スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

マルメ散策

コペンハーゲンから列車でオーレスン海峡を渡って30分位で行けるスウェーデン・Malmöにも行ってみました。車窓から見える海上には風力発電の風車がたくさんまわっていたのが印象的。デンマークの風力発電のシェアは世界一だそうです。

mal01.jpg

マルメは昔はデンマーク領だったこともあるそうで、古い街並が残されていて素敵です。でもコペンハーゲンとはまた雰囲気が違っていて面白い。

mal04.jpg

mal05.jpg

ここでもフリーマーケットやアンティーク屋さん巡り。
街中で在住日本人の方に出会い、親切にお店を案内してもらって大助かり。
フィンランドにもあるチェーンのセカンドハンドのお店もあったりして、なんとなく親近感。
それでも置いてある物は少し違っていて、フィンランドではそんなに見かけないスウェーデンのヴィンテージ陶器が沢山あって楽しめました。
インテリアやデザイン系の洒落たお店が集まったエリアもあり、もう少し時間があったらじっくり見たかったのですが…。

mal02.jpg

mal03.jpg

デンマークにくらべて物価が安いらしく、国境を超えて気軽に買い物に来る人も多いそう。
昔はスウェーデン側からデンマークへ買い物に行く人が多かったそうですが。

mal06.jpg

日帰りということもあり駆け足での散策でしたが、マルメは近代的な部分と古い歴史が混ぜ合わされたような雰囲気でした。

malmo07.jpg


スポンサーサイト

2013.08.08 | スウェーデン

森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築

ストックホルム滞在最後の日は、Erik Gunnar Asplundが設計した「Skogskyrkogården」へも行きました。

moricross01.jpg

この日は朝から雨模様で天気がよくなかったせいか、森の十字架には人影もなく。どこまでも見渡せるかのように広がる緑の空間には、とても静かな時間が流れていました。
Erik Gunnar Asplund自身もこちらの墓地に眠っているそうです。

moricross02.jpg


同じ日、アンティーク街を歩いている時にたまたま雨宿りに入ったストックホルム市立図書館も、Erik Gunnar Asplundの設計でした。


【“森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築”の続きを読む】

2012.08.08 | スウェーデン

ストックホルムの思い出

viking01.jpg

スウェーデンへは、ヘルシンキの港から大型フェリーで夕方出航し、ストックホルムの港には翌朝到着しました。

viking02.jpg

甲板や船室の窓から眺めるスオメンリンナなどの島々やスウェーデン領に入って来た時の海沿いの風景の美しさは、船旅ならではだと思います。こんなゆっくりとした旅もいいものだなぁと思いました。

stock02.jpg

stock01.jpg

ストックホルムは、たくさんの島々がメトロやトラム、バスで繋がっている美しい街でした。
ヘルシンキも海沿いにありますが、首都のわりにこじんまりとしているので、文字にすると「港町」って感じ。ストックホルムは大きな「港街」です。
ヘルシンキに比べると本当に大都会ですが、公園や緑も多くゆったりとしていますね。

stock03.jpg

ガムラスタンの旧市街の街並みも美しかったです。世界一狭いと言われている路地裏もたくさんあって、ついついまた誘われるようにふらっと入り込んでしまったり(笑)ヘルシンキはわりと新しい町なので、そんなに古い建物や路地裏はないので、こういう街並を見ると歴史の違いを感じます。

roji_20120806211235.jpg


【“ストックホルムの思い出”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2012.08.06 | スウェーデン

スカンセンを満喫

お隣スウェーデンの首都ストックホルムへ行って来ました。フィンランド移住4年目にして初のスウェーデン、初の大型フェリーでの船旅でした。

skansen_bloo.jpg

いろいろ行きたい所が沢山ある中でも、絶対外せなかったのが「スカンセン野外博物館」。
素朴な古民家などが移築され、昔の暮らしが再現されています。

skansen02.jpg

skansen03.jpg

ヘルシンキにもセウラサーリという島に野外博物館がありますが、スカンセンのあるユールゴーデン島は、その3倍位はありそうな広大な土地で、中には動物園や遊園地まであり、ピクニックしている家族も多く、自然の中で1日中楽しめました。

skansen04.jpg

skansen05.jpg

skansen_olava.jpg


野外博物館の中を走る小さな汽車にも乗ってみました。
他にもレールの上を走る車やゴーカートなど、車好きの冬馬もかなり楽しんだようで、フィンランドに帰ってからも思い出して、また行きたい!と話していました。

skansen_kisha.jpg


【“スカンセンを満喫”の続きを読む】

2012.07.28 | スウェーデン

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。