fc2ブログ

マメの旅立ち

1月6日午前0時過ぎ、マメが旅立ちました。
17歳8ヶ月の猫生でした。
東京で一人と一匹で暮していた頃からフィンランドへ移住し家族をもってからも、相棒として時には母や姉のようにずっと側に寄り添い支えてくれて、私にとってかけがえのない特別な存在でした。

mame01_20200127011943631.jpg

昨年11月に腎不全と診断されたものの小康状態を保っていたのが、クリスマス以降急速に病状が進み、年末にはもって数日だろうと余命宣告され、最期は必ず家で看取ろうと決めました。
タイミング悪くちょうど同じ頃、夫の祖母の病状も芳しくなく、年明けに後ろ髪をひかれながらも夫と冬馬だけロヴァニエミへ5日間帰省し、思いがけずマメと二人っきりで過ごすことになった最後の時間。
毎日いっぱい撫でて言葉をかけ、その間もどんどんマメは衰えてゆき、最後の3日間はとうとう歩けなくなったけれど、そんな体になっても私が横になっていると這って側に来て、ピッタリと体をくっつけて眠る姿がいじらしく愛おしかった。まるで離れがたいとでもいうかのように…。

mame02_20200127011944ec7.jpg

亡くなる数日前のマメの瞳は、水を湛えたように潤んで不思議に澄んだ色をしていて、ああ、もうすぐ逝ってしまうのだな…と予感し寂しくて仕方なかった。
別れが辛く毎日泣きながら、自宅で輸液の皮下点滴、自力で歩けなくなってからは毎回抱っこしてトイレへ連れてゆき最後はベッドにシートを敷いて寝かせたままさせていたけれど、毎回出るとシッポでぱしぱしと私を叩いて知らせてくれる賢い子でした。

亡くなる1週間前からマメは自分からは食べたり水を飲むことさえ一切拒否していたのに、尿毒症が怖くてシリンジで水やご飯を無理にでも与え続けてしまったことは今でも悔やまれる。
延命する気はなく、緩和ケアや看取りについてもさんざん考えたものの、投薬を全てやめてしまう決心はできず、輸液の皮下点滴についてもいつまで続けるか悩んだけれど、脱水しているのを目の前にするとやめることが出来なかった。マメは逝く準備をしていたのに、結果的には苦しませてしまったかもしれない…。
徐々に弱り衰えてゆく愛猫を前に、何もせず自然にまかせ看取るということは、飼い主にも相当の覚悟がいると思う。
とはいえ家族に遠慮なく24時間片時も離れず思いきり看護できて、最期に濃密な時を過ごせてよかったとも思っている。

旅立つ数分前、しきりに鳴いて何か言いたそうな様子で、そのあと突然呼吸がおかしくなり、体全体がピンと突っ張ったように伸びて、まだ僅かに呼吸をしていたので、抱きしめてお別れの言葉を言うと、私の腕の中で静かになり息を引き取った。顔を覗くと優しく澄んだ瞳に戻っていて、穏やかな表情でした。
動物には死という概念はないと聞いたことがあるけれど、自分に起きていることをただ受け入れ、生きて死んでゆく姿は凛として健気だった。

マメを看取ったあと体を拭いてから撫でると、まるで今にも息を吹き返すのではと思うほど毛皮はしっとりツヤツヤしていて、肉球も柔らかで、何度も胸に耳を当てて心音を確認したけれど、亡骸だけがそこにあり、もうすでにマメの魂はそこに宿っていなかった。

今も家の中にはマメのいた気配が至る所に残っているのに、見渡してもマメの姿はなく、呆然と佇んでしまう。
これからは一人でも頑張っていきなさいよ、と言われているみたいだ。
マメは私と一緒にフィンランドへ来て幸せだっただろうか?
そう思ってくれていると嬉しいのだけど…。


マメ、大好きだよ。
17年間、ありがとう。

またいつか会える日まで。



【“マメの旅立ち”の続きを読む】

2020.01.27 | Comments(16) | マメのまめ部屋

マメちゃんと僕

mamet01_201408220534593fb.jpg
近頃、気がつくと冬馬のベッドで寝ているマメ。
最初は冬馬が保育園に行っている間だけだったのが、夜寝ている時も足元でずっと寝ているようになった。
寝相の悪い冬馬に足で蹴られても、何故か布団にへばりつくように寝むり続けるマメ。先日は、冬馬が私達のベッドに寝転んでいたら、マメもやって来て、急にごろーんと冬馬にもたれかかって一緒に寝転んでみたり。
相変わらず冬馬は、マメちゃん!マメちゃん!と、かなりしつこくマメは追い回されているのだけど、ニャーニャー鳴き続けるので嫌がっているのかと思いきや、まんざらでもないのか?という、猫心の不可思議さよ。

mamet02.jpg

mamet03.jpg

前回の検診で、甲状腺機能亢進症が見つかったマメ。専用の処方食を試してから半年程たった先日、また血液検査などの検診を受けたところ、T4ホルモンの数値も正常値内になりかなり改善が見られたため、今後も食事療法を続けてゆくことになった。
今回の検査では、新たにカリウムの数値がかなり低い事もわかった。いつも寝てばかりだったのは、年を取ったせいだけでなく、カリウム不足ということもあったようで…。調べてみると、そのままにしておいたら歩くことも出来なくなるとわかり、ちょっと焦った。今は粉末タイプか錠剤を飲ませている。
さらに今回は長年のお腹の痒みにステロイドの錠剤を試してみたところ、お腹の毛をしょっちゅう舐めたり噛んだりしなくなったお陰で、頻繁に毛玉を吐くという事がなくなり、薬を飲み始めてからは一度も吐いていないので、もっと早く試しても良かったな…とマメにすまない気持ちになった。かなり今迄この痒みはストレスになっていたに違いない。
そうはいってもステロイドは副作用もあり長期間ずっと飲み続けるわけにはいかないので、少しづつ減量してゆく方法をとっているけど、完全に飲まなくなったら強いリバウンドがあるのでは…とそれが気にはなっている。

錠剤を毎日飲ませなくてはならなくなり、これがけっこう難しくて失敗することも多く、すっかり私はマメに警戒されている。
以前は四六時中ぴたっとくっついて来たのが、冬馬とは対照的に私とは一緒に眠ったりもしてくれなくなり、距離を置かれているのが、かなり悲しい(泣)。呼んでも、疑い深そうな目で私をジーっと見るマメなのだった。
もともと警戒心の強い猫ではあったけど、油断したら薬を飲ませられるという疑惑で、この12年の間に培った信頼関係も、あっさりゼロになってしまった感じ…。
なんというか、これもある種の親離れにも似た状態でもあるのだろうか…。冬馬ももう少し大きくなったら、自分の世界に夢中になり、親にはほとんど見向きもしなくなるだろう、近い将来のことを考えたりするのだった。

mamet04.jpg


2014.08.22 | マメのまめ部屋

ニャンニャンニャンは、猫の日

2月22日は、ニャンニャンニャンということで猫の日だそうです。
でもこれは日本だけのようで、各国別の日が設定されているようですが、フィンランドに猫の日があるのかは不明です。

mame01_20140222232511d08.jpg

今年の5月で12歳を迎える我が家のマメ。
昨年の秋くらいから、時々鼻が詰まっているのかフガフガフガと急に呼吸が苦しそうになったり、耳を痒がって爪で引っ掻いてハゲが出来たりと、ちょっと気がかりだったので、先日年一回のワクチン摂取の際に、血液や尿検査もしてもらったところ、甲状腺機能亢進症との診断が出てしまいました。
この病気は、ある程度の年齢になった猫には珍しいことではないそうで、なんとなくマメもどこか悪いのでは…と予感がしていたので、もの凄くショックを受けたという程ではなかったのですが、病名を告げられてからというもの、じわじわと効いて来るジョブのように不安が深くなって来たのでした。

今回は、ちょっと長文です。


【“ニャンニャンニャンは、猫の日”の続きを読む】

2014.02.22 | Comments(6) | マメのまめ部屋

ひなたぼっこ

今ひとつ春になりきっていないヘルシンキ…。
住んでいる場所が海沿いのせいもあり、まだまだ海風の寒い事と言ったら…。
それでも部屋の中では、だいぶ春のぽかぽか陽気が感じられるようになって来た今日この頃。

hinataneko04.jpg

hinataneko00.jpg

この方の最近の日課は、太陽の動きにあわせて場所を移動しながらの、ひなたぼっこ。
寝るのが、ねこのおしごと。

hinataneko02.jpg

hinataneko01.jpg

朝は寝室の窓際や私達のベッドの上、午後からは居間のソファーと、日時計のように太陽を追いかけて場所を点々としながら寝そべってます。
マメが寝ている場所によって、だいたい今何時位かわかるようになって来ました(笑)。

猫は日に当たった毛皮を舐めてピタミンDを補給するのだとか。冬の日照時間がとても短い北欧では、人間もビタミンD欠乏症や冬季鬱病などの予防にビタミンDの摂取が重要で、タブレットなどを毎日飲んで補給します。

hinataneko03.jpg

それにしてもリラックスし過ぎな位、1日中だらーと伸びて寝ているマメ。
その姿を見ると息子だけでなく、私や夫までついついちょっかい出したくなり、その度に眠りを中断されてイヤそうなマメなのでありました(苦笑)。


2013.04.21 | マメのまめ部屋

マメ10歳

mame10_01.jpg

5月5日こどもの日、マメもついに10歳の大台に入りました。
誕生日なので、ザブトン2枚で(笑)

mame10_02.jpg

最近はかなり白い毛も増えて、冬も春も夏も秋も1年中寝てばっかりになってしまいましたが…。
これからも元気でいてね。
ちょっとウルサイ奴が、毎日チョロチョロしてるけど。

mamet01.jpg



2012.05.06 | マメのまめ部屋

人んちの猫、自分んちの猫

以前、アパートの中庭で猫と散歩している人が何人かいるという事を書きましたが、最近たびたび遭遇するのは、中庭で放し飼い(?)または脱走した猫。

paneko01.jpg

しかもガラス玉みたいなブルーの瞳によく手入れされたフワンフワンの毛並みがいかにも血統書付きっぽい素敵ネコ様で、最初見た時はすごく驚いた。こんな猫がもし首輪もなくアパート内をフラフラしていたら、日本だったら誘拐されちゃうかもしれない。

apaneko02.jpg

あまりに何度も中庭で見かけるので写真撮影していると、ある日ついに飼い主らしき女性が現れて「この猫暑いと勝手に外に出ちゃうのよねぇ…。」と言ってせき立てながら家の中へ連れ戻していた。
でも、そこんち窓がずっと開けっ放しで、脱走防止しようという感じでもない。そういうところが大らかというか、フィンランドらしいというか…。
しかしフィンランドでは少なくともヘルシンキでは野良猫を一度も見た事がない。外飼いは禁止されているとも聞く。冬が厳しいので当然かもしれないけれど。


【“人んちの猫、自分んちの猫”の続きを読む】

2011.07.11 | Comments(18) | マメのまめ部屋

マメの時間割

久しぶりにマメの話です。
冬馬が歩きはじめてからというもの、追われる身になってしまったマメ…。
冬馬はマメが大好きなようで、撫でたりシッポやお腹を触ったりと、なんとかコミュニケーションをとりたいようなのだけど、好きな子を好きすぎていじめてしまうガキ大将のように(笑)キスしようとして加減がわからず頭突きを食らわせたり、とつぜん猛突進したり、耳元で絶叫したり、ご飯を横取り…とマメにとって昼間は心穏やかに過ごせない。
冬馬の方も自分の気持ちを上手く伝えられなくて、地団駄を踏んでいる。こんなに好きなのに…!キーッって感じ(笑)

mamejikan03.jpg

最近は、冬馬が眠りにつくと同時にそれまで隠れていた毛布や布団の中から出て来て、私や旦那さんに撫でてもらったり冬馬のオモチャで遊んだり、ご飯をゆっくり食べて爪を研いで、と夜に寛ぐようになってきた。なんだか猫本来のサイクルである完全な夜行性になってしまったようなのだ。

mamejikan01.jpg


mamejikan02.jpg

日本で一人と一匹で暮らしていた時も、私が仕事に行っている間はほとんど動かず寝ていたようだけど、今も旦那さんが仕事に行ったり私が冬馬と出かけて帰って来ると、一日中朝と同じポーズのままソファで寝ていたり毛布の中に隠れたままなので、旦那さんはマメが病気なんじゃないかと心配していた。
でも、マメはいたって元気。その証拠に家族全員寝静まった夜中にベッドの周りを全力疾走(苦笑)もしかしてこれは冬馬への仕返しなのか…?でもいくらマメが騒いでいても爆睡中の冬馬はまったく起きませんが(笑)
早く二人で遊べるようになるといいんだけどね。



2011.02.17 | Comments(32) | マメのまめ部屋

マメのつぶやき

おひさしぶり。マメです。

yasasimame01.jpg

さいきん、ストーカーみたいなのが家にいて、落ちつかないわ…。
一日中アタシは追い回されてるの…。
おかげで、足のつけ根にハゲができちゃったのよ…。
ストレスってやつかもね。

ん??ナニナニっ!?

yasasimame02.jpg


ふぅ…ヤレヤレ…。

yasasimame03.jpg

…。…。

yasasimame04.jpg



【“マメのつぶやき”の続きを読む】

2010.08.16 | Comments(20) | マメのまめ部屋

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ