省して来ました。
ヘルシンキもこの季節は夜遅くまで明るいですが、北極圏に位置するこちらでは一晩中太陽が沈まずに完全な白夜となります。そのせいで夜11時過ぎまで子供が外で遊んでいたり、大人も夜中まで外に座ってお酒を飲んだりと遅くまで起きています。
短い夏を惜しむかのように、まさに一日中楽しむのです。

rovaniwa.jpg

そして今年も悩まされたのが虫…。
北フィンランドでは夏になると蚊やmäkäräinen(マカライネン)という小さくて血を吸う虫が大量発生し、虫除けのために、養蜂家のような頭から顔全体をネットですっぽり覆う帽子や、さらには頭から上半身全部をネットで覆う上着なども売られていて、虫の多い場所では必須アイテムです。

leikki.jpg

子供も夏だというのにナイロン製のパーカーや、つなぎ、帽子や長靴を身につけて遊ばせることが多いです。
冬馬は、こんなに動きにくい格好でも庭や森を駆け回り水遊びも大好きで、その結果外に出ている顔や首筋をかなりたくさん刺されたのですが、当の本人は遊びに夢中なのかまったく気にする様子もなくケロッとしていて、子供の環境への適応力には驚かされました。
一方私はといえば、着いて早々に頭皮とまぶたを刺され、とくにまぶたはお岩さんのように腫上がり目がよく開けられない程に…。


夏至祭や森の様子などは過去記事もあわせてご覧ください。
ラップランド太陽の沈まない夜
ラップランドの夏の風物詩


【“白夜のラップランドから”の続きを読む】

2011.07.02 | Comments(10) | ロヴァニエミ Rovaniemi

雪の花

枯れ木に花を咲かせましょう。

雪の花 - ロヴァニエミにて -

lumikukka03.jpg

lumikukka002.jpg



【“雪の花”の続きを読む】

2011.01.04 | Comments(22) | ロヴァニエミ Rovaniemi

クリスマスの風景-2

ju2010_00.jpg

明けましておめでとうございます!
クリスマスから年明けをロヴァニエミで過ごしヘルシンキへ戻って来ました。
もう昨年の話なので今更って感じもしますが…記憶を残すためにクリスマスの事を書き留めておきます。

ju2010_01.jpg

ロヴァニエミでクリスマスを迎えたのは今回で2度目。ツリーにする木はいつも義父が所有する「リスの棲み家」と名付けられた小さな森から採って来て、クリスマスイブの前の日に家族全員で飾り付けをします。旦那さんが子供の頃からずーっと同じというオーナメントは毎年変わり映えはしないけれど、レトロな雰囲気で味があり私は好み。

ju2010_03.jpg

今回は見慣れない松ぼっくりのオーナメントも飾られていて、珍しく買ったのかな?と思っていたら、もともとツリーについていた自前のもので、ちょうど松ぼっくり付きのトウヒを見つけたので採って来たらしい。それがなんだかとっても可愛らしく感じたのでした。クリスマスツリーに使われている木はずっと樅の木だと思っていたら、こちらではトウヒを使うのが一般的らしいという事も最近になって知ったのでした。




【“クリスマスの風景-2”の続きを読む】

2011.01.02 | ロヴァニエミ Rovaniemi

レトロなお家

retroie01.jpg

今回の帰省はサマーコテージ滞在は諦めたので、旦那さんの実家に居候してました。
実家は1950年代に建てられ、旦那さんの家族が住みはじめたのは60年代からなのですが、外観も内装もほとんど当時のままで、壁紙の柄とか色とかレトロでなんだか可愛らしく、私的にはとっても好みの家なのでした。

retroie02.jpg



【“レトロなお家”の続きを読む】

2010.07.08 | ロヴァニエミ Rovaniemi

ラップランドの夏の風物詩

hilla.jpg

旦那さんの実家へ帰省するといつも楽しみなのが、Lakka(ラッカ)/クラウドベリー。
ラップランドの方言ではHilla(ヒッラ)というこの黄色のベリーは、おもにラップランド地方の森にたくさん自生していて、他のベリーに比べて貴重なようで、ジャムなどの加工品もちとお値段高め。
ヘルシンキの市場でさえ摘んできたままの生は、記憶の限り一度も見かけたことがないような。
食べた時、独特の風味が残るのと酸味が強めなので、苦手という人もいるようですが、私は大好き!いつもアイスクリームやヨーグルトにたくさんかけて食べます。
Lakkaが森で摘める時期は8月なので、ごちそうになったものは昨年摘んで冷凍しておいたものでしたが、充分フレッシュで美味しかったです。

mokki05.jpg

mokki02.jpg

夏至近くになると多くのフィンランド人は田舎へ帰省し、Kesämökki(ケサモッキ)とよばれるサマーコテージなどでのんびり過ごすのですが、我が家も当初の予定ではそのつもりでした。が、これは考えが甘かった…。


【“ラップランドの夏の風物詩”の続きを読む】

2010.07.04 | Comments(12) | ロヴァニエミ Rovaniemi

ラップランド太陽の沈まない夜

2週間のラップランド滞在から戻って来ました。

kemijoki00.jpg

夏至の時期をこちらの地方で過ごしたのは初めてでしたが、いやぁラップランドは本当に一日中太陽が沈みません。
南に位置するヘルシンキでは白夜と言っても日が沈んで短時間でも夜が来ますが、この地では夜の時間になってもずっと空は白んだままで、これが本当の白夜というものなんだな、と思いました。

juhan00.jpg

juhan01.jpg

フィンランドでは6月最後の週末、夏至の前の晩に水辺でKokko(コッコ)と言う篝火を燃やしてJuhannus(ユハンヌス)/夏至祭が行われます。
滞在していたロヴァニエミでは町の中心を流れるケミ川沿いで行われました。


【“ラップランド太陽の沈まない夜”の続きを読む】

2010.07.03 | ロヴァニエミ Rovaniemi

クリスマスの風景

移住後はじめての今年のクリスマスはロバニエミでとても楽しい時間を過ごすことができました。
出発したヘルシンキの街は雪がなかったけれど、北極圏のこの街ではもちろんホワイトクリスマス!

joulu01.jpg

クリスマスイブの前の日は、彼の両親が森から切って来たモミの木のツリーに皆でリースを飾りつけ、ツリーの根元にそれぞれ持ち寄ったクリスマスプレゼントを置きました。

joulu02.jpg

joulu00.jpg

joulunkoristeet.jpg


夜は皆でお墓参りへ。こちらでは昼間ではなくクリスマスイブの晩にお墓参りに行きます。イブの日は駐車場が混むという事で私達は前の晩に行きましたが、すでにたくさんのお墓の前に雪を掘ってランプが置かれていて、その灯りはとても美しく静寂な光景でした。
この日、地元サンタクロース村ではサンタが世界中の子供達へプレゼントを届けに旅立つ出発式があったようです(笑)




【“クリスマスの風景”の続きを読む】

2008.12.28 | Comments(6) | ロヴァニエミ Rovaniemi

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ