FC2ブログ

風雲児、藤井 風

新型コロナウィルスに見舞われてからというもの、世界中どこに居ようとも鑑賞出来るインスタやYouTubeのリアルタイムでのライブにすっかり夢中になってしまった。むしろ今だからこそ海外在住だと行けないコンサートを家に居ながらにして鑑賞できるなんて、気が滅入る日々の中で良かったと思える数少ない事だ。

そんな中で出会ったのが、藤井 風というアーティスト。
全くトンデモナイ才能が現れたものだ。
ぶっ飛んでるピアノテクニックもソウルフルなボーカルも作曲センスも、新人のレベルではない。
一度耳にしてからというもの、スルメを噛むように何度も何度も彼の曲やカバーを聴くのがやめられない(笑)。私のような症状のフォロワーが急速に増えてるらしい。




今年デビューしたばかりだけど、実は10年も前からYouTubeにクラシックやジャズ、洋楽から邦楽まで幅広いジャンルのピアノ演奏や弾き語りカバーを投稿していて、中学生の頃からすでにYouTuberだったという、まさに今の時代の若者。
彼の歌はR&Bをベースに今時のサウンドメイクもカッコ良く洋楽ファンも唸らせるがそれだけではない。ちょっと哀愁のあるメロディーはどこか懐かしい歌謡曲のようなものも根底に感じられ、たぶん年齢世代問わずに響くものがあると思う。



そして一見若者スラングと見せかけて深い意味合いのある歌詞にも感服してしまう。まだ23歳になったばかりの青年がいったいどんな人生経験を積んだらこんな詩を書けるのだろうか…。
さらに1年前に上京するまで地元岡山から一歩も出たことがなかったというけど、独学で英語までもペラペラなのである。
もう、ね、信じられないくらいの可能性を秘めている天才アーティストなのである。田舎から東京ではなく、いっきに世界へ羽ばたけそうな才能なのである。いや確実に世界レベルで活躍することになるだろう。



息子と言ってもいいくらいの世代の青年に、とにかく驚嘆しかない私。
そして、こんなに何でもそろっていて完璧なのに、喋るとたどたどしい岡山弁で一変して純朴な若者になるのがまたかわいらしい。

天体の配置では、200年も続いた土の時代が終わり、もうすぐ風の時代が来るらしいのだけど、名前も”風”だし、まさに変化の時代の風雲児になりそうなアーティストだ。



2020.08.12 | NO MUSIC, NO LIFE

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ